年齢肌に負けない★シワに効果的なスキンケア

年齢肌に負けない★シワに効果的なスキンケア画像

ある日目元や口元に現れるシワ。シワがあるというそれだけで、2~3歳は老けて見えてしまうものです。できてしまってもあわてず騒がす、早期対応で無くしてしまいましょう!

まーこ 4382 views 2017年5月1日

シワができてしまったらどうしよう!?

たるみとシワという、この2つの大きな原因はコラーゲン不足にあります。
コラーゲンは水分保持に必要不可欠な成分で、コラーゲンで保持された水分でお肌のハリは保たれています。けれど、ご存知のとおりコラーゲンは年齢とともに減ってしまうもの。しかし、コラーゲンは食べ物やスキンケアで補うことができるのです。きちんとケアすれば今からでも遅くありません。 引用元:ふけ顔の原因TOP2!「たるみ」と「シワ」は同じケアで改善できる!?

若さの元となっているのは「コラーゲン」。足りなくなったら補えばいいんです。

出典元:kurashinista.jp

目元は皮膚が薄く乾燥しがちなので、化粧水や乳液だけの保湿では不十分です。保湿効果の優れている、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれている美容液を使いましょう。
このときマッサージをしたくなるかもしれませんが、力の強さを間違うと逆効果です。目元の皮膚は薄いので、決して強くこすってはいけません。力を入れすぎず、優しくケアしてあげてください。 引用元:目元の”乾燥小ジワ”を防ぐための集中ケア方法 | スキンケア大学

乾燥が原因でできる小じわは、蓄積されると深いシワになってしまいます。早めに対処しましょう。

Point1.十分な保湿

出典元:kurashinista.jp

シワやたるみを予防するには、肌を乾燥させないことが大切。毎日意識して、肌の保湿に努めましょう。時間があるときは、化粧水をたっぷり含ませたシートマスクなどを使用して肌に十分な潤いを与え、そのあとに乳液やクリームなどで油分を与えるようにしましょう。 引用元:シワ・たるみ│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

Point2.紫外線ケア

出典元:cdn2.mynvwm.com

シワやたるみを防ぐには、紫外線を浴びないように徹底することが大切です。紫外線は曇りの日でも油断できません。窓ガラスもすり抜けてしまいますから、部屋で過ごすときも対策はぬかりなく。しっかり保湿をしたあと、日焼け止めやパウダーファンデーションを塗り、紫外線から肌を守りましょう。 引用元:シワ・たるみ│更年期障害が気になる女性を応援するキッコーマンの輝きプロジェクト

Point3.表情筋を鍛えてシワをなくす!

出典元:hadalove.jp

【顔のしわを消すトレーニング】
効果を高めるために、準備が必要です。顔の力を抜いて筋肉の動きを注意しながら集中する。
1. 目を閉じて額、頬、口、あご、首の順に顔の力を抜く。
2. ゆっくりと目を開いて口を軽く閉じた後、口端を横に伸ばす。微笑みするような形。
3. 口端を左右変わりながら上に上げる。左右同じに上がらないようにする。
4. ゆっくりと口を開けて、"あいうえお"と声を出しながら口を動かす。 引用元:顔のしわを消すトレーニング | 目元しわ l 笑顔に自身が持ってるようになりました。

Point4.クリニックによるシワ治療

出典元:alluxeweb.com

シワ治療 トレンドピックアップ alluxeWEB アリュクス

詳細:クリニックで行われているシワ治療は、注射や導入マシンで有効成分を注入・浸透させる治療や、レーザーや光治療など美容医療機器を使った施術を行います。シワのタイプ別に治療方法を紹介しています。

乾燥によるちりめんジワにはイオン導入や水光注射、紫外線ダメージによる真皮ジワにはヒアルロン酸や脂肪注入などが効果的です。また表情グセが原因の筋肉ジワにはボツリヌス・トキシン注入、たるみが原因のシワにはレーザー治療があります。

40代からはじめる「たるみ」「しわ」を防ぐ食事術 日経ヘルス プルミエ

詳細:顔や体のしわやたるみを引き起こす「肥満」や糖化。40代以降にとって、見た目や生活習慣病のリスクに深く関わる。これらの“老化を早める原因”を、抑える食べ方があります。

痩せる食事法で知られる「ベジ・ファースト」。野菜を先に食べることが、肌の弾力を低下させる“糖化”も防ぐことがわかって来ました。身体の中からのエイジングケアも積極的に行いたいですね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING