患者に対処法が異なる脊椎固定術

患者に対処法が異なる脊椎固定術画像

出典元:www.pakutaso.com

脊椎固定術とは患者の骨を脊椎に移植、もしくは金属で脊椎を固定する術法です。今回は脊椎固定術がどのようなものなのかについてまとめてみました。

autumn0920 229 views 2018年7月9日

知っておきたい!脊椎固定術って何か

脊椎固定術と言っても、どんなことなのか分からない人もいます。そこで、こちらでは脊椎固定術について集めてみました。

脊椎固定術とは

様々な原因によって神経が圧迫され、耐えがたい痛みや、日常生活を困難にするしびれや麻痺が、牽引などの治療でも治癒しない場合には手術をします。手術療法は、神経を圧迫している骨を切除することで、神経への圧力を取り除いて症状を緩和します。これを除圧(じょあつ)といいます。 引用元:腰椎固定術

移植した骨が完全につくための期間

腰椎固定術は、移植した骨が完全につくことで、初めて、絶えず大きな力の加わる腰椎を、長期的に安定させることができます。そのような状態になるまでには術後約6ヶ月という期間がかかります。 引用元:腰椎固定術

して良い動作・悪い動作

腰を過度に(45°以上)前に曲げたり、左右に曲げたり、ねじったり、そらしたりしてはいけません。床にものを落としたときは、周囲につかまりながらゆっくり膝を曲げてしゃがんで拾います。腰はゆっくり動かすことが重要です。このことは完全に骨がつくまで(約6ヶ月間)守って下さい。これから説明する生活上の注意も、すべてこの動作を避けることが必要だからです。 引用元:腰椎固定術

このように、脊椎固定術にはさまざまな制限があります。ただ、放置しておくと悪化するので早めの段階で医師に診てもらうことをおすすめします。

脊椎固定術が必要となる症状

こちらでは、脊椎固定術が必要になる症状などを集めてみました。安全性や負担の少ない方法についても集めてみたので参考にしてみてください。

脊椎固定術が必要になる場合

脊椎に外傷を負ったり、長期的な負荷を与え続けてしまった場合、脊椎が変形して神経を圧迫し、腰などに激しい痛みを発症することがあります。痛みの程度は人によって様々ですが、中には寝返りすらできなくなるほどの激痛を伴う人もいます。 引用元:脊椎固定術とは?先進手術情報や実績豊富な病院を一挙ご紹介

脊椎固定術の安全性は

脊椎固定術は、しっかりとした医師や病院を選び手術を受けることで、合併症や後遺症のリスクのほとんどない治療が受けられます。ごくまれに後遺症として起こる可能性があるのは、脊髄が腫れてしまうことで痺れや痛みの症状が悪化したり、肩があがりにくくなったりすること。合併症として起こる可能性があるのは、手術時の神経損傷や硬膜損傷による症状の悪化や術後感染などです。 引用元:脊椎固定術とは?先進手術情報や実績豊富な病院を一挙ご紹介

負担の少ない脊椎固定術はあるのか

OLIFは体の即側から椎体にアプローチする手法。傷口が小さく出血が少なく済むので、高齢者にも適用されることが多い手術です。TLIFは椎体の片側半分を切除する手法。患者自身の椎体を半分残して固定するので、体への負担が少ないのが特徴です。 引用元:脊椎固定術とは?先進手術情報や実績豊富な病院を一挙ご紹介

脊椎固定術で対応できる症状

こちらでは、脊椎固定術で対応できる症状について集めてみました。

腰椎変性すべり症

変性すべり症は、腰の骨(腰椎)が前後にずれてしまう疾患で、中年以降の女性に好発し、第4番目と5番目の腰椎の間によく認められます。原因は明らかではありませんが、多くは加齢とともに腰椎の椎間板や関節・靭帯がゆるみ、すべった腰椎が不安定性(ぐらつき)をともなって脊柱管(神経の通り道)が狭窄し神経を圧迫して、腰痛や下肢痛、しびれが生じます。 引用元:腰椎すべり症 - 亀田メディカルセンター|亀田総合病院 脊椎脊髄外科

脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症というのは、脊椎の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している)疾患です。主に5番目の腰椎(腰の骨)に生じ、スポーツを行う学童期に多く発症することから原因は腰にかかる繰り返しの外力による疲労骨折と考えられていますが、一部遺伝も関与していると考えられています。 引用元:腰椎すべり症 - 亀田メディカルセンター|亀田総合病院 脊椎脊髄外科

腰椎椎間板ヘルニア

腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。 引用元:「腰椎椎間板ヘルニア」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

このように、さまざまな病気が脊椎固定術によって改善されます。もちろん、脊椎固定術以外にも治療法がある病気もあります。医師のアドバイスを受けて、どうするかを決めましょう。

脊椎固定術の実績がある病院

こちらでは、実際に脊椎固定術に定評がある病院を集めてみました。もし、治療を検討している人がいれば、病院選びの候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

新横浜スパインクリニック

 2005年6月に北新横浜の地に開院した、当時はまだ少なかった脊椎の手術に特化した専門のクリニックです。 引用元:クリニックの紹介 - 新横浜スパインクリニック(横浜市)

慶應義塾大学病院

整形外科では「骨・関節・靱帯・筋肉さらには脊椎・脊髄・末梢神経を含む、運動器官」に関する治療を行っています。世界的に類を見ない高齢化が進んでいる我が国において、運動器疾患の治療は社会的にも重要性を増しています。4つの臨床グループ(脊椎・脊髄、上肢、下肢、腫瘍)により専門性の高い外来と手術を行っています。 引用元:整形外科 | 診療科・部門一覧 | 慶應義塾大学病院

このように、脊椎固定術を得意とする病院は多くあります。痛みは我慢では治りません。適切な知識を持つ医師に相談して治療をしていきましょう。

脊椎固定術をすることで、日常生活も困難だった人が改善されているケースは多くあります。早期治療が症状の悪化を防ぐので、少しでも異変を感じた場合は病院に行きましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING