ダイヤモンドをより輝かせてくれる「カッティング」について学ぶ

ダイヤモンドをより輝かせてくれる「カッティング」について学ぶ画像

ダイヤモンドは価値の高い宝石として知られていますよね。

そんなダイヤモンドには価値を決める基準というものが存在しているんですよ。

また、カッティングすることによってダイヤモンドはより輝きを増すことができます。

この機会にカッティングの種類についても調べてみましょう。

Powell77 66 views 2018年7月9日

ダイヤモンドの価値を決定するのは4つの「C」とは?

ダイヤモンドの価値というものは、4つの「C」によって決定します。
まずは、この4つの「C」について勉強していきましょう。

質の良い原石でも、カッティングがまずければ一流にはなれず、大きな石であっても濁りがあれば評価は下がります。予算内で質の高いダイヤモンドを手に入れる近道は、鑑定書の基本を抑えることだと言えるでしょう。

また、ダイヤモンドは「4C」と言われる、カラット、カラー、クオリティ、カットで格付けされます。カラットは石の重さです。大きいほど希少価値があり、値段もあがります。
引用元:【決定版】理想のエタニティリングの見つけ方

ダイヤモンドの価値は、4Cで決まります。

4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。

4Cは、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。
引用元:ダイヤモンド4Cとは?(カラット、カット、クラリティ、カラー)

G.I.A(米国宝石学会)が定めた、カットされたダイヤモンドの品質を表す4つの要素、カット(Cut)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カラット/キャラット(Carat)で構成される「品質評価国際基準」を総称して“4C”と呼ばれています。

ダイヤモンドは天然の鉱物であり自然の産物です。

色みや内包物の入り方など、同じものはふたつとなく、それぞれの石に異なる特徴が備わっています。

鉱山会社や中央販売機構でその特徴を定量的、絶対的に評価し、取引するための基準を設けたのが始まりです。
引用元:ダイヤモンドの4Cって実際どうなの?|ポンテヴェキオ

4Cは元々はアメリカの宝石学会が定めた要素みたいですね。
カット、カラー、クオリティ、カラットの全てが揃ったダイヤモンドが理想です。

宝石をより美しく輝かせる!カッティングする意味や効果を紹介

ダイヤモンドは綺麗にカッティングすることで知られていますよね。
ここではカッティングの意味や効果についても学んでいきますよ。

カットをする意味には宝石の美しさを出す事も勿論ありますが、本来は『この原石で一番コストパフォーマンスを出すため』にカットする事が、実は一番重要な事になります。

一般的なラウンドブリリアントが世の供給にて一番多いのは、原石から仕上げるのにロスが少なく作る事が可能だからです。しかし効率性、美しさ、ネーミングの良さから2000年台に一番の成功を収めたのは『プリンセスカット』なのはあまり知られていません。
引用元:ダイヤモンドのカッティングとは? | リファウンデーション

ダイアモンドの輝きを決めるカットは、プロポーション、ポリッシュ、シンメトリーの3つの要素にて総合的に5段階で評価され、4Cの中で唯一人間の技術を評価したものです。 引用元:婚約指輪選びのためのダイアモンドの基礎知識 | 結婚指輪・婚約指輪 | 俄 NIWAKA

出典元:www.niwaka.com

カッティングの意味としては、ダイヤモンドの価値を高めるためだけではなくコストパフォーマンスの向上も含まれているんですね。

ダイヤモンドをカットしてしまうと、ダイヤモンドはより一層美しく輝くようになりますが、その一方、ダイヤモンドに秘められた別のエネルギーが活性化されることになります。

このエネルギーは強烈な二面性を持っていて、持ち主の中に渦巻くプラスの意識や願望を活性化させますが、同時にマイナスの意識も強化してしまいます。
引用元:ダイヤモンド

ダイヤモンドをカッティングすることによって、本来持っているエネルギーを増幅させることができるようですね。

高度な技術が必要となるカッティングの種類もチェック

ダイヤモンドのカッティングの種類は様々です。
最後に、人気の高いカッティングの種類についても紹介していきますね。

ファセットカットとは、「ファセット」(英語でfacet=切子面・小平面の意味)という言葉が示す通り、いくつもの小さな面が幾何学的に組み合わされたカッティング方法で、宝石の持つ透明度を最大限に生かす場合に用いられます。

必然的に、透明度と光の屈折率が高い宝石に多く用いられますが、大別してブリリアントカットとステップカットがあります。
引用元:宝石のカット~ファセットカットとカボションカットの種類と特徴

すべての稜線がガードル(外周)を横切る面の取り方をしているのが、この「ブリリアントカット」の特徴です。

この手法によりダイヤモンドの輝きが外に向かって放たれ、美しい虹色の世界を作り上げます。
引用元:ダイヤモンド-カットの種類

宝石の外周が四角形(変種含む)に型どられており、ファセットが側面のガードルに平行に削られているものを指します。

横から見ると下部がステップ(階段)状になっているため、この名前がつきました。トラップカットとも呼ばれます。

角を削り取った8角形のエメラルドカット、角が削り取られていないスクウェアステップカット、バゲットカットなどに分かれます。
引用元:宝石のカットの種類|激安アクセサリー通販のワンダープライス

出典元:www.wp-jewely.com

クラウンとパビリオン問わず、ブリリアントカットとステップカットの混合の事を言います。

別名バリオン・カットとも呼ばれます。
引用元:[4C/Cut]ダイヤモンドのカットグレードとは? | リファウンデーション

出典元:kinkaimasu.jp

一般的にブリリアントカットとステップカットが用いられているみたいですね。

好みのカッティングで素敵なダイヤモンドをゲットしよう

ダイヤモンドは4Cによってその価値が決まります。

そして、4Cの中でもカッティングはとても重要な要素となってくるんです。
カッティングによってダイヤモンドの価値や魅力もアップします。

数あるカッティングの中から、自分好みのカットを見つけてみませんか?
より自分に合ったダイヤモンドがゲットできますよ。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING