爆買いインバウンド旅行者が増えている?企業側が取るべき対策とは?

爆買いインバウンド旅行者が増えている?企業側が取るべき対策とは?画像

出典元:www.pakutaso.com

観光客は年々増加の傾向にあり、外国人買い物客と接する機会も多くあります。
そこで、爆買いインバウンド旅行者に対して企業側が取るべき対策についてまとめてみました。

airin0215 269 views 2018年8月3日

爆買いの客層

出典元:www.pakutaso.com

爆買いと言っても、どのような客層なのか分からない人もいるでしょう。
そこで、こちらではどの国の人が爆買いに来るのかを集めてみました。

最も多いのは中国人

中国人の外国人観光客は、一人当たりの消費額も、国別総消費額も抜群に高いです。その意味でインバウンド向け店頭販促の言語対応では、真っ先に中国語、特に北京語を用意すべきでしょう。 引用元:店頭で行うインバウンド向け販促

真っ先に用意する言語は中国語と言われている

インバウンド向け店頭販促の言語対応では、真っ先に中国語、特に北京語を用意すべきでしょう。とはいえやはり、欧米、オセアニアの人たちはもちろん、東アジアに次いで多いタイ、インドネシア、マレーシアなど東南アジア圏の人たちを想定して、英語の対応も考えておくとよいでしょう。 引用元:店頭で行うインバウンド向け販促

訪日外国人客層とは

観光庁の『訪日外国人消費動向調査』では、中国人が圧倒的に多く、次いで韓国人、台湾人といったアジア人が続き、旅費の安い東アジア圏に暮らす人たちが多く遊びに来ていると分かります。 引用元:店頭で行うインバウンド向け販促

訪日客の中でもっとも多いのが中国人です。そのため、店舗側がまっさきに揃えなければいけないのが「中国語の対応」と言っても過言ではありません。

企業が行うインバウンド対策とは

出典元:www.pakutaso.com

企業側が訪日買い物客に対して行わなければいけないことは、意外と多くあります。こちらではその一部を集めてみました。

免税POSレジ

旅行時に訪日外国人観光客が一番多く消費するのが「買い物」です。「爆買い」が免税店では、免税カウンターや免税レジで免税処理を行っています。免税機能がついたPOSレジなら、免税処理の手間が簡略化できます。 引用元:爆買いインバウンド対策100選~2020年オリンピックに向けて!~

多言語サイト作成支援・翻訳

店舗HPなどを多言語翻訳できるプラン。1言語が無料で機械翻訳できるお試しプランから始められます。90ヶ国語に対応、人力翻訳が受けられるビジネスプランも予定されています。 引用元:爆買いインバウンド対策100選~2020年オリンピックに向けて!~

インバウンド翻訳サービス

翻訳・通訳会社という特性を生かし、集客に向けてのコミュニケーションツールとしての多言語翻訳をはじめとしたWebサイト制作、動画制作などを提供しています。美術・アート分野専門翻訳サービスに特化した翻訳コースもあるので、美術館・博物館などのサイトに活用してはいかがでしょうか。 引用元:爆買いインバウンド対策100選~2020年オリンピックに向けて!~

このように、インバウンド客に向けて行うべきことは免税と言語に関することがメインとなるでしょう。このふたつに絞ってもかなりの数のサービス代行会社などがあるので、自分の会社に合うものを選びましょう。

インバウンド客が日本に集まる理由

出典元:www.pakutaso.com

インバウンドと当たり前に使われていますが、本来の意味を知っていますか?こちらでは、インバウンドの意味などについて集めてみました。

観光業界でのインバウンドの意味

この「中に入ってくる」という意味のインバウンドという単語は、旅行業界においてはインバウンドツーリズム、として使われ、「国内に入ってくる旅行」という意味で使われます。つまり日本に入ってくる旅行、「訪日外国人旅行」のことをインバウンドと略して呼んでいるんですね。 引用元:インバウンドとは? その意味や需要について | インバウンドナビインバウンドナビ

インバウンド客が多く集まる施設とは

インバウンドによる売上(免税品売上高で判断されます)が売上全体にしめる割合もまちまちですが、人気エリアの百貨店などでは免税品売上高が20%を超える店舗もあります。また、外国人に人気のエリアにおいては、宿泊施設における外国人客利用率が50%を超えている地域もあります。 引用元:インバウンドとは? その意味や需要について | インバウンドナビインバウンドナビ

日本旅行は満足度が高い

日本旅行で感じる「満足度」は非常に高いというデータもあります。これはリピート訪問にも繋がります。これまで日本のインバウンドランキングが低かったのは、「ただ単に世界に認知されていなかっただけ」、だとすると、今後もリピート訪問を筆頭に日本観光は増え続けていくかもしれません。 引用元:インバウンドとは? その意味や需要について | インバウンドナビインバウンドナビ

日本での買い物が満足度が高いからこそ、各国からインバウンド客が集まって来るのでしょう。企業側は嬉しい反面、大勢のインバウンド客に対応しきれていない部分も否めません。インバウンド客にはどんな対応を取るべきなのかが、今後も課題となるでしょう。

人気観光地は悲鳴をあげている?

出典元:www.pakutaso.com

良い効果ばかり期待されがちなインバウンド客ですが、人気観光地ほど悲鳴をあげているのが現状です。なぜ売り上げが良いのに悲鳴を上げるようなことになっているのでしょうか。

観光公害

現在、我が国に急増する訪日外国人客が大挙して京都に押し寄せており、市民の日常生活の「足」となってきたバスは常に満員、市民の生活圏の中に違法民泊業者も増え、住民からは「もはや限界」という声も上がっているという。 引用元:「訪日客は迷惑」京都を悩ます"観光公害" | プレジデントオンライン

マナーが悪い人も少なくない

そもそも域外から得体の知れない人間が多数来訪し、道端でワイワイガヤガヤと大騒ぎし、私有地や進入禁止地域にまで入り込み、「旅の恥はかき捨て」とばかりにトラブルを巻き起こすなどというのは、地域の住民にとって必ずしも歓迎されるものではない。はっきり言ってしまえば、観光客というのはそこに根ざして生活する人間にとっては、根源的に厄介者であり、迷惑以外の何ものでもないのである 引用元:「訪日客は迷惑」京都を悩ます"観光公害" | プレジデントオンライン

このように、マナーの悪い訪日客もいることから地元民の負担が大きくなっているのも現状です。爆買いは企業にとってメリットかもしれませんが、地元民が買えなくなるという現象も各地で起こっています。そのため、まだまだ課題の多い問題と言えるでしょう。

企業側の対応、地元民への対応、さまざまな面で負担が多いかもしれませんが、ちょっとした工夫で改善出来るものもあります。翻訳機などを取り入れることで言語面の負担は無くなるでしょう。いろいろと考えて、最善の方法で訪日客を迎えてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING