エステのフォトフェイシャルって?クリニックで受けられるものと違いってどこにあるの?

エステのフォトフェイシャルって?クリニックで受けられるものと違いってどこにあるの?画像

出典元:t-prima-bella.jp

「光を充てるだけで美肌になれる」と話題のフォトフェイシャル。
これまでのクリニックに加えて、最近ではフォトフェイシャルメニューを扱うエステなども増えている中、「クリニックとエステどちらに行ったら良いのか」迷ってしまった方もいらっしゃるかと思います。今回はそんな疑問にお答えします。

なゆ 5055 views 2017年1月10日

そもそもフォトフェイシャルってなあに?

出典元:bagustime.sakura.ne.jp

IPLという優しい光を当てることで肌を活性化し、肌トラブルを改善する美肌治療の一種。
20世紀末に誕生し、気軽にできる基本的な肌メンテナンスの一つとして、アメリカで流行後、世界中に広まった。
単一指向性の光であるレーザーとは異なり、幅の広い光で「面」の治療を行うのが特徴。真皮の奥からしみ・そばかす・しわ・たるみ・にきび・にきび跡・赤ら顔などを改善する。 引用元:フォトフェイシャル - 美容クリニック・エステwiki

光を充てるだけで、痛みもダウンタイムも気にせずに美肌になれるお手軽さが大きな魅力。

フォトフェイシャルを受けるには、エステとクリニックがあります。

「結局どっちで受ければいいの?」という疑問にお答えします。

出典元:tresenvespa.com

クリニックとエステにおけるフォトフェイシャルの違い

正式なフォトフェイシャルは元々医療行為であり、フォトフェイシャル協会加盟のクリニックで資格をもった医師により施術されることが原則です。
エステで見かけるフォトフェイシャル系メニューは、法律により照射出力がクリニックより弱めに設定されているため、あくまで「フォトフェイシャルエステ」という認識でいた方が良いでしょう。
単純に効果だけを求めるのであれば、フォトフェイシャル協会加盟のクリニックで受けることをおススメします。

出典元:www.medicalesthe-tila.com

エステでフォトフェイシャルを受けるメリット

「エステだとあまり効果が実感できない」とがっかりしてしまった方も、まだ諦めるには早いです。
実はフォトフェイシャルエステにも良いことがたくさんあるんです。

その1)痛みが少ない

元々痛みの少ない治療であるフォトフェイシャルですが、それでも人によっては痛みを感じる場合があり、麻酔をするクリニックもあるほどです。
それに対してエステでのフォトフェイシャルは照射出力がクリニックのものに比べて弱いので、その分痛みも弱くなります。
痛みに弱い人でもエステでなら、リラクゼーション感覚で安心してフォトフェイシャルを受ける事ができるというメリットがあるんです。

出典元:biyo-chikara.jp

その2)料金がお手頃

エステでは、キャンペーンや割引が適用されることも多く、場合によっては破格の値段でフォトフェイシャルを体験することができます。
一方のクリニックではそういったキャンペーンや割引を行うことはほとんどありません。
他のメニューと併用したり、癒し効果を期待したい人にはおススメです。

出典元:image.healthil.jp

まとめ

クリニックとエステ、それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、どちらでフォトフェイシャルを受ける場合でも、注意しておかなければならないことが一つだけあります。
それは、効果を実感するためには複数回の施術が必要となる場合がほとんどであるということ。
中には一回で効果を実感する人もいるようですが、フォトフェイシャルを受ける場合には上記のことを予め頭の隅に留めておくとよいかもしれません。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING