だまされないで!流行りの酵素に効果がないってホント?

だまされないで!流行りの酵素に効果がないってホント?画像

出典元:nanairo.jp

近年テレビやネットで”酵素健康法”が流行っています。

「酵素は年を重ねるにつれ不足していくので、酵素を多く含む食物で補充しよう」
という考え方です。

しかし”酵素健康法”には大きな見落としがあります。それを解説していくので、ぜひ読んでいってください。

Ulpersit74 206 views 2019年3月8日

1. 巷で言われている酵素の効果

出典元:lovemo.jp

酵素に効果がない理由を説明する前に、一般的に言われている酵素の効果を確認しましょう。

人は食べ物を食べると、胃や腸にある様々な酵素が働き、体内に吸収できる大きさにまで分解します。体内に吸収された食べ物は、さらに酵素がそれを組み立て、変化させ、人体のエネルギーなどを作り出します。人間の体内には約3000種類以上の酵素があると言われており、体内でのほぼすべての化学反応に関わっています。 引用元:酵素の力|酵素食品のオリーゼ本舗

酵素ドリンクに含まれる酵素は、体内で食べ物が胃を通して消化され、吸収するのに必要な体内酵素(潜在酵素)の働きを助ける役割を担っています。

身体が食べ物を消化しやすくなると、結果的に代謝がよくなって無駄なものをため込まなくなり、痩せやすい体質に変わっていく一因になるため、ダイエット効果があるとされているんですね。
引用元:酵素ドリンクでダイエット・デトックス効果!ヨギーニにおすすめの酵素ドリンク | Yoga Colum

美肌230種類の酵素:代謝アップ、全身の細胞の若返り、肌のハリツヤを維持 引用元:【保存版】マイブレイクレッドスムージーを26歳女子が徹底お試し

酵素は食物を分解・吸収・エネルギーに変換する働きがあります。
また、ある酵素には肌をキレイにしたり、便秘解消の効果もあると言われています。

2. 酵素は体内で分解されている!?

出典元:www.irasutoya.com

酵素の働きを色々と書き、「酵素はたくさん摂ったほうが良い」と思った人もいるはずです。
しかし、酵素にはある弱点があります。

酵素の実体はタンパク質です。ですから、口から摂取した酵素は、ほかのタンパク質(肉や魚など)と同様に、消化によって、バラバラに分解されてから体内に吸収されます。 引用元:酵素を食べて健康になれる?酵素健康法と酵素栄養学 - うさうさメモ

また、食べ物から取り入れた酵素は、消化管の壁をそのままの状態で通り抜けて食べた人の体のあちこちに運ばれることもありません。酵素は食べた人の消化酵素によってバラバラに分解されてしまい、腸から吸収される時にはもう元の酵素ではなくなっています。バラバラになった酵素が人の体内で復元されることもありません。 引用元:巷に流行る「酵素栄養学」、なんか変です - warbler’s diary

酵素の弱点とは、タンパク質の一種であるがゆえに体内で消化、分解されることです。
なので酵素をたくさん摂っても、私達の体にはあまり影響がありません。

3. “酵素栄養学”は間違いだらけってホント?

出典元:sarir-sante.com

「酵素を摂れば健康に良い」という考え方はエドワード・ハウエルが提唱した”酵素栄養学”が始まりでした。

しかし、近年になって研究が進み、実は酵素をつくる能力は、一人一人遺伝子によって決まっていて限界があるのだということがわかってきました。その人間が固有に持っている、一生のうちで作れる一定量の酵素のことを潜在酵素といいます。 引用元:●酵素栄養学● 2,酵素の種類 消化酵素・代謝酵素・食物酵素

・潜在酵素がなくなれば生命活動を行うために必要な酵素もつくられなくなるので消化酵素を節約することで寿命が伸び、病気を防ぐ事が出来る。

・酵素を節約するために酵素が含まれている生の食べもので補充するとよい。加熱した食べものには酵素はないので消化酵素を余計に消費してしまう。
引用元:最近よく見かける「酵素」って健康に良いの?(成田崇信) - 個人 - Yahoo!ニュース

要約すると、人には”潜在酵素”というものがあり一生で作り出せる酵素には限度がある。
そこで食物から酵素を補うと考えたのが”酵素栄養学”です。

ですが、”潜在酵素”というものは存在しないと最近では言われています。

そんなことはありません。体を構成する細胞の中にそれぞれの酵素に1つ1つ対応する遺伝子が一通り存在して、必要に応じてその遺伝子が読み取られて作られます。酵素が遺伝子から読み取られる回数に制限があることを裏付ける科学的な証拠は得られていません。 引用元:巷に流行る「酵素栄養学」、なんか変です - warbler’s diary

酵素を作り出す機能に制限はありません。
しかも、そもそも”酵素栄養学”事態エドワード・ハウエルの独自理論だったと言われています。

「酵素栄養学」は、まったくの独自理論であり、科学的な研究が行なわれたものではないのです。「潜在酵素」というものも、ハウエル氏が独自に考えだしたものに過ぎず、現実に生物はいつでも必要な酵素を作れることが明らかになっています。 引用元:酵素を食べて健康になれる?酵素健康法と酵素栄養学 - うさうさメモ

”酵素栄養学”がどれだけ穴だらけな考えか分かってもらえたと思います。

4. 科学的証明“エビデンス”を確認しよう

「酵素をたくさん摂っても無駄」というような書き方をしましたが、酵素が含まれているサプリの中には実際に効果があると認められた商品もあります。

本当に私たちの体に対して良い効果をもたらすのでしょうか?専門の研究機関や医療機関で行われた臨床実験や研究結果を見ていきましょう。このような科学的証明(エビデンス)の有無によって、効果の高さや安全性を見極めることが肝心です。 引用元:毒だし酵素のすべてがわかるサイト

科学的証明(エビデンス)がきちんとされているものは、効果や安全性を医療・研究機関に保証されているので、とても安心です。

酵素の効果について色々解説しましたが、いかがだったでしょうか?酵素はたくさん摂っても意味がほとんど無いと言うことが分かってもらえたと思います。

ですが中には効果を検証し、実証されたサプリや食材もあるので、酵素で健康になりたい人は自分で探してみては?

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING