麻酔科がつらいなら転職しよう

麻酔科がつらいなら転職しよう画像

激務で疲弊している、病院内で正当に評価されていない、今より給与体系の良い職場で働きたい。
こうした事情から転職する医師は、麻酔科でも多いです。

今回は麻酔科医師が転職するにあたって知っておきたい、転職方法や転職エージェントなどを紹介します。

aw7rtf56 280 views 2018年10月3日

麻酔科医の給料と他の医師の給料を比較

麻酔科医師と他の医師の給与を比較してみました。

麻酔科医師の平均年収

麻酔科医の年収の平均は、1,000万円~1,800万円でした。(医療関係リサーチ調べ)
平均年収推移は1,000万円~2,300万円となっています。

お給料(月収):約83万円~100万円

日勤:1日8万円~10万円
当直:1回4万円~6万円 引用元:麻酔科医の年収は1,000万円~1,800万円!麻酔科医を徹底解説!

一般的な医師の平均年収

「賃金センサス」は調査対象が従業員10人以上の事業所(病院、クリニック、老健施設など)の常用労働者に限定されている為、医師(勤務医)の労働者数は95,220人となっている(これは独立開業している医師は調査対象に含まれない為である)。医師の平均年収(全年齢)が約1,098万円というのは一見低いように思えるが、これは独立開業している医師の報酬などが含まれていない事が影響していると考えられる。 引用元:【医師の平均年収】病院勤務医の平均年収を年齢別等でご紹介

医師の年収は常勤先での給与以外にも、アルバイトをたくさん掛け持ちしている場合などは相当額がプラスされるので、実際にはもっと高年収を得ている医師もいます。

麻酔科医の推定生涯年収

平均年齢41歳くらいと言われ、専門性の高い麻酔科医は、そもそもが勤続年数が短い事が特徴かもしれません。
最大でも平均20年くらいですから、41歳最大で1,800万円以上として、3億7,000万円くらいが限界かもしれませんね。 引用元:麻酔科医の年収は1,000万円~1,800万円!麻酔科医を徹底解説!

これは激務な職種であり、長い期間の就業が難しいことも関係しています。

麻酔科医師によくある転職理由

麻酔科医師に多い転職理由はこのようになっています。

激務で心身が疲れた

麻酔科医師のハードワークは、心身に過剰な負担を強いています。人手不足や手術の増加、診療範囲の拡大など、麻酔科医が置かれる現状はますます厳しくなり、転職によって自分らしく働く道を探る人が増えています。 引用元:麻酔科の医師が転職する前に知っておくべき本音の世界

ワークライフバランスをとりたい

週2回、非常勤で働いていましたが、子供がまだ保育園のため、お迎えをするのに都合がよい距離にあり、お迎えに間に合う時間に病院を出られることを条件に、求人を探していました。転職エージェントに相談した結果、病院に交渉してくださり、希望条件にあった現在の職場に入職することができました。 引用元:麻酔科の医師が転職でワークライフバランスをとった体験談

スキルアップを図りたい

麻酔科の常勤医として15年間1つの病院に留まり、副部長を務めていましたが、もっと色々な病院で勤務をしてスキルを磨き、更なる飛躍をしてみたいという願望が強くなり、フリーランスの道へ! 引用元:麻酔科医の転職体験談~スキルアップ編~

自分のポストを確保したい

大学派遣病院にて麻酔科医長として勤務していましたが、医局内に十分医師がいることなどを考え、早いうちに自らの新天地を求めることを決意しました。 引用元:役職やポストに不安を感じた医師の転職体験談(麻酔科医編)

転職の方法について

医師の主な転職方法は次の通り。

友人や知人の紹介

友人や知人、同僚など、様々な人脈を利用して、求人情報を入手し、そこから転職をするという人もいると思います。しかし、ここで不安なのは、どういった職場かを把握しきれないという点だと思います。情報を把握しないまま入職をして、トラブルに発展してしまったというケースも少なくないのです。また、紹介によって採用された場合だと、スムーズに退職をするというのも難しくなります。 引用元:医師求人の探し方 | 医師求人 | 成功する転職・掛け持ち先を見つけるポイント

転職の専門型エージェントへの依頼

勤務地や給与だけでなく、医療機関ごとの特徴や風土のご紹介、
開業や転院などの長期的なキャリア形成についてのアドバイス、
代理人としての医療機関との各種交渉など、ドクターズナビゲーターは、
医師専門のコンサルティング型エージェントとして
中長期的なキャリアを見据えた転職支援サービスをご提供いたします。 引用元:医師の皆様へ | ドクターズナビゲーター

転職エージェントの上手な使い方を紹介

ここでは転職エージェントの上手な活用法について解説します。

転職エージェントには、医業と直接関わらない事も、相談していいのです。

特に、転居を伴う転職の場合、実に慎重に、周辺のピースに関する状況を相談・確認し、納得のいく状況にしておかなければなりません。その相談が不十分な場合、後々大きな問題に発展してしまう事になるでしょう。 引用元:失敗しない医師転職エージェントの働かせ方|医師紹介会社研究所

評判が良いと思われ、ドクターの志向に合っていそうな転職エージェントを3つ程度ピックアップし、先ずはその総てに登録してみて下さい。

大切な事は、的を絞った複数社に“同時に登録してみる”という事です。登録後の転職エージェントの対応スピードや誠実さや濃やかさなどを、ドクターの身を持って知る事が出来るからです。 引用元:失敗しない医師転職エージェントの働かせ方|医師紹介会社研究所

転職エージェントでは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと呼ばれる専任担当者が付き、あなたの転職をサポートしてくれる。

しかし、どのようなサポートをしてくれるのか、その実態を知る人は多くはないだろう。転職エージェントの賢い使い方について迫ってみた。 引用元:【裏技】賢い転職エージェントの使い方

年収交渉はすべき?とか職務経歴書はこれで大丈夫??など転職活動の際は聞きたくても誰に聞けば良いのか、そもそも聞いても良いのかのすらの判断ができないこともあります。そんな際は転職エージェントサービスを有効活用することも一つの手段です。
エージェントサービスを有効利用するための手段を知っておくことも必要です。

まとめ

麻酔科医師として転職していくにあたっては、綿密な情報収集が必要となります。
転職エージェントや知人などからの情報を活用し、納得のいく転職先を見つけましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING