東京でパーキンソン病のリハビリを受けられるクリニック&施設リスト

東京でパーキンソン病のリハビリを受けられるクリニック&施設リスト画像

出典元:www.pakutaso.com

パーキンソン病は薬だけで治る病気でなく、リハビリをすることで改善がみられる病気です。
そんなパーキンソン病はクリニックや施設選びか重要になってきます。
東京でパーキンソン病治療に定評がある施設、クリニックをまとめたので参考にしてみてください♪

aw7rtf56 394 views 2018年10月5日

ゆっくりと進行していくパーキンソン病とは

出典元:www.pakutaso.com

パーキンソン病とは、脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、その神経が働くときに使うドパミンという物質が減ることによって起こる病気です。ドパミンは、脳において、運動の仕組みを調節するような働きを担っているため、ドパミンが減ることにより、動きが遅くなったり、体の緊張が高くなったりします。 引用元:パーキンソン病とは|パーキンソン病の基礎知識

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。
現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれています。高齢者に多くみられる病気ですが、若い人でも発症することがあります。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気?

ゆっくりと進行するのが特徴です。
パーキンソン病は、何年もかけてゆっくりと進行する病気です。
以前は、「パーキンソン病を発症すると、10年後には寝たきりになる」といわれていました。

しかし、現在は効果的な治療薬もあるため、発症から長い年数にわたり、よい状態を保つことができます。
それだけに、早い段階からきちんと治療を始めることが大切です。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気?

パーキンソン病のリハビリってどんなことをするの?

出典元:www.pakutaso.com

パーキンソン病の進行を抑え、健康な体を維持するには、投薬治療のほかにもリハビリテーションが必要。そこで考え出されたものが、「パーキンソン体操」です。
パーキンソン体操は早期に行うことのできるリハビリテーションで、日常生活の中で無理なくリハビリを行うことが可能。
引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

おうちでできる!リハビリ動画一覧
パーキンソン病の進行度が軽度の場合には、積極的に運動を行いましょう。中等度以上の場合には、現在の体の状態を維持したり、転倒を予防したり、良い姿勢を保つための運動が適しています。

リハビリテーションは継続して行うことが重要です。 引用元:おうちでできる!リハビリテーションのススメ|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住...

パーキンソン病と上手に付き合うために

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=_qv_gxB7Hfw

パーキンソン病の治療の中心となるのは、薬物療法とリハビリテーションです。
病気の進み方は個人差がありますが、初期の方が進むスピードが速いため、早めに適切な治療を受けて、
規則正しい生活(薬のきちんとした服用、積極的なリハビリテーション)を送ることが大切です。

引用元:パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

パーキンソン病改善のための運動は自宅でも気軽にすることができます。

パーキンソン病に適したリハビリを受けるメリット

出典元:pixabay.com

パーキンソン病は進行性の疾患であるため、完治するということはありません。
ですが、特徴を知り、ストレッチや運動を組み合わせることで動きやすさを改善し、症状を抑えることができるということを知ってほしいのです。 引用元:パーキンソン病を知る!薬物療法と運動療法を組み合わせ、身体機能の維持・回復をはかる!~自宅でできる運動療法3つ~|み...

手の震えや姿勢反射など、思うように体を動かせないという運動症状が現れるため、患者本人が外に出るのを嫌がるようになりがちですが、病状を悪化させないためには、適度に運動をすることが大切です。
そうすることで、筋力の低下を防げるだけでなく、ドーパミンの増加にもつながります。 引用元:パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する? | 知っておきたい介護の知識

関節が固くなったり、動かしづらくなったりするのを予防するためには、日頃から自分の関節を動かせる範囲で動かしておくことが大切です。

 指を組んでゆっくり両手を上げ下げしたり、体を前後左右に曲げ伸ばししたりといった体操を行うことで体の柔軟性を維持することができます。 引用元:パーキンソン病のリハビリテーション | 健康長寿ネット

筋肉を使うことでパーキンソン病による運動障害を改善することができます。
リハビリは投薬以上に重要なのかもしれません。

東京でリハビリ内容に定評のあるクリニック&施設リスト

出典元:www.pakutaso.com

表参道セラサイズ・スタジオ

数あるパーキンソン病のリハビリ施設の中でも、唯一薬を止めるリハビリ治療を提案しているのが、表参道にあるセラサイズ 。
脳から鍛える『最新運動理論』を元に、3,400種以上もの独自のストレッチによるニューロ・リハビリ治療を展開、パーキンソン病を改善させた実績も多数あります。 引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

口コミ

Webで最新のパーキンソン病のリハビリが受けられると知って、こちらのセラサイズさんに通ってみました。リハビリは脳に刺激を与える運動とのことで、今まで体験したことのない動きばかり。今は4回目の指導が終わったところですが、すでに体の固縮から解放されて、だいぶ楽に生活ができています。 引用元:悪化したパーキンソン病がリハビリで改善した!口コミ体験談まとめ

パーキンソン病会員様からの感想 K様 3(50代・女性)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=zCtlhwl72Zk

薬を使わずリハビリを行う表参道セラサイズ・スタジオ。
薬の副作用が心配な方に利用して頂きたい施設です!

リハプライド

パーキンソン病にも対応している、全国に100店舗以上を展開するデイサービス型の人気リハビリ施設です。
病院での投薬治療は続けつつ、医師公認のパワーリハビリテーション研究会のリハビリプログラムで運動機能の向上を目指します。 引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

リハビリ型デイサービスとは、シニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの通所介護(デイサービス)です。

要支援1から要介護5の方が、介護保険を使って運動機能の回復を目指してリハビリ専門の機器とプログラムを利用し、リハビリ運動を実施しています。 引用元:リハビリ型デイサービスとは?|リハプライド・リハビリ型デイサービス

口コミ

リハプライドに通い始めて、全体的に体が軽くなったよ。 だって私、すっと立って動き早いでしよ(笑) お風呂にも1人で入れるのよ。 引用元:ご利用者様の声|リハプライド・リハビリ型デイサービス

目に見えない治療、というか、一歩一歩自分の体力がついていくというのを感じています。
以前は車いすだったのですが、
今では杖がなくても歩けるようになったことは思ってもみなかったです。 引用元:ご利用者様の声|リハプライド・リハビリ型デイサービス

デイサービスなので、保険適用、自宅への送迎つき、コースによっては昼食&入浴つきとサービスは満点なとことがリハプライドの良いところ!。楽しみながらリハビリが行える環境が魅力です。

クリニック&施設を選ぶときのポイント

出典元:www.pakutaso.com

1、名医はクスリの量を増やさない
パーキンソン病は医学的には原因不明とされています。残念ですが治療薬はありません。

出されている薬はすべて症状を緩和するのが目的です。

クスリには必ず副作用のリスクが伴います。ですから良い先生はクスリは多くは出しません。 引用元:パーキンソン病の病院、医師の選び方 | パーキンソン病専用ニューロリハビリ治療

名医は話をじっくり聞いてくれる
パーキンソン病の症状は人により異なります。

診察時間は数分が普通です。
しかし、少ない時間の中でもお話を聞いてくれる先生を選びましょう。

PCを見たままで、あなたを見ない先生は論外です。おそらくパーキンソン病に詳しくないと思われます。

患者のことを考えてくれる良い先生はたくさんいます。 引用元:パーキンソン病の病院、医師の選び方 | パーキンソン病専用ニューロリハビリ治療

今回は東京で有名なパーキンソン病を行う施設についてまとめました。
パーキンソン病はリハビリが重要です。
自分が適した施設を選んで治療を進めていきましょう!

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING