整体師になりたい方を全力でサポートしてくれるスクールまとめ

整体師になりたい方を全力でサポートしてくれるスクールまとめ画像

整体師を目指すなら、専門のスクールへ通うのがおすすめです。整体師の仕事内容や人気のスクールをまとめました。

azoloe96sa 262 views 2018年10月12日

整体師ってどんな職業?

体のゆがみを調整してくれるというイメージの整体師。
具体的にはどのような職業なのでしょうか。

●資格は?

日本には「整体師になるための国家資格」はありません。
マッサージ師や鍼灸師の国家資格はありますが、整体師の場合は国内の各団体が認定試験を実施し、合格者に認定を与える形となっています。基準が団体ごとに異なるため、手順や施術方法などにも違いが見られます。ですので「整体師になろう」と思った場合は、いくつかの団体で施術を受け、自分自身も効果を感じられた団体で資格を取ることが良いとされています。
引用元:整体師の仕事内容・働き方を紹介! どんな資格・スキルが必要? | PARAFT [パラフト]

●仕事内容

整体師の仕事内容は、健康から美容までの幅広い症状のケアです。健康面ではコリ・関節痛・姿勢改善・うつなどの体の不調があり、美容面では小顔やO脚のケア、骨盤矯正などが挙げられます。

これらに対応する整体師に必要なスキルは、何と言っても筋肉のほぐし方と骨格の矯正方法です。このスキルを身につけるため、講義と実技を繰り返して習得しています。
引用元:整体師の仕事内容・働き方を紹介! どんな資格・スキルが必要? | PARAFT [パラフト]

●給料はどれくらい?

未経験者でアルバイト採用の場合は時給960~1500円前後。社員採用でも未経験者は所定の研修期間を要する場合がほとんどです。
研修満了後は正社員か契約社員で月給20万~35万円程度が一般的です。しかし、給与を歩合制とした業務委託契約の場合も多く、本人の能力次第で収入が大きく変わる職種といえます。
整体師として独立開業した人の年収にはもっと大きなばらつきがあり、成功すれば年収1000万円以上という話もあります。
引用元:整体師とは 仕事内容や給料 必要なスキルなどを詳しく解説 | マナラボ

整体師になるメリット・デメリット

整体師になると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
代表的なものを紹介します。

メリット

●長く働くことができる

整体師として働くメリットは、性別や年齢に関係なく、仕事を続けられるところです。
技術がものを言う仕事なので、経験を長く積むほど評価されます。
そのため、年を取っても長く働けるメリットがあります。
また、整体師の技術を習得しておけば、出産や育児などで一時的に仕事を離れたとしても、復職しやすいメリットがあります。 引用元:整体師として働くメリット - 整体師の資格取得方法

●資格取得や開業が比較的簡単

整体師の場合、比較的難易度は低く、ある程度のレベルを身につければ、すぐに営業できます。
特に許可や資格がいらないというのも、整体師として働くメリットと言えます。
極端に言えば、学校に行かなくてもできる仕事なので、最低限のレベルであれば、学費などはほとんどかかりません。
信頼のおける整体師として認められれば、集客が安定して、高い収入を得られるのもメリットです。
引用元:整体師として働くメリット - 整体師の資格取得方法

デメリット

●技術や集客によって収入の変動が大きい

整体師の場合、来客が集中した場合、1人のスタッフでは、多くの人数に対応することができません。
1人ひとり順番に対処していかないといけないデメリットがあります。
要は、回転数に限界があるわけです。どんなにがんばっても少ない人数しか対応できず、
休み無しで働いたところで1日10人ぐらいしか施術することができません。
そして、回転数不足からくる顧客離れというのもあります。

引用元:整体師として働くデメリット - 整体師の資格取得方法

●資格取得や開業には多額の費用がかかる

技術や知識を身につけるために、どうしても費用がかかってしまうことで、これはどの資格にも言えることです。
整体師は、特に資格がなくてもできる仕事ではあるのですが、お客さんの信頼を勝ち得るには、
専門的な知識を習得しないと成り立たない仕事です。
そのためには、整体スクールなどに通う必要があります。独立開業するような場合、かなりの資金が必要で、勤務する場合、収入はあまりよくないというのもデメリットです。

引用元:整体師として働くデメリット - 整体師の資格取得方法

人気のある整体スクールまとめ

整体師の民間資格取得をサポートする、評判のスクールをピックアップしました。
掛かる費用の目安も一緒に紹介します。

●ウィルワン整体アカデミー

現場が求めている技術・ノウハウを取り入れた講義で、即戦力として通用する技術・知識を学べる。
ベーシック/プロフェッショナル/総合実践経営の中から、目的に応じたコースを選択可能。
年400回以上の技術・経営セミナーを開催 引用元:特選!整体師になれるスクールBEST5

●整体セラピストコース
¥440,000(税別)
●整体プロフェッショナルコース
¥850,000(税別)
●整体アドバンス プロフェッショナルコース
¥1,550,000(税別)

引用元:コース・カリキュラム | 整体学校【ウィルワン整体アカデミー】-整体師を目指す方のための整体スクール

●東京療術学院

•心理療法/気功/PNF整体など豊富な学科を用意。
•複数の学科を統合的に学べるセレクト型コース。
•大学教授やベテラン施術師など60余名の講師陣が在籍。
•スタッフによる就職相談を実施。
•常時4000件程度の求人情報をストック。
•スタッフによる就職相談を実施。
•ホームページ作成支援や、開業したOBとの交流会など5つの開業サポートあり。

引用元:特選!整体師になれるスクールBEST5

●YMCメディカルトレーナーズスクール

お客様の身体を総合的に捉え、アプローチできる技術を学ぶことで、就職・開業に強い技術を習得していただけます。生活リズムに応じて通え、ボディケアやリフレクソロジー、整体、ストレッチなど幅広いコースからお選びいただけます。 引用元:整体師やヨガの資格専門学校 YMCメディカルトレーナーズスクール

整体師養成
¥740,000
独立開業
¥1,445,000
引用元:授業料|YMCメディカルトレーナーズスクール

整体師で独立・企業したい方が知っておきたい情報

・自宅で開業タイプ
設備や備品を揃えた上で、認知や宣伝のための名刺やチラシ・ホームページなど費用も多少かけていくとなると、トータルの開業資金は20~50万円程度かかってきます。
・出張や訪問タイプ
移動のための車があれば、折り畳み式のベッドまたはマット、枕・シーツ・タオル・問診票・領収証・印鑑などを揃えれば営業できますので、10万円を切る初期費用での開業が可能です。
・マンションやアパートを借りるタイプ
家賃10万円程度の物件なら、敷金や礼金・必要な設備や備品・簡単な内装・引っ越し費用・初期広告宣伝費などを含めて100万円程度で開業することも可能です。
引用元:どのくらい必要?整体師の独立・開業資金を調査

クレームや事故を減らすための対処として、中長期的に心掛けたいのは、独立・開業後でも最新の整体技術を勉強し続けるということです。
かつては正しいとされた技術も、数年後には改訂されているケースは少なからずあります。整体師として、常に新しい技術や知識を身につける努力をしておきましょう。
スキルアップや業界動向のチェックを怠らないようにすることで、結果的にクレームや事故の確率を減らすことにもつながります。

引用元:整体師の独立・開業に伴うリスクとは?

整体師として独立するには、ターゲットを明確に絞り、ターゲットに合った立地や物件を選びましょう。
店舗型や出張など働き方も様々あるので、自分に合った営業方法はどれなのかもふくめ、スクールで整体師として一人前になれるように学びましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING