綺麗な歯を維持するカギはリンゴ⁉リンゴをかじって虫歯予防

綺麗な歯を維持するカギはリンゴ⁉リンゴをかじって虫歯予防画像

果物のリンゴってありますよね?あれって虫歯予防に適しているみたいなんですよ。

なんで果物が虫歯予防に役立つのかきになりますよね。

そんな疑問を持っている人は、リンゴが虫歯を予防する理由や効果的な食べ方などを学んでいきましょう。

Brooks26 237 views 2018年10月30日

どうして虫歯になりにくくなるの?リンゴが虫歯予防に効果的な理由

果物を食べると、逆に虫歯になりやすそうな気もします。

ですが、リンゴの場合だと逆に虫歯予防になるようですよ。

まずは、なぜ虫歯予防になるのか勉強していきます。

リンゴには、リンゴポリフェノールと呼ばれる成分が含まれています。
これは、世界中が注目する健康成分の一つなのです。

リンゴポリフェノールには、虫歯菌が出す酵素の働きを、阻害する効果があります。
これによってお口の中を、歯垢が付きにくい環境へと導くため、虫歯の発生を防ぐ効果が期待できるというわけです。 引用元:リンゴで虫歯予防!歯医者いらず? | スマイル歯科 石川県小松市 | 矯正 インプラント 審美 ホワイトニング

リンゴには”アップルフェロン”というリンゴ特有の成分が存在していて、この成分に虫歯予防の効果があるのではないかといわれています。

実際、この”アップルフェロン”には歯に虫歯菌を付き難くするとか、虫歯菌が出す酵素の働きを阻害するようです。 引用元:虫歯を防ぐ?その意外な果物とは【歯科情報】 — 注目の歯科ニュース

リンゴに含まれるアップルフェロンという成分は、虫歯菌をつきにくくする効果があると言われています。

ほかに、丸かじりすると、歯肉もじょうぶになり、かむことで唾液の分泌もよくなり、むし歯、歯肉炎などの予防効果が期待できるため、リンゴは「天然の歯ブラシ」とも! 引用元:リンゴのおいしい季節です。栄養価も高いリンゴを食べて元気に年末を過ごしましょう(tenki.jpサプ

歯並びも整える

皮つきのリンゴをしっかり噛んで食べることにより、噛むための顎の筋肉が発達していきます。

リンゴや人参など、硬い食べ物をしっかりよく噛んで食べることには、様々なメリットがあります。

まずは、ここまで述べてきたように、噛む力を鍛えられることや、噛み合わせのズレを防げることです。 引用元:リンゴの丸かじりで歯を鍛えよう!歯を強くする3つのメリット

噛む力の強い・弱いは明確にはかれるものではありませんが、健康な歯茎・健康な歯を持ち、硬い物でも難なく食べられることは、人間の食生活において、極めて重要です。

なぜなら、しっかりと物を噛む力があることは、噛みあわせをズラさず歯並びをキレイに保つことにつながり、歯並びをキレイに保つことは、虫歯・歯周病のリスクの低下につながるからです。 引用元:リンゴの丸かじりで歯を鍛えよう!歯を強くする3つのメリット | 株式会社オカムラ

顎が強くなると噛み合わせも良くなり、結果として歯並びが整うといわれています。

歯並びに悩んでいる人は矯正治療を受ける前にリンゴをかじってみると良いかもしれません。

一般的な矯正治療

矯正治療には、マウスピース矯正や目立たない矯正など、様々な治療方法があります。

歯並びやライフスタイルに合った方法が選べるので、迷う人もいるでしょう。 引用元:頼れる矯正歯科クリニック名鑑【全国版】女性に人気の医院集めました!

クリニックでの矯正治療では確実に歯並びを整えることができますが、保険適用外となる為お金がかかってしまいます。

ですが、リンゴなら簡単に安く手に入るので、お金の心配なく歯並びを整えられるでしょう。

【皮ごとかじるのがポイント】虫歯予防のためのリンゴの食べ方

リンゴを食べることによって虫歯予防や歯並びを整える効果が期待できます。

しかし、皮をむいてカットしたリンゴを食べてもそれほど高い効果は得られないのです。

そこで、歯の健康促進に効果的なリンゴの食べ方を覚えていきましょう。

正しいリンゴの食べ方

虫歯予防
りんごを水で良く洗って、丸かじりしてください。

りんごをかむことで、歯肉もじょうぶになり、唾液の分泌もよくなり、むし歯、歯肉炎などの予防効果があります。 引用元:よくある質問 りんご編 |JA全農あおもり

出典元:https://youtu.be/z64_xZNzML0

リンゴで虫歯予防をする場合は、皮ごと丸かじるするのが正し方法です。

できれば芯までむしゃむしゃ食べるようにしましょう。

皮ごと食べることによって歯の表面のプラークが落ちますし、歯茎も強くなるので口腔内を健康に保てるようになるのです。

食べた後のケアも大切!リンゴを使った虫歯予防の注意点

ご存知の通り、リンゴは果物です。

つまり果糖が含まれていますよね。
リンゴを食べた後にケアをせず放置しておくと、虫歯になってしまう可能性が出てきます。

食後のケアもほどこして、より高い効果を得られるようにしていくことが大切ですよ。

歯磨きも必要

食後に、りんごを、よーくしっかりと噛んで食べてみてください。

それを数日続けると、歯が白くなってきたことが実感できると思います。
りんごの渋みと成分は、歯を清潔に白く保つ働きがあるんです。

でも、りんごにも糖分はありますから、りんごを食べた後しっかりと歯を磨くことも忘れずに! 引用元:毎日りんごを食べるといいこといっぱい!その効果とは? | Talks about the ESSENSE

リンゴは食物繊維が豊富なので歯磨きのような効果は得られるかもしれません。

しかし、就寝前となると唾液が出にくくなる直前ですから、リンゴの酸が薄められず酸性度を増して虫歯を加速させる危険性があるのです。

歯磨きのあとにリンゴを食べ始めたら、虫歯が悪化したでは目も当てられませんよね。 引用元:歯みがきのあとリンゴなら食べていい?→やめた方がよい – 歯周病の治療はじめて8年目!本当に治るのか?ブログ

リンゴは歯の健康を守ってくれる果物ですが、食べた後に放置しておくのは良くありません。

リンゴに限らず、食後の歯磨きなどはしっかりと行うようにしましょう。

手軽に実践できる歯の健康法!これからはリンゴを丸かじりしていこう

リンゴに含まれている成分の働きなどによって、歯の健康を促進することができます。

その効果を高める食べ方が丸かじりですよ。
皮にも栄養が含まれていますし、硬い食べ物をかじることで歯を鍛えられるんです。

日常的にリンゴを丸かじりしていれば真っ白で丈夫な歯が手に入りますね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING