脂肪溶解注射の実績件数が多いクリニックで治療を受けよう@大阪

脂肪溶解注射の実績件数が多いクリニックで治療を受けよう@大阪画像

脂肪細胞に直接アプローチする脂肪溶解注射について、その種類や費用、おすすめのクリニックをまとめました。

ttres7415saw 25 views 2018年11月14日

脂肪溶解注射の基礎知識

痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。

手術ではなく治療で、極細の針で注射を打つだけなので、気軽に行える方法として大変人気の高い治療法です。 引用元:脂肪溶解注射 | メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

痩身法のひとつでもあり、安全で安心できるという点から注目を集めている「脂肪溶解注射」。
いったいどのようなものなのでしょうか。

脂肪溶解注射の成分の1つに、フォスファチジルコリンと言う成分があります。これは脂肪細胞に含まれる脂肪(トリグリセリド)を、遊離脂肪酸として細胞から血管のなかに取り出す働きがあります。
しかし脂肪細胞から取り出された遊離脂肪酸は、そのままにしておくと、また脂肪細胞に取り込まれて元に戻ってしまい、痩身の効果は望めません。
引用元:脂肪溶解注射 | メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

脂肪溶解注射には、L-カルニチンとαリポ酸という遊離脂肪酸の燃焼に必要な成分が含まれています。
脂肪溶解注射に含まれるL-カルニチンが、遊離脂肪酸を体内の燃焼系に取り込んで、αリポ酸が遊離脂肪酸の燃焼を促進させる働きをもっています。
この3つの成分の内、1つでも欠如していると、十分な効果は期待できません。

引用元:脂肪溶解注射 | メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

●注射の種類

PPCとは(ファスファチジルコリン)
脂質代謝を高めてコレステロールを溶かし出す作用があります。
従来、脂肪肝・高脂血症の治療に使われていた薬剤ですが、これを直接皮下脂肪に注射することによって、薬液の浸透した部分の脂肪細胞が破壊されて溶解します。
溶け出した脂肪は早ければ約2~3週間、通常1~2ヵ月程度で血管やリンパ管を通って尿などとともに体外に排出されます。

引用元:メソセラピー(脂肪溶解注射)の種類と効果 BNLSneoなど | 静岡美容外科 橋本クリニック 院長ブログ

BNLSとは
BNLS注射は、顔専用の脂肪溶解注射として開発された注射です。
BNLSの成分は植物由来となります。植物由来成分は肌再生や脂肪分解、血管の弾力性や循環をアップさせます。
原産国は韓国です。美容大国韓国で一気に人気となり日本に上陸しました。
その際、日本向けに輸入されているBNLSは、ニコチンがはいっていないものが特別に製造されています。
現在日本でBNLS注射をご希望の方は安心して受けられます。

引用元:メソセラピー(脂肪溶解注射)の種類と効果 BNLSneoなど | 静岡美容外科 橋本クリニック 院長ブログ

●かかる費用の目安は?

痩せたい部分によって必要回数が異なってくるので、当然、総額いくらかかるのかも変わってきます。

一般的に顔などの比較的脂肪が薄い部分は多くても3回ぐらいで終了するので、
かかる費用は一回あたり20,000円として60,000円ぐらいということになります。

お腹まわりや太ももなどは6回は必要になることが多いので、顔の三倍で120,000円ぐらいでしょうか。

引用元:治療費・料金について分かりやすくご案内 | 脂肪溶解注射NAVI

脂肪溶解注射の1本あたりの値段は、2~3万円ぐらいが相場です。

「とりあえず1回試してみたい」という場合は、初回限定キャンペーン価格でお得に受けられるクリニックもあるので、HPなどをチェックしてみましょう。 引用元:脂肪溶解注射(メソセラピー)をお腹を打つ!効果や腫れ、値段や本数は? | 脂肪溶解注射NAVI

脂肪溶解注射を打つメリット・デメリット

脂肪吸引よりも気軽にトライできそうな脂肪溶解注射はメリットがたくさんですが、同様にデメリットもあります。
それぞれどんな点がメリット・デメリットになるのか紹介します。

●メリット

脂肪がつき過ぎた気になる部分にピンポイントでアプローチできるのが魅力です。
脂肪溶解注射を太ももの気になる部分に打てば、その部分だけ薬剤が徐々にセルライトを溶かし、老廃物として体外に排出してくれます。他にも脂肪の付きやすい、顔まわりなど、なかなか脂肪を落とすのが難しい、細かい場所を指定して部分的にアプローチすることができます。

引用元:脂肪溶解注射の口コミからメリットとデメリットを紹介

注射だけなので安全性が高い
体に傷が残らないということなので感染症のリスクは減ります。脂肪吸引のように体を切開してしまうと深い傷になってしまうため、術後の感染症のリスクは高まります。次に体へメスを入れて脂肪を吸引するので、体に通っている神経を傷つけてしまう恐れもあります。神経が傷ついてしまうと、痺れや麻痺が残る可能性もあります。
注射で済む施術なのであれば、そちらの方が格段にリスクは低くなります。
引用元:脂肪溶解注射の口コミからメリットとデメリットを紹介

・手軽に出来る(施術時間10分程度)
・ダウンタイムがほぼない※
・ピンポイント部分痩せも可能
・セルライトにも効果が期待できる
・リバウンドしにくい特徴がある
・凹凸が少ない
・体への負担が少ない
・安全性が高い
・費用は比較的リーズナブル 引用元:脂肪溶解注射のメリットとデメリットについて

●デメリット

施術直後から体内の脂肪細胞が破壊されていくため、軽い腫れやむくみ、内出血、筋肉痛のような痛みが出るケースがあります。ほとんどが化粧で隠すことが可能な程度ですが、中にはひどく腫れる人もいるとされています。症状は数日でなくなるものですが、万が一痛みが激しい場合や数日経過しても腫れが引かない場合は、速やかにドクターに相談しましょう。 引用元:スキンケア大学

・効果を感じるまで時間がかかる
・人によっては効果が少ないと感じる
・内出血がでる場合がある
・痛みを感じることがある
・稀にアレルギーが出る(お肌に合わないなど含め)
・腫れることがある
・筋肉痛のような痛みが出ることがある
・大豆アレルギーの方は施術出来ない
引用元:脂肪溶解注射のメリットとデメリットについて

大阪で脂肪溶解注射に定評のあるクリニック一覧

脂肪溶解注射を行う大阪のクリニックで、特に評判の良い病院を紹介します。

●藤井クリニック

藤井クリニックでは、BNLS注射とレシチン注射の2種類の薬剤を使用しています。BNLS注射は植物由来成分を主成分としているので身体の負担が少なく、術後の腫れや発熱なども少ないというメリットがあります。 引用元:大阪の脂肪溶解注射クリニックを徹底比較

●表参道スキンクリニック大阪院(旧:ワイエススキンケアクリニック)

脂肪溶解作用の強い、ホスファチジルコリンという成分を用いた脂肪溶解注射と小顔注射に向いているBNLS注射の2種類を用意しています。体質や痩身を行ないたい箇所によって選ぶことができる点が嬉しいですね。費用もお手頃な初回価格が用意されているので、初めて脂肪溶解注射を試したいという人にはうってつけのクリニックです。 引用元:大阪の脂肪溶解注射クリニックを徹底比較

●恵聖会クリニック

従来の脂肪溶解注射に比べ炎症を起こしにくく痩身効果が高い薬剤「Newメソセラピー・エクストラ」を使用しています。主成分は大豆由来のアミノ酸「フォスファチジルコリン」。筋肉を増やしやすくするIGF-1、脂肪を燃えやすくするL-カルニチンといった部分痩せに最適な成分を配合しているため、頑固な皮下脂肪にも強力にアプローチできます。 引用元:脂肪溶解注射の効果からデメリットまで│美容クリニックin大阪!

安心して治療を受けたいならクリニック選びが重要!

脂肪溶解注射は切る手術とは違い、手軽に受けられてダウンタイムが少ないのが魅力です。
ただ、デメリットもあるので施術の前にしっかりカウンセリングを受けましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING