アイプチを使ってる人は二重整形の時に腫れやすい?

アイプチを使ってる人は二重整形の時に腫れやすい?画像

出典元:everygenki.com

アイプチを使うとかぶれたり腫れやすいという話があるけど本当なのでしょうか?
詳しく解説していきます。

yuka 18 views 2018年11月8日

アイプチをしていると瞼によくない」
「アイプチをしていると二重埋没法で腫れやすくなる」
と噂に聞いて気になっているという人はとても多くおられます。

二重埋没法をすると腫れるって聞くし、さらにアイプチのために腫れやすくなるのであれば、どうすればいいのかとても気になりますよね。

実はアイプチを長く使っていると、二重埋没法で腫れやすくなるのは本当です。
なぜ腫れやすくなるのか、どのように対処すればいいのかお伝えしていきましょう。

アイプチしていると二重埋没法が腫れやすくなる理由

アイプチは一重まぶたの人にとって手軽に二重に形成することができることから、とても多くの人に愛用されている方法です。

でも同時に
「まぶたが伸びているようなんだけど・・・」
「まぶたがかぶれてしまった・・・」
というトラブルの原因にもなっています。

アイプチは簡単に目元の印象を変えることができますが、まぶたに負担がかかります。

アイプチやアイテープ、メザイクなどを使い続けると、まぶたがアレルギー反応を起こすことがあります。
そして、これらを頻繁に使用していると、アレルギー反応だけでなく皮膚が伸びてしまうこともあります。

アレルギー反応が起こっていたり皮膚が伸びてしまったりしている状態は正常ではない為、腫れや内出血がより起きやすくなってしまいます。 引用元:二重埋没法は腫れや内出血が目立つ?ダウンタイムの期間について

このような皮膚トラブルが起きてしまうのです。

まぶたに皮膚トラブルを起こした状態で二重埋没法による整形をした場合、健康的なまぶたと比べるとどうしても腫れやすくなってしまいます。

さらに出来上がりの状態にも差が出てくる可能性もありますから、長期的にアイプチを使用することは美容業界において、おすすめされていないのが事実なのです。

アイプチをしている人の腫れはいつ引いてくるの?

アイプチを長くしている状態であれば、常にまぶたに負担をかけている状態ですので、二重整形の際には腫れや内出血を起こす原因となってしまいます。

そもそも二重埋没法では、腫れないことはないと言われているほどなのですが、まぶたにトラブルを起こした状態であれば腫れが引くダウンタイムにも大きな影響があります。

まぶたが健康的な人であっても、腫れのピークが過ぎ去るのは1週間ほどかかります。自然な状態にまで回復するまでに1か月ほどのダウンタイムを要します。

しかしアイプチを長く続けていたことによって、まぶたにトラブルがある人であれば、この期間よりも長くなる傾向があるので注意が必要です。

二重埋没法で腫れた場合の対処法

二重埋没法ではまぶたが腫れて、3日ほどで腫れのピークが訪れます。
腫れることが分かっているとしても、早く治まるようにしたいですよね。

腫れた場合の対処法としては、「冷やす」ことが効果的です。
クリニックにおいても術後は目を冷やしますが、これで腫れを抑えることができるのです。

ただしまぶたの傷口などを刺激しないように注意することが大事です。傷口の周りから冷やしていくといいでしょう。また冷やし過ぎると、血流が悪くなって逆に治りが遅くなってしまいますから、長くなり過ぎないよう適度に行うことが必要です。

また生活のうえでは、スマホなどを見過ぎて、目に負担をかけないことも意識しておきましょう。


まとめ~まぶたに負担をかけない二重埋没法がおすすめ

二重埋没法を考えている人のなかには、アイプチを利用している人はとても多くおられます。

アイプチはまぶたに負担をかける行為ですから、その影響を受けて二重埋没法の術後に腫れやすくなってしまいます。

とはいえ、アイプチをさらに使い続けるとさらにダメージを与えることになります。今後のまぶたのダメージや健康のことを考えれば、二重埋没法を行うことがおすすめです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING