すぐに椎間板ヘルニアの痛みから解放されたいならレーザー治療がオススメ!

すぐに椎間板ヘルニアの痛みから解放されたいならレーザー治療がオススメ!画像

椎間板ヘルニアの治療はレーザー治療がおすすめです。その理由は、メスを使わないため、体への負担が軽いからです。ではその他のメリットは何なのでしょうか。またデメリットはあるのでしょうか。また椎間板ヘルニアにおける基礎知識をはじめ、原因と症状も併せてご紹介しましょう。

i9y78k5m 85 views 2018年11月22日

椎間板ヘルニアにおける基礎知識

椎間板ヘルニアとは、椎骨ついこつの間でクッションのような役割をする椎間板が変性して突出し、近くにある神経を圧迫することでさまざまな症状を引き起こす病気です。 引用元:病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト _ メディカルノート.

椎間板ヘルニアでは、この脊髄や末梢神経が突出した椎間板によって刺激されることで、麻痺、痛みやしびれなどさまざまな症状が生じます。多くは頚椎・腰椎に起こりますがまれに胸椎(背骨)にも起こります。 引用元:病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト _ メディカルノート.

椎間板ヘルニアになりますと、後方にある神経は圧迫されて上下に動くことができなくなってしまいます。この動きにくい神経に歪みの力が加わる結果、腰痛や足(脚)の痛みが起こったりします。場合によっては脚の麻痺、しびれ、足の冷たさ等々を起こすこともあります。 引用元:腰椎椎間板ヘルニアとは _ あいちせぼね病院.html

椎間板ヘルニアになってしまう原因と症状

悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。 引用元:「腰椎椎間板ヘルニア」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる.html

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)では、主に手の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。ヘルニアの場所によって痛みやしびれが出る場所は違い、首筋や肩甲骨の辺りが痛くなることもあります。ヘルニアが大きい場合には足もしびれる、歩きにくいといった症状が出ることもあります。 引用元:椎間板ヘルニア|教えて、ドクター!腰・首・ひざの病気、Q&A.html

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)では、主にお尻や足の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。 引用元:椎間板ヘルニア|教えて、ドクター!腰・首・ひざの病気、Q&A.html

椎間板ヘルニアの痛みが出る部位や痛み方、痛みの大きさはルールがなく、個人差があります。よって一丸に言えないのが本当のところでしょう。

切開手術などに比べて体への負担が少ない「レーザー治療(PLDD)」とは

PLDDは組織蒸散と呼ばれる方法を利用した、椎間板ヘルニアの治療方法です。わずか1mmの極細の針とレーザーファイバーと呼ばれる光ファイバーを使って治療が行われます。極細針の中は空洞となっており、そこにレーザーファイバーを通過させレーザー光を照射。椎間板ヘルニアの原因である髄核を蒸散させることで神経の圧迫を減らします。 引用元:日帰りで手術可能!椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)を名医監修で解説.html

レーザー治療(PLDD)を受けるメリット・デメリット

レーザー治療(PLDD)を受けるメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

メリット
1 傷痕が目立ちません。(針の穴程度)
2 1泊2日の短期入院。術後の回復も早く、日常生活や仕事への復帰が早期に行える。
3 内視鏡下手術よりも複雑さが少ない。 引用元:PLDD:椎間板ヘルニアのレーザー治療|岩井整形外科内科病院.html

<PLDDのメリット>
・体に与えるダメージが極めて小さい(針を刺す刺激のみ)。
・施術時間が15分程度と短時間。
・治療後の在位時間は1時間程度と早期離院が可能。
・日帰り手術(外来手術)で対応できる(局所麻酔で済む)。
・治療直後から日常生活に問題なく復帰できる。
・傷跡がない(直後に針穴は残る)。
・治療直後から日常生活に問題なく復帰できる。
・治療当日から入浴が許可される。 引用元:PLDDのメリット・デメリット _ 椎間板ヘルニア レーザー治療センターブログ.html

・過去に椎間板ヘルニア手術の経験がある方でも治療を受けられる。
・適切な治療法が見いだせない方に福音となる可能性がある。
・複雑な病態のために積極的な治療に移行しにくかった方でも、ストレスなく治療できる。
・長年、痛みやしびれに苦しんでいた方にとって、症状解消の解決策となり得る。

局所麻酔でOK、入院日数がたった1泊以下だというのが、椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)の多きなメリットでしょう。

◆デメリット

<PLDDのデメリット>
・自費診療であるため治療費負担が相応にある。
・治療後最低でも1週間は激しい運動が禁止される。
・重症例には無効である。
・治療効果が完全に予測できないことがある。
・医療機関による治療成績の差が大きい可能性がある。 引用元:PLDDのメリット・デメリット _ 椎間板ヘルニア レーザー治療センターブログ.html

手術と比較すると有効率が下がってしまう、保険が適用されないのが、椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)のデメリットでしょう。

椎間板ヘルニアにおけるレーザー治療(PLDD)以外の治療方法

手術的治療には確率は少ないものの、種々の危険性がありますので、まずは保存的治療を試みるのが一般的です。 引用元:正しい理解とよりよい治療を受けるために 1.html

保存的治療としては、鎮痛剤などの薬物療法、コルセットやベルトなどの装具療法、温熱・電気治療、骨盤牽引などの理学療法などがあります。これら治療法の効果が見られない場合には、局所麻酔薬や副腎皮質ステロイド剤の注射による、いわゆる神経ブロック療法を行うこともあります。これらの保存的治療は椎間板ヘルニアが自然治癒するまでの痛みを主とした症状を、対症的にやわらげている治療法と言えます。 引用元:正しい理解とよりよい治療を受けるために 1.html

腰椎椎間板ヘルニアに対する手術には大きく分けて2通りの手術があります。1つは椎間板をとって上下の骨を癒合させる方法、もう1つはヘルニアと髄核のみをとる手術です。 引用元:椎間板ヘルニアの手術について|岩井整形外科内科病院.html

毎日の腰痛体操により筋力を強化し、腰をケアすれば、腰痛の軽減にも予防にも効果的です。 引用元:「腰の痛み対策」椎間板ヘルニア _ メディエイド(MEDIAID).html

腰の動きを制限するコルセットをつけたりする保存療法が基本だ。8~9割程度の患者は2~3か月で症状が改善する。 引用元:椎間板ヘルニアの新しい注射薬、1回で高い治療効果…8月発売 _ yomiDr. _ ヨミドクター(読

椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)に定評のある「伊東くりにっく」とは

伊東くりにっくでは、これまで治療が難しかった椎間板ヘルニアを、レーザーによって治療するPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)という新しい治療法を採用しています。この治療法は「体への負担の少なく」、「傷口が殆ど残らない」「日帰り手術が可能」など多くのメリットがあります。患者さんが手術当日に退院し、早期に社会復帰していく様子は、私たちの最大の喜びです。 引用元:伊東くりにっくについて|くりにっく紹介|椎間板ヘルニアのレーザー治療 PLDD専門クリニック 伊東く

椎間板ヘルニアにレーザー治療(PLDD)を検討してはいかがでしょうか。

椎間板ヘルニアにレーザー治療(PLDD)は切らない・入院不要とメリットのある治療法です。ただデメリットもあるので、医師としっかり相談して決定しましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING