安心して椎間板ヘルニア手術を受けたいなら名医のいるクリニックで

安心して椎間板ヘルニア手術を受けたいなら名医のいるクリニックで画像

出典元:www.pakutaso.com

椎間板ヘルニア手術の名医がいるクリニックをまとめました。

S9qYPae6 820 views 2018年12月19日

出典元:www.pakutaso.com

痛みや痺れがつらい椎間板ヘルニア。
その治療法は1つではありません。
経験豊富な名医を3つの手術法別に紹介します。

ヘルニアに悩んでいる方は是非医師選びの参考にしてみてください!

椎間板ヘルニアってどんな病気?

出典元:www.pakutaso.com

ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。
有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。
これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。
椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。 引用元:椎間板ヘルニア | 腰痛の専門医による安心アドバイス

神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあります。
背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、その全てに椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。
20~40歳代のどちらかと言えば男性に多く、整形外科では非常にポピュラーな病気と言えます。 引用元:椎間板ヘルニア | 腰痛の専門医による安心アドバイス

鼠径(そけい)ヘルニアは子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、 手術以外に根治的な治療方法がありません。
痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、 生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。
「鼠径」とは、太ももの付け根の部分のことをいい、 「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。 引用元: ヘルニアとは? | 診療・入院のご案内 | 坂総合病院

代表的な椎間板ヘルニア手術方法

出典元:www.pakutaso.com

切開術(LOVE法)

LOVE法(後方椎間板切除術)とは、古くから行われている椎間板ヘルニア手術。
ほとんどの症例に適応し、その改善率も高いものとなっています。
特別な器材を必要としない手術法ですが、皮膚を4~5cmほど切開し、筋肉などの組織を剥離したりするため、体への負担は大きめ。 引用元:【施術ごとの名医発見】自分に合ったヘルニア手術で痛みにサヨナラ

椎間板ヘルニアの一般的な手術です。
医師が直接患部を見ながらヘルニアを切除します。

比較的体の負担がかかる施術法になりますね。

切らないレーザー治療 (PLDD法)

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=GcwVRa5IvZk

椎間板ヘルニアの治療の中でも、「体に負担の少ない」「傷口も殆ど残らない」「日帰り手術」として注目を浴びている治療方法がPLDDです。
従来の手術方法に比べて、患者さんの肉体的、精神的負担が少なく、画期的な治療法ですが、PLDD法の認知度はその効果に比べてまだまだ低いといえます。
PLDDには、適応・不適応もあり、確かな診断と経験豊かな医師の技術が必要です。 引用元:PLDDとは?|椎間板ヘルニアのレーザー治療 PLDD専門クリニック 伊東くりにっく

PLDDは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、日本語にすると「経皮的レーザー椎間板髄核減圧術」といいます。

Percutaneous 【経皮】
Laser 【レーザー】
Disc 【椎間板】
Decompression 【減圧】
PLDDは、レーザーによる組織蒸散という方法を利用しています。椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が、押し出されてはみ出てしまった状態を言います。このはみ出た部分を引っ込めるために、椎間板そのものに針を刺して、そこからレーザーを放出させます。 引用元:PLDDとは?|椎間板ヘルニアのレーザー治療 PLDD専門クリニック 伊東くりにっく

椎間板に刺した針内にレーザーファイバーを通しレーザー照射。
メスを使わず、日帰りで治療が行えるのが魅力です。
身体への負担が格段に少なくすみます。

内視鏡手術 (MED&PED法)

MED法(内視鏡下椎間板摘出術)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=m_F-V4QraQQ

MEDは内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術です。当院では最もスタンダードな手術です。傷口は18~20mm弱で、最も治療成績は良いですが、5~6泊の入院が必要です。 引用元:椎間板ヘルニアの手術について|岩井整形外科内科病院

腰部を背中から小切開して内視鏡を挿入、専用の器具とモニターを使ってヘルニアを除去する方法です。
メスを入れますが、LOVE法より入院期間が少ないのが特徴。

椎間板ヘルニア手術における名医たち

出典元:www.pakutaso.com

河野仁(慶友整形外科病院)

出典元:www.herniphys.com

河野仁医師は、整形外科部長・慶友脊椎センター長を務める脊髄外科医。腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・頚椎症性脊髄症といった変性疾患の治療はもちろん、フリーハンドによる頚椎後弯変形の矯正手術(椎弓根スクリュー使用)、頚椎後弯変形の矯正固定術(三次元的骨切り・PSO)などの施術を得意分野としています。 引用元:専門性の高いヘルニア治療・慶友整形外科病院を紹介

伊東信久(伊東くりにっく)

出典元:www.herniphys.com

伊東くりにっくでは、これまで治療が難しかった椎間板ヘルニアを、レーザーによって治療するPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)という新しい治療法を採用しています。
私はこれまで、脳神経外科や整形外科、そしてレーザー治療専門のクリニックなど、いくつかの病院や診療所に勤めてきました。これらの施設にいた時に感じてきたことは、何よりPLDDの専門家が、現在の日本に非常に少ないということです。 引用元:院長プロフィール|くりにっく紹介|椎間板ヘルニアのレーザー治療 PLDD専門クリニック 伊東くりにっ

高野裕一(岩井整形外科内科)

出典元:www.herniphys.com

最高の医療を提供するために、患者さんに優しい各種の低侵襲手術をいち早く導入し手術手技の向上や開発を行ってきました。患者さんの安全を最優先にするために、さらに高度な診断能力の向上と手術手技の改良・開発を目指し、今後も革新的に日々努力してまいります。 引用元:院長あいさつ|岩井整形外科内科病院

椎間板ヘルニア手術は治療を受けるクリニック選びが重要

出典元:www.pakutaso.com

症例数の多さ

ヘルニア手術の名医選びの目安となるのは、これまでに手がけた症例数。
当然ではありますが、執刀経験の多い医師の方が、少ない医師に比べれば経験値が豊富。
さまざまな症例を診て、対応してきたという実績も期待できるため、どのような症状であっても適切な治療を受けられる可能性が高くなります。 引用元:ヘルニア手術のゴッドハンドを持つ名医の見つけ方

所有資格の有無

医師がどれほどの技術力を持っているか、その指標となるのが資格や所属している学会です。頸椎や関節の治療といえば整形外科の範疇なので、日本整形外科学会に所属していることも重要ですが、チェックする際は日本形成外科学会の専門医であるかも確認してみましょう。 引用元:ヘルニア手術のゴッドハンドを持つ名医の見つけ方

今回は、ヘルニアの手術法と名医についてご紹介しました。
椎間板ヘルニアで満足度の高い治療を受けたいなら、腕の確かな名医を探すことが第一です。
ヘルニアの診断は難しいため、スキルの低い医師にかかると病名が判明せず、薬やストレッチなどの治療を延々受け続けることになり、費用と時間がムダになることもあります。

信頼できる医師を選び、効率的に治療を進めていきましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING