頚椎椎間板ヘルニアは名医のいるクリニック&病院で治療を受けるべき

頚椎椎間板ヘルニアは名医のいるクリニック&病院で治療を受けるべき画像

働き盛りの男性に多いという頚椎椎間板ヘルニアについて、その原因や治療法、名医についてまとめました。

S9qYPae6 12 views 2018年12月5日

頚椎椎間板ヘルニアになってしまう原因と症状

頚椎椎間板ヘルニアとは、どのようにしてかかってしまうのでしょうか?
その原因と症状を紹介します。

●主な原因

椎間板が飛び出してくる原因の一つとして、老化現象による機能の低下が挙げられます。頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、組織の中で最も早く老化が起こるとされます。そのため、劣化が進んで外側の膜に亀裂を起こし、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。 引用元:頚椎椎間板ヘルニアとは | あいちせぼね病院

腰の椎間板ヘルニアについては、腰に負担がかかる作業が多い人に起こることが多いという話がありますが、あまり関係ないという話もあります。特に負担がかかるような作業をしていない方でも椎間板ヘルニアになることがありますので、誰にでも起こる病気と言えます。 引用元:椎間板ヘルニア|教えて、ドクター!腰・首・ひざの病気、Q&A

●どのような人が頚椎椎間板ヘルニアになりやすいのか

当院での男女比は約3:1で男性に多く、20代から70代まで各年齢層の方が手術を受けており、男女とも働き盛りの30~50代にピークがありました。

20代で頚椎椎間板ヘルニアになるのは、首を酷使する、格闘技の選手やラグビーの選手に多く見られます。

中年以降では、下から上ばかり見ている電線の仕事や、黒板を書く姿勢が良くないせいか、教師の方を何人か経験していますが、首に負担のない職業の方も多くいます。 引用元:頚椎椎間板ヘルニア | 腰痛の専門医による安心アドバイス

椎間板ヘルニアといえば、腰(腰椎)のヘルニアが一般的ですが、首(頚椎(けいつい))でもヘルニアが出ることがあります。腰椎では20~40代に発生しやすいのに比べ、頚椎では30~50代に好発するといわれています。椎間板は一つ一つの背骨(椎体)の間にあり、クッションの役目を果たしていますが、何らかの原因で裂けて後ろに飛び出ると、ヘルニアとして脊髄(せきずい)や神経を圧迫することになります。 引用元:頚椎椎間板ヘルニア - 徳島県医師会Webサイト

●どんな症状が現れるのか

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)では、主に手の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。ヘルニアの場所によって痛みやしびれが出る場所は違い、首筋や肩甲骨の辺りが痛くなることもあります。ヘルニアが大きい場合には足もしびれる、歩きにくいといった症状が出ることもあります。 引用元:椎間板ヘルニア|教えて、ドクター!腰・首・ひざの病気、Q&A

手足の症状が出る前に、首や腰の痛みだけを感じることもあります。急に症状が出ることもあれば、徐々に出ることもあります。
首のヘルニアでも腰のヘルニアでも、神経が非常に強く押されている場合にはおしっこやお通じが出にくい、漏れてしまうという症状が出ることもあります。
引用元:椎間板ヘルニア|教えて、ドクター!腰・首・ひざの病気、Q&A

頚椎椎間板ヘルニアを改善できる治療方法

改善の効果が期待できる、具体的な治療方法を紹介します。

●減圧手術

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

PLDDとは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、椎間板の中の髄核に刺したレーザーファイバーからレーザーを照射して髄核を蒸発させ椎間板ヘルニアを治療する方法です。椎間板を元に戻すわけではありませんので、仙骨ブロックなど従来の手術以外の治療法を試みて、効果が不十分な方にのみ行います。

引用元:PLDD:椎間板ヘルニアのレーザー治療|岩井整形外科内科病院

●摘出手術

代表的な術式であるPECD(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術)は、まず首の前方から直径約4mmの金属製の筒を椎間板に挿入し、その中に内視鏡を入れて、神経を押しているヘルニアだけを取り除く手術です。 引用元:頚椎椎間板ヘルニア | 腰痛の専門医による安心アドバイス

●切開手術

前方(喉側)から大きく切開して、椎間板と飛び出したヘルニアをすべて切り取り、椎骨同士を金属や骨移植で固定する手術「前方固定術」が長年、標準手術とされてきました。 引用元:頚椎椎間板ヘルニア | 腰痛の専門医による安心アドバイス

頚椎椎間板ヘルニア治療の実績が豊富な名医リスト

頚椎椎間板ヘルニアの治療に関する実績が豊富な名医を紹介します。

●伊東信久医師

脳神経外科や整形外科、レーザー治療を専門とする伊東くりにっくの院長。1ミリ程度と傷が小さいうえに日帰りが可能なPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)の第一人者で、これまでの実績は6,000症例以上。 引用元:このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

簡単な手術にもかかわらず、効果は抜群でした。すぐに頭痛がなくなるということはなかったのですが、家に帰って眠りについたとき、どこか安心感があったのです。気がついたときには朝になり、自然に目が覚めました。夜中になっても激痛に襲われず、ぐっすり眠れることがこれほど幸せだとは思いませんでした。

手術直後、頭痛が完全になくならなかったのは、私の場合、ヘルニアの他に骨が変形しているからだそうです。でも、今は日常的にはまったく問題ありません。 引用元:頭痛はどうなった?ヘルニアのPLDD治療口コミ体験談

●四方實彦医師

脊椎脊髄外科を専門とする、日本脊椎脊髄病学会・脊椎脊髄外科指導医。さらに、日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病認定医・リューマチ認定医・運動器リハビリテーション認定医でもあります。日本トップレベルの医療を提供する病院の院長は、1日2〜3件、1ヵ月に40数件のペースで手術を行なっているうえ、自分が手掛けた手術に安易に満足しないと肝に銘じているそうです。 引用元:このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

夜寝る時も痛がっていた主人が四方先生に手術していただいたおかげで、すっかり元気になりました。約1ヶ月入院して、会社を3ヶ月ほど休みましたが、しっかりと休んだため今はバリバリ働いています。 引用元:ヘルニアの切開手術の名医・京都の学研都市病院の口コミを調査

●大田快児医師

大田快児医師は品川志匠会病院で院長を務めるかたわら、自ら手術も執刀しています。切開法による治療を行っており、今まで行ってきた手術の症例数は5,000件以上。しかし大田医師は「まだまだ勉強不足」と自らに言い聞かせ、安全で的確な手術の確立を目指して日々研究を続けています。診察では上下関係を作らないように意識し、足並みをそろえて治療を行う大田医師の姿勢が患者さんから評判のようです。 引用元:品川志匠会病院の頚椎椎間板ヘルニア治療を徹底調査

とにかく術件数がすごく多いことに驚き信頼できると思い受診しました。
病院は品川駅からあるとて15分。先生の対応も優しく、今の脊椎の状況をきちんと説明していただけます。
待ち時間が以外にありませんでした。地下階の検査機器では通常のMRI以外に立位での画像も映すことのできるGスキャンがあり、設備も整っている病院です。
1階では外来患者さんよりも、入院患者さんの受付が混んでいましたので、手術が中心の病院なのだと思います。 引用元:品川志匠会病院の口コミ・評判(4件) - 品川区 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

早く頚椎椎間板ヘルニアを直したいならクリニック&病院選びが重要!

クリニックを選ぶ際には、その医師やクリニックが行っている手術の数を確認しましょう。
また、クリニックの設備やカウンセリングの丁寧さなど、自分が安心して任せられるポイントを確認しておきましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING