様々な治療法がある頚椎椎間板ヘルニア

様々な治療法がある頚椎椎間板ヘルニア画像

症状によって治療方法も様々な頚椎椎間板ヘルニア。その治療法やおすすめのクリニックをまとめました。

S9qYPae6 18 views 2018年12月5日

頚椎椎間板ヘルニアとは

頚椎椎間板ヘルニアとは首の病気です。
具体的にはどのような病気なのでしょうか。

頚椎には、頚髄(脊髄)とよばれる神経組織が通っており、脳から手や肩に向けて送られる信号は全てこの頚髄(脊髄)を通して届けられます。各頚椎の間には椎間板と呼ばれる組織があり、上下の頚椎を支えるクッションの働きを持っています。この椎間板が破れて各神経を圧迫するのが頚椎椎間板ヘルニアです。 引用元:頚椎椎間板ヘルニアとは | あいちせぼね病院

●主な原因

椎間板が飛び出してくる原因の一つとして、老化現象による機能の低下が挙げられます。頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、組織の中で最も早く老化が起こるとされます。そのため、劣化が進んで外側の膜に亀裂を起こし、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。 引用元:頚椎椎間板ヘルニアとは | あいちせぼね病院

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

代表的な治療方法を紹介します。

●安静療法

頚椎カラーというコルセットのようなもので首を固定し、患部を安静にする治療のことを指します。頚椎椎間板ヘルニアは骨と骨でクッションの役割を果たしている椎間板がつぶれて、中の髄核が飛び出している状態。これが神経を圧迫することで痛みになります。飛び出した髄核は免疫細胞の働きによって数ヶ月で小さくなるため、患部を安静に保つことが改善に有効。 引用元:安静療法|頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

●薬物療法

薬で神経の炎症を抑えて痛みを和らげる治療です。手術を行なわない場合の代表的な保存治療法のひとつで、多くの患者さんは薬物療法をしている間に自然と良くなることが多いようです。頚椎椎間板ヘルニアの治療でもちいられることが多いのが「非ステロイド性炎鎮痛薬」「筋弛緩薬」「オピオイド鎮痛薬」「神経性疼痛緩和薬」。薬の効果が強いほど、眠気や吐き気などの副作用が起こりやすくなるので服用には注意が必要です。 引用元:【保存的療法】薬物療法|頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

●PLDDレーザー治療

椎間板にレーザーファイバーを刺して飛び出ているヘルニアの髄核にレーザーを照射し、椎間板を縮ませることで、ヘルニアの突出が自然となくなるようにする治療方法です。ヘルニアによる神経の圧迫が軽減され痛みや痺れが改善します。 引用元:頚椎椎間板ヘルニアの治療法と病院を徹底調査

●内視鏡摘出手術治療(MED)

首の斜め前から内視鏡レーザーを挿入し、神経を圧迫しているヘルニア部分を除去できる内視鏡摘出手術治療。中度~重度のヘルニアに効果がある手術であり、従来の切開手術とは違い、数ミリ単位の切開で済みます。大部分の椎間板組織を保存しながら行なう最新鋭の治療であり、患者さんへの負担が少ない治療です。しかし、食道や気道という体の中でも重要な部位にかかわる手術になるので、クリニック選びや担当医選びが何よりも重要といえるでしょう。 引用元:内視鏡手術治療|頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

頚椎椎間板ヘルニア治療にはリスクがあることを知っておきたい

頚椎椎間板ヘルニアの治療にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

●PLDD

比較的リスクの少ない方法ですが、レーザーの制御をうまく行なわなければレーザーで周辺の組織を傷つけるリスクがあります。わずかな例ですが、手術で空洞化させた周辺の骨が壊死してしまった例もあるようです。

また重症例ではPLDDが適用できず、手術を行ったとしても効果があまり見られないというケースもあります。 引用元:危険性は?頚椎椎間板ヘルニアの手術のリスクについて

●内視鏡摘出手術

内視鏡手術は肉眼に比べて術中の視野が狭く、立体的に患部をとらえることが難しいため、熟練した医師でなければリスクが大きくなります。

状況によっては内視鏡手術を行っている途中で通常の切開手術に切り替えることもあるようです。 引用元:危険性は?頚椎椎間板ヘルニアの手術のリスクについて

PLDDの合併症のほとんどは椎間板炎で、発生率は0.3%~1.0%となっています。この治療法が実施されてから、頚椎椎間板ヘルニアの再発率は23年間で4~5%です。リスクが少なく、重大な合併症を引き起こす可能性はほとんどありませんが、化膿性椎間板炎・出血・創部感染・熱傷性脊椎炎といった合併症を引き起こす危険性があります。

引用元:危険性は?頚椎椎間板ヘルニアの手術のリスクについて

頚椎椎間板ヘルニアの治療を受けられる病院一覧

頚椎椎間板ヘルニアの治療を行っている、おすすめのクリニックを紹介します。

●伊東くりにっく

局所麻酔やメスによる切開がないと、体への負担が少ないPLDD手術が専門。高度な技術が必要になるため、施術できる数少ないクリニックです。これまで、6,000件を超える手術実績があり、全国から患者さんが訪れています。 引用元:このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

●慶友整形外科病院

脊椎疾患・外傷、脊柱変形といった、専門性の高い治療については、慶友脊椎センターにおいて経験豊富な脊椎専門医が担当します。他にも、スポーツ医学・人工関節・リウマチ・上肢機能再建・転倒骨折予防医学・慢性疼痛などの付属研究所があります。 引用元:このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

●岩井整形外科内科病院

先生方はまさにプロフェッショナル軍団。医者なんだからプロで当たり前、と思われるかも知れませんが、そのプロの医師の中でも、更に専門的な知識、経験のある先生ばかりなので、安心して任せられると思いました。リハビリも受けていますが、リハ室スタッフも元気で明るく、皆さんとても優しい。腰が痛い、膝が痛い、という痛みを抱える患者の気持ちに寄り添ってくれます。 引用元:口コミ・評判: 岩井整形外科内科病院 - 江戸川区(医療法人財団 岩井医療財団) 【病院なび】

安心して治療を受けたいなら病院選びが大切

手術の症例が多いクリニックや、頚椎椎間板ヘルニアの治療に精通している名医を探して、安心して治療を受けましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING