肌へのダメージを最小限に抑えたウルセラ式アンチエイジングとは

肌へのダメージを最小限に抑えたウルセラ式アンチエイジングとは画像

人気のアンチエイジングケア、ウルセラとはいったいどのようなものなのか、従来のたるみ治療との違いなどをまとめました。ウルセラ治療のメリットやデメリット、さらに治療後のダウンタイムの有無などもまとめています。

S9jpecKv 494 views 2018年12月19日

老け顔の原因となる「たるみ」の原因

頬やまぶたなどが下がって見える「たるみ」は顔に年齢を感じさせる原因の一つです。老け顔に見せてしまうたるみの原因とは一体どのようなことなのでしょうか。

たるみの原因は大きく分けて3つ考えられます。それは、(1)肌弾力の低下、(2)代謝機能の低下、(3)筋力の低下です。肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが減少すると、弾力が失われてしまいます。代謝機能が低下すると皮下脂肪が厚くなり、重力の影響で下がりやすくなります。また、顔の筋力が衰えると、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなってしまうのです。 引用元:たるみの原因と対策|DHC薬用Qシリーズ

3つの原因があるという事です。

・肌弾力の低下

肌弾力の低下はどうして起こるのでしょうか

真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。 引用元:たるみの原因 _ 顔のたるみ研究所

・代謝機能の低下

基礎代謝量は、加齢とともに低下します。そして、基礎代謝が落ちると肌細胞の活力や新陳代謝も衰え、肌のトラブルにつながります。 引用元:肌の衰えは「代謝の低下」が原因!? 代謝アップで肌もツヤぴか:朝日新聞Reライフプロジェクト

・筋力の低下

表情筋など顔の筋肉は、体の筋肉に比べてもともと薄く弱い。普段、表情に乏しいなど、筋肉を使わないでいると衰えやすく、ハリがなくなる。悪い姿勢も要注意で、顔の筋肉を下方向に引き下げ、弱らせる一因に。顔の筋肉を使わないでいるとむくみやすく、それもたるみの原因に。 引用元:30代から気になる「たるみ」3つの原因|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

たるみの原因となる3つの要素は、どれも年齢が関係してきます。だからこそ、たるみ=老け顔の原因といわれるのかもしれませんね。

ウルセラ治療の基礎知識

たるみの治療として注目されている「ウルセラ」ですが、一体どのような治療なのでしょうか。
ウルセラの治療法をはじめ、今までの治療法との違いについてもまとめました。

・治療法

高密度の超音波をあてることで、SMAS層(表在性筋膜)を引き上げてたるみを解消します。
SMAS層(表在性筋膜)を引き上げる治療としまして外科的手術のフェイスリフトがありますが、切開までは考えていないという方も多くいます。
そんな方々に、ウルセラはとても人気な治療方法になります。

また、別名「切らないフェイスリフト」とも言われています。 引用元:ウルセラ | フェイスリフトなら美容外科、美容整形の城本クリニック

超音波を使用するため、術後の赤みや腫れもほとんどなく、たるみを強力にリフトアップできます。
持続期間は半年~1年持続と、マシン施術の中でも長く、高効果です。 引用元:ウルセラシステムによるたるみ治療 | 若返り・アンチエイジング | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック

ウルセラがたるみの改善効果が期待できる治療であることが分かります。

・従来のたるみ治療との違い

ウルセラは新しい治療法ということですが、従来の治療法とは何が異なるのでしょうか?

ウルセラとの大きな違いは、フェイスリフトが外科手術であること。それが第一に挙げられるでしょう。

メスを使って皮膚を切開するわけですから、静脈麻酔をかけて管理せねばならず、どうしてもリスクがともないます。さらに、切って縫った後になるので、当然ながら傷や違和感が残ります。額やこめかみの生え際や頭皮の部分の傷なら目立たないのですが、ほほや口元のたるみを引き上げるフェイスリフト手術の場合は耳の前を切ることとなるため、見える位置に傷が残ります。 引用元:【医師監修】ウルセラとフェイスリフトの違い

従来のたるみ治療で一般的だったのがこのフェイスリフトという治療だったようです。メスを使うか、使わないぁという点は大きな違いですね。

サーマクールの効果は引き上げ(リフトアップ)作用よりも、引き締め作用の方が強力です。サーマクールの効果を10とすると、たるみを引き上げる作用4割、たるみの膨らみを引き締める作用が6割程度です。
それに対してウルセラは、膨らみを引き締める作用はほぼなく、強力な引き上げ効果のみです。この引き上げ作用のため、ウルセラは『手術の要らないフェイスリフト』と呼ばれます。 引用元:ウルセラとサーマクールの違い | ウルセラ×ダブロ【きらないタルミ治療】プライベートクリニック吉祥寺公式ホームページ

ウルセラに似た治療でサーマクールがありますが、こちらも引き締め効果と引き上げ効果という違いがあるそうです。

・料金相場

従来の治療に比べて引き上げ効果が高く、メスで切らない治療が受けられるウルセラですが、その料金が気になるところですよね。

顔全体にウルセラの照射を受ける場合、施術費用は20万円から40万円と、クリニックによって価格は違います。相場で言えば30万円程度、あご下まで照射して40万円程度といったところでしょう。 引用元:【医師監修】ウルセラ式|切らずに自然に、マイナス5歳のたるみ治療

ウルセラシステム(たるみ引き上げ作用)
顔全体(首含む) 260,000円    額除く顔(首含む) 200,000円   額100,000円
2~3ヶ月後のポイント追加照射 3~4万円 引用元:料金表 _ みやた形成外科・皮ふクリニック

顔全体にウルセラ治療を受ける場合の相場は、30万円台半ばがほとんど。ただクリニックによっては、ホームページに「キャンペーン価格」と銘打って、値下げしているパターンをよく見かけます。なかには通常価格より10万円も低い設定になっているから驚きです。 引用元:ウルセラ若返り治療の費用と相場

治療といっても、ウルセラは美容のための治療なので、全額自己負担による治療になるため、治療を行うクリニックごとに自由に料金を決められます。
そのため、クリニックによって料金には違いがあります。

ウルセラ治療を受けることのメリット・デメリットって何?

たるみの治療として効果的といわれているウルセラですが、ここでメリットとデメリットについてまとめてみます。

・ウルセラのメリット

ウルセラ(Ulthera System)が便利な点は、外科手術を行うことなく施術ができるという負担の少なさと、気軽さです。施術を希望する場合、取り扱いのある美容クリニックなどを訪れ、簡単な肌質チェックなどをすればすぐに施術が可能です。ウルセラ(Ulthera System)の照射は約30分程度で終わり、麻酔をかける必要もありません。 引用元:ウルセラ治療のメリット|美容のときに気をつけること

メスや針をつかわない超音波による治療になります。ダウンタイムもなく、すぐにメイクしてからお帰り頂くことができます。 引用元:ウルセラ治療でたるみ改善|クリニーク大阪心斎橋

短時間で治療がおわり、すぐにメイクもできるほど、お肌にはダメージがほとんどない治療というメリットがあるようです。

・ウルセラのデメリット

良い部分が多くみられるウルセラですが、デメリットはないのでしょうか。

ウルセラは、一番ピークの強いエネルギーで、副作用がなく、最大限のリフトアップ効果が出るように設定されています。そのため、強く当てるほど効果は出ますが、痛みを伴います。痛みが強ければ、パワーを下げればよいのですが、下げればリフトアップ効果も間違いなく下がります。 引用元:ウルセラの問題点 | ウルセラ | Dr.牧野の最新美容情報 | まりもクリニック

やはり痛みはある程度あることが分かります。

未熟なドクターが神経に照射してしまうと、皮膚が赤くなるなどのトラブルが生じる可能性があります。ですので、なるべく経験値の高いドクターを選びたいものです。 引用元:ウルセラ治療の失敗の有無や痛み・ダウンタイムを調査

ウルセラはまだ比較的新しい技術ということもありますが、あまり治療経験がないドクターでは効果が実感できないケースもあるようです。治療をするドクターの技術にも左右されるというデメリットがあるようですね。

ウルセラにもダウンタイムはあるの?

治療を行ってから、治療によって起こる腫れや赤みなどが回復する時間をダウンタイムといいますが、ウルセラの治療ではダウンタイムがないと言われていますが本当でしょうか。

ウルセラにダウンタイムはありますか?
ほとんどないと申し上げてもよいのですが、まれに軽い浮腫や赤みが生じることがあります。ほとんどの場合、施術後30分、遅くとも1週間程で自然消失します。 引用元:ウルセラにダウンタイムはありますか? | ペルラクリニック神宮前 - PC専用ホームページ

ダウンタイムは殆ど必要なし
ウルセラシステムは、超音波が集中して当たる部分だけに熱ダメージが加わるので、肌の表面や他の組織には殆どダメージを与えません。照射終了後は、赤みが生じますが、ほとんどの場合1時間以内には鎮静します。 引用元:ウルセラシステム-しわ・たるみ改善|美容整形ならリッツ美容外科

通常の出力で施術した場合は、腫れることはまずありません。

高い効果を出すためには、できるだけ高出力の施術ををオススメします。出力を上げるにつれ組織の熱ダメージが強くなり、熱ダメージの反応として、頬や顎下が腫れぼったくなることは十分に考えられます。
引用元:ウルセラリフト Q&A全集(その1)|たるみ・しわ改善ナビ 監修 宝塚ヒルズクリニック

通常の出力であればほとんどのケースでダウンタイムは不要のようですが、より高い効果を得るために、出力を高くしたケースで腫れや赤みなどが続く事があるようですね。

たるみ解消して新しい自分に出会おう

たるみを引き上げるための新しい治療ウルセラで、新しい自分に出会えた人たちの声をまとめました。

今2ヶ月目経ちましたが、頬が少し上がった気がします。
このウルセラシステムのいいところは、少しずつ効果が出ること。
夫には表情が明るくなったと言われました。 引用元:ウルセラシステム、受けました。【体験談・評判】 - 美容整形の口コミ広場

ウルセラ体験談

動画で見ると違いがかなり分かりますね。

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=JqqMV_KANm8

まとめ

たるみが解消するだけでも、老け顔から若々しい顔になり、自然と気持ちも明るくなっていきます。たるみのせいで気持ちがふさぎ気味という方や、少しでも若々しくみられたいという希望を持つ方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING