東京で脂肪溶解注射の実績豊富なクリニックまとめ

東京で脂肪溶解注射の実績豊富なクリニックまとめ画像

脂肪溶解注射は脂肪を溶かし尿や便として排出することで痩せる方法です。部分的にも使えるので人気もある施術になります。今回はそんな脂肪溶解注射について見ていきましょう。また東京で評判のクリニックも紹介します。

yasu79co 703 views 2018年12月8日

脂肪溶解注射の基礎知識

脂肪溶解注射とはどのような効果があり、どのようなものが使われるのでしょうか?
興味があるなら知っておきたい最低限のことをまとめました。

脂肪溶解注射
痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。
手術ではなく治療で、極細の針で注射を打つだけなので、気軽に行える方法として大変人気の高い治療法です。 引用元:脂肪溶解注射 _ メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

脂肪溶解注射の薬剤として主流なものは、脂肪溶解作用が高い大豆由来フォスファチジルコリン(レシチン)を使用したものです。しかし、クリニックによっては、脂肪溶解成分100%の薬剤ではなく、他の有効成分と称して独自にブレンドしているところが多いのが現状です。その場合、脂肪を溶かすために必要な成分量に達していないことがあるので要注意。 きちんとした効果を得るためには、脂肪溶解成分として優れている高純度のフォスファチジルコリン(レシチン)だけを使用した脂肪溶解注射が一番オススメです。 引用元:脂肪溶解注射クリニック比較ガイド・東京編

脂肪溶解注射に使われる薬剤にはどのようなものがあるのでしょうか。

フォスファチジルコリン
脂肪細胞の細胞膜だけを壊す性質を持ち、脂肪細胞の数や血液中のコレステロール、中性脂肪の量を減らしてくれます。 引用元:脂肪溶解注射クリニック比較ガイド・東京編

L-カルニチン
脂肪溶解注射にカクテルするL-カルニチンは、体内で遊離脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運ぶ働きがあります。
ミトコンドリアの中で脂肪酸が燃焼することによってエネルギーが生成されます。

引用元:脂肪溶解注射 _ メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

αリポ酸
αリポ酸は細胞内のミトコンドリアの補助エンジンとなって、新陳代謝をあげる働きがあることが知られています。
炭水化物やたんぱく質、脂肪や糖をエネルギーに変換しやすくします。 引用元:脂肪溶解注射 _ メソセラピー・痩身なら美容外科、美容整形の城本クリニック

サポニン
大豆や高麗人参などに多く含まれている成分で、コレステロールを除去したり脂肪の蓄積を抑制してくれる働きがあります。 引用元:脂肪溶解注射クリニック比較ガイド・東京編

短期間で効果を実感できる脂肪溶解注射のメリットとは

脂肪溶解注射にはどのようなメリットがあるのでしょうか。脂肪を溶かしてくれるだけで素晴らしいメリットだとは思いますが、他にも良い部分がありますよ。

希望の部位をダイレクトにピンポイント痩身
脂肪溶解注射を太ももの気になる部分に打てば、その部分だけ薬剤が徐々にセルライトを溶かし、老廃物として体外に排出してくれます。他にも脂肪の付きやすい、顔まわりなど、なかなか脂肪を落とすのが難しい、細かい場所を指定して部分的にアプローチすることができます。

引用元:脂肪溶解注射の口コミからメリットとデメリットを紹介

メスを使わず体に傷をつけない
溶解注射ならば、一切メスを使わず注射針を直接打ち込むだけなので傷が残ることはありません。体を切られないということは、施術を決断しやすくなりますし、何より安心して施術を行うことができます。
施術後も人にバレにくく、自然に美しいボディを手に入れることが可能です。 引用元:脂肪溶解注射の口コミからメリットとデメリットを紹介

施術時間が短時間で済む
施術時間も手術するのとは明らかに短く済みます。施術時間だけなら注射を打つだけですから5分〜10分程度、準備やカウンセリングなどを合わせると30分程度で終わり、そのまま自宅に帰れます。これが脂肪吸引だと大掛かりな手術になるわけですから数時間もの施術時間を要します。 引用元:脂肪溶解注射の口コミからメリットとデメリットを紹介

治療前に知っておきたい脂肪溶解注射のリスク

脂肪溶解注射ですが、メリットだけでなくリスクも少なからず存在します。メリットだけでなくリスクにも目を向けることが大切です。

人によっては内出血やアザができたりすることもありますが、数日で消えてしまうのでこちらについても、心配ありません。しかし、やはり個人差がありますので、数日経っても腫れや痛みが引かない、などの症状がある場合には医師に相談しましょう。

引用元:脂肪溶解注射の成分と副作用

注射した部位が腫れることもあるので、もし顔など目立つ部分に脂肪溶解注射をする場合は、会社や学校は念のため、休んだ方がいいかもしれませんね。

引用元:脂肪溶解注射の成分と副作用

脂肪溶解注射の薬剤のひとつである「フォスファチジルコリン」には大豆由来成分の大豆レシチンが含まれているため、人によっては、アレルギー反応を起こす場合もあります。リスク回避のため、施術前にパッチテストをしてアレルギー反応の有無を確認してくれるクリニックがほとんどですが、もし吐き気がしたり、注射したところが赤くなってかゆいような場合は施術を中止しなければなりません。 引用元:脂肪溶解注射の成分と副作用

ここなら安心!東京で脂肪溶解注射を受けるならこのクリニックで決まり

東京で実績があり、評判なクリニックを紹介します。やっぱり評価が高いと安心しますよね。

表参道スキンクリニック
・患者様とのコミュニケーションを大切にしています
当クリニックは患者様の立場に立ち、今抱えている不安や悩みなどを解消するため、丁寧なカウンセリングを行なっています。
・経験と実績による医療の提供
当クリニックは、美容皮膚科医、美容外科医が多数在籍しております。安心感を与えられるような治療を目指しております。
・いつもドクターがそばにいてくれるという感覚
当クリニックは気軽に相談できる環境作りを心がけています。術後のケア、美肌づくりのアドバイスなどいつでもすぐにお応えいたします。 引用元:クリニックの理念 _ 表参道スキンクリニック

アーツ銀座クリニック
患者様がどのような悩みや問題点を抱えていらっしゃるのか、その悩みをどのように解消していくかを、カウンセリングを通して一緒に考え、患者様一人一人に合ったより良い治療計画を立てていきます。

引用元:脂肪溶解注射クリニック比較ガイド・東京編

青山セレスクリニック
当院は、セルスチャルなcelestial(最高の)サービスのご提供をめざしております。
安全で、安心して受けられる快適な医療サービスを提供します。経験豊富なドクターによる万全のアフターケアをお約束します。
「最高の技術と責任をもって1人1人の患者様を大切に、そして安心して治療を受けていただきたい。」これが美容外科・美容皮膚科の東京・埼玉・青山セレスクリニックのポリシーです。 引用元:美容外科・皮膚科・レーザー脱毛|青山セレスクリニック - 東京青山院,埼玉川口院

クリニック選びに迷ったら口コミや評判をチェックしておきたい!

クリニックを選ぶ際は、口コミや評判、体験談などを調べることが重要なことになります。しっかりとネットでの下調べが重要ですよ。

すごく分かりやすく、細かいところもしっかりと教えて下さりました。
一度出来てしまった脂肪を小さくすることは出来るが無くすことはできないと聞きびっくりしました。 引用元:出来た脂肪の数は減らないと聞き、治療を行う事にしました _ 口コミ・体験談

表参道スキンクリニックの口コミですが、できないことはできないと言い切ってくれると信頼も増しますよね。

かなりこと細かくカウンセリングして頂きました。
施術以外(やるとしたら…)の部分の(ここはこうするのがいい等)説明もありましたが、決して強制や無理にすすめるのではなく、“あくまで提案”といった感じで話してる間も嫌な感じは受けませんでした。 引用元:左右差を無くしたくて、脂肪溶解でクリニックを探していました _ 口コミ・体験談

カウンセリングも良いクリニックを判断するための基準になります。

脂肪溶解注射についての基礎知識からメリットやリスク、東京のクリニックを紹介しました。もっとも重要なのは良いクリニックに出会えるかどうかということです。クリニックの選びのポイントは、口コミや体験談、評判を調べることと、カウンセリングを受けることです。カウンセリングは無料ですので、とりあえず話だけすることもできますよ。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING