さまざまな治療法が確立されている下肢静脈瘤を治すなら大阪のクリニックがオススメ

さまざまな治療法が確立されている下肢静脈瘤を治すなら大阪のクリニックがオススメ画像

足の血管が膨れてこぶのようになってしまう「下肢静脈瘤」について、その治療方法やおすすめのクリニックをまとめました。

hiro3mi 461 views 2018年12月12日

下肢静脈瘤ってどんな病気?

あまり聞きなれない下肢静脈瘤という病気。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。

足(下肢)の静脈血管で起こることが多いものを下肢静脈瘤と言います。
血管の中には弁(べん)という組織があり、足から心臓のほうへ向けて流されている血液が下へ逆流してしまわないように、フタの役割を担っています。
この弁がうまく機能しないことで、血液は下へ逆流。心臓に向けて流れる血液と合わさり、血液の停留する原因となるのです。 引用元:大阪にある下肢静脈瘤治療の専門クリニック5選

下肢静脈瘤とは足の血管がふくれてこぶの様になる病気です。“すばこ”と呼ぶ地域もあります。良性の病気ですので、治療をしなくても健康を損なうことはありません。しかし、自然に治ることはありませんので、足にこぶの様な血管が目立つ見た目の問題、だるさやむくみなどの症状が日常的に起こり、患者さんを苦しめます。重症になると、湿疹ができたり、皮膚が破れたり(潰瘍)、出血をおこすことがあります。 引用元:下肢静脈瘤とは?|下肢静脈瘤専門の日帰り手術・お茶の水血管外科クリニック

下肢静脈瘤の改善が期待できる治療方法

下肢静脈瘤には、どのような治療方法があるのでしょうか。
代表的なものをいくつか紹介します。

●圧迫療法(弾性ソックス)

サイズ、病態に合わせて選びます。下肢静脈瘤ではハイソックスタイプが第一選択になります。下腿の圧迫が最も重要であること、ストッキングタイプとハイソックスタイプとの比較では静脈還流の血行動態の改善度にあまり差がないこと、ハイソックスタイプの方が履きやすいことなどが理由です。 引用元:下肢静脈瘤における医療用弾性ストッキングを用いた圧迫療法 医療用弾性ストッキングの効果と使用目的:下肢静脈瘤を正しく見...

●硬化療法

硬化療法は静脈に硬化剤を注入し、静脈瘤をつぶしてしまう治療法です。硬化剤は血管の内側をくっつける糊のような働きをします。血液が流れなくなった血管は徐々に退化し、そのうち静脈瘤は消えてしまいます。弁が壊れ、働かなくなった不用の静脈を硬化させるのですから、血管が閉塞・退化することによるデメリットはまったくありません。硬化療法は注射するだけで済むため、患者さまにとって負担の少ない治療法です。 引用元:足健康 下肢静脈瘤情報サイト:基礎知識 3.下肢静脈瘤の治療方法 -3

●ストリッピング手術

ストリッピングとは英語で「剥ぐ」「剥ぎ取る」「引っこ抜く」などの意味があります。1900年台前半から100年以上行われたきた治療法で、弁が壊れて逆流している伏在静脈を、手術で抜き去ることで下肢静脈瘤を改善させる手術です。
鼠径部と呼ばれる足のつけ根、膝部分の2ヶ所をメスで2cmほど切開し、伏在静脈に手術用のワイヤーを挿入して血管と糸で結び、ワイヤーごと静脈を抜き取ります。
引用元:下肢静脈瘤のストリッピング手術の特徴やメリット・デメリットは?

●レーザー治療

静脈の中に細いレーザーファイバーを通して、レーザーの熱によって静脈をふさいでしまう方法です。以前から行われているストリッピング手術は、太ももの悪くなった静脈を手術で取り除きますが、レーザー治療は中から静脈をふさいで血を流れなくしてしまいます。カメラで行う胆石の手術と同じ、“低侵襲治療”と呼ばれる体に優しい治療です。 引用元:レーザー治療ってどんな治療法?|下肢静脈瘤専門の日帰り手術・お茶の水血管外科クリニック

●高周波治療

ラジオ波は300kHzから6MHzの高周波を使用して、100℃前後の熱を発生させることで各種治療に使用されている電磁波です。
下肢静脈瘤の手術で使用する機器は460kHzの高周波を発生させ、レーザー手術と同じように静脈壁を焼灼する方法になります。
このシステムを使用することで、「周囲組織が傷つかない」「静脈壁を均一に焼灼できる」「時間的に早く処置できる」という特徴があります。 引用元:下肢静脈瘤の治療に使用するレーザーと高周波(ラジオ波)について

大阪で下肢静脈瘤手術に定評のあるクリニック

大阪で下肢静脈瘤の手術を行っているおすすめのクリニックを紹介します。

●坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニックの下肢静脈瘤手術は、16,000以上の実績があり、高い技術で安全な治療をしてくれると評判です。
静脈瘤の治療では、まず下肢全体を調べて静脈瘤の状態を詳しく知り、検査結果をもとに手術、硬化療法などの治療方針をたてます。その際、静脈瘤を詳細に調べるために、坂田血管外科クリニックでは最新最高の超音波機械(東芝Xario XG)を用います。

引用元:坂田血管外科クリニック(大阪)の下肢静脈瘤治療の口コミ

●梅田血管外科クリニック

下肢静脈瘤高周波・レーザー治療専門病院の、梅田血管外科クリニック。血管外科医としての豊富な経験にもとづいた、適切な診療と検査をしてくれることで評判です。

いま患者さんにあらわれている症状、そしてこれからの治療方針や手術についての詳細な説明をしてくれ、最新の高周波・レーザーカテーテルを使った安全、安心で痛みの少ない下肢静脈瘤治療を実施しています。 引用元:大阪・梅田血管外科クリニックの下肢静脈瘤治療の口コミ

●湘南メディカルクリニック

「痛くない、怖くない、不安がない」、「手術時間わずか15分」、「寝ている間に手術が終わる」という安心な治療で、下肢動脈治療実績件数は2012年9月から2015年5月までで12,086件となっています。
必要に応じ、患者の症状に合わせてレーザーや硬化療法で治療をします。さらに、保険適用ができるレーザーをはじめ、Nd-YAGと呼ばれる最新機器からも選べるとのこと。湘南メディカルクリニックは、基本的に切らない治療を推奨しているようです。

引用元:湘南メディカルクリニック大阪院の下肢静脈瘤治療の口コミ

●ラジオロジークリニック扇町

大阪で最も早くレーザー装置を導入したクリニック。開院以来、さまざまな静脈瘤の治療にあたり、レーザー焼灼術においても、多くの重症例や珍しい症例も含んで1000例以上の経験があります。

初代装置から現在の装置は3代目で、性能は次々とよくなり、術後の痛みや皮下出血はほとんどなくなりました。 引用元:下肢静脈瘤治療ができるラジオロジークリニック扇町の口コミ

●柿木外科クリニック

下肢静脈瘤の日帰り手術においては、平成16年以来、5,400例を超える手術症例数があり、長年に渡る経験、手術実績を生かし、症状に合わせた最適な治療を提供しています。
診察、手術、術後の経過観察まで全てを院長がおこなうので、安心して治療を受けることができます。 また、外来で出来る範囲で怪我の処置等一般外科の治療もおこなっています。

引用元:レーザーで下肢静脈瘤の治療ができる柿木外科クリニックを調査

下肢静脈瘤手術の実績豊富なクリニックを選ぼう

下肢静脈瘤の手術を受ける際には、ネットで調べるなどして手術の実績が豊富なクリニックや医師を探しましょう。
手術前のカウンセリングなどで、不安や疑問はクリアにしておくと安心して手術を受けることができます。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING