脂肪吸引する前に体験談ブログをチェックしておきたい!

脂肪吸引する前に体験談ブログをチェックしておきたい!画像

脂肪吸引を受けてみたけど、体に器具を入れたりするので怖いなどを思っている方は少なからずいます。そんな方に向けて、実際に脂肪吸引を受けたことのある方の体験談が書かれているブログをチェックしてから脂肪吸引を受けましょう。

qplaea4awa25 539 views 2018年12月21日

脂肪吸引の種類

ここでは、脂肪吸引の基礎知識から施術方法までを紹介していきます。

日本での脂肪吸引は約20年以上前に始まりました。欧米ではそれ以前から脂肪吸引がありましたので、そのデータをもとに医療機器が開発されました。

最初の数年間は、脂肪吸引という言葉そのものも一般的ではなく、手術をするドクターも現在と比べると手探り状態であったと言えます。 つまり、どの程度吸引すれば良い結果が出るかわからず吸引しすぎたり、逆にあまり吸引せず結果が十分でないということも起きていました。 引用元:基礎知識 _ 脂肪吸引なら美容外科、美容整形の城本クリニック

脂肪吸引は、脂肪が多くついている気になる部位から脂肪細胞を吸引する医療です。

脂肪細胞は縮んだり膨らんだりします。脂肪細胞が膨らむと太って見えったりしてしまいます。脂肪細胞を吸引することで、太って見える原因を少なくすることができるので、見た目もスリムでリバウンドしづらい体にすることができます。
※個人差があります。 引用元:脂肪吸引・痩身 _ 脂肪吸引・痩身なら、口コミで評判の【共立美容外科】

脂肪吸引は美容外科手術の中でも比較的大がかりな手術として分類されていましたが、医療の進歩とともにさまざまな器具や手法が誕生したことで、体への負担は以前よりもずいぶん軽減されていると言われています。 引用元:意外とよく知らない・・・脂肪吸引の種類と費用ってどのくらいなの?? - Peachy - ライブドア

カニューレで脂肪をダイレクトに吸引する脂肪吸引以外にも、カニューレやメスを使用しない“切らない脂肪吸引”が登場し、最近ではかなり人気を集めています。 引用元:意外とよく知らない・・・脂肪吸引の種類と費用ってどのくらいなの?? - Peachy - ライブドア

脂肪溶解注射は、安全減量が出来る新しい痩身法です。また、脂肪吸引などの痩身法に比べ、身体への影響が少なく比較的安く診療が受けられます。

脂肪溶解注射は、注射によって脂肪溶解剤を脂肪組織に注入し、脂肪を分解、溶解させます。先進国ではすでに美容医療として認められ、肥満の治療法として取り入れられています。
引用元:脂肪吸引術の種類|脂肪吸引.com

脂肪吸引することのメリット・デメリット

ここでは、脂肪吸引することのメリット&デメリットについて紹介していきます。

・メリット

脂肪吸引の手術では、欧米では常識となっている全身麻酔・局所麻酔(硬膜外麻酔)二つの方法からご希望の方を選んでいただけます。眠っている間に手術を終わりたい方、知らない間に手術をされるのは不安だという方、その患者様のお気持ちを汲みとることも、専門医師として為すべきことであるという考えから、医師と相談して頂き、選んでいただいています。 引用元:静岡 脂肪吸引 _ 静岡の美容外科・美容整形なら城本クリニック静岡院

通常のダイエットでは体全体の脂肪が燃焼されるため、部分痩せをするのはなかなか難しいです。しかし、脂肪吸引は痩せたいと思った部分の「脂肪細胞の数を減らす」ので、痩せたい部分をピンポイントで整えることができます。 引用元:正しく知ろう!脂肪吸引のメリットとデメリット _ スキンケア大学

一般的なダイエットよりも、早く効果が出るという点もメリットとして挙げられるでしょう。ダイエットは運動や食事制限などを何ヶ月も続けて、ようやく目に見える効果が出てきますが、脂肪吸引は施術を受けた時点で、効果が出ます。時間をかけて脂肪を燃焼させるか、脂肪をそのまま取り除くかでは、その効果が出る早さは一目瞭然です。 引用元:お腹の余分な脂肪を除いて、スリムにする「脂肪吸引」とは?|聖心美容クリニック大宮院

ダイエットをして脂肪を減らしても、脂肪細胞の数自体は減らず、放っておくとまた簡単にリバウンドしてしまいますが、脂肪吸引なら脂肪細胞の数そのものを減らすことができるため、施術を受けた後に脂肪細胞が大きくなったとしても、以前のような太り方にはなりません。
つまり、リバウンドのリスクも減らすことができるのです。 引用元:お腹の余分な脂肪を除いて、スリムにする「脂肪吸引」とは?|聖心美容クリニック大宮院

小顔になりたい、脚だけスッキリ細くしたいなど、ただがむしゃらにやせようとするのではなく、体の一部分をスリムにさせてバランスのとれたカラダをつくる、いわゆる部分痩せ。

確かに、顔が小さく見えたり脚が細くなるだけでも全体的にスリムになったイメージを与えるのですから、理想的な方法といえます。しかし、本来脂肪は体中からまんべんなく燃焼されるため、マッサージやスリミング剤などでの部分痩せは非常に困難。

部分痩せの方法としても効果的なのが、脂肪の多く分布されている部分、すなわち気になる部分の脂肪を取り除くことができる脂肪吸引なのです。 引用元:脂肪吸引 _ 診療項目 _ 石倉クリニック

・デメリット

手術後、脂肪吸引部に出現する内出血ですが、その後実は徐々に下の方に移動していきます。この現象に驚かれる方は非常に多いですが、通常現れる現象ですのでご安心ください。そもそも内出血とは、皮下で出血が起きた状態です。皮下で出血した血液は固まり、それが重力に従って下に下がってきます。 引用元:脂肪吸引後、見た目が自然になるまでどれくらいかかるの? _ 女医が教える美女力アップ塾

脂肪吸引には効果が確実であると言う反面、少なくても20万円以上の費用が必要になってきます。太もも全体の吸引になるともっと高額になります。しかし、ダイエットであればタダです。もしくは食費やお菓子代が浮きます。 引用元:脂肪吸引の思わぬ落とし穴|知っておくべきデメリットとは

脂肪吸引手術のデメリットとして、体に大きな負担を与えることが挙げられます。執刀中に内臓にダメージを与えるケースや、感染症のリスクなどもあり、執刀中のミスで死亡例があるなど、注意が必要です。 引用元:脂肪吸引とキャビテーションの違い|Bloom銀座・表参道・新宿・横浜痩身エステ

以上が、脂肪吸引のメリット・デメリットとなります。治療内容をちゃんと把握して素敵なボディになりましょう。

これは見ておきたい!おすすめの脂肪吸引ブログ

ここでは、脂肪吸引を受ける前にチェックしておきたい脂肪吸引を体験した方々のブログを紹介していきます。

・えむ子の脂肪吸引ストーリー

今まで、エステ、ジム、ファスティング、置き換えダイエット、食事制限、通販のダイエットマシーンなど様々なダイエットに挑戦してきたというえむ子さんが、ダイエットとリバウンドをくり返す日常から脱するために脂肪吸引に挑戦しています。 引用元:【体験レポ】太もも・お腹・二の腕を脂肪吸引!手術中の痛みや術後の生活も全部見せます

・うぃるのブログ 脂肪吸引体験

一応脂肪吸引は3ヶ月経って、なんかもし変わったようなことがあれば、報告していくつもりです

あとあと今もちょくちょくメッセージとかももらうので、コメントで書きにくかったりしたら、ぜひぜひメッセージ送ってください~

ず~っと痩せれなかった私でもきれいになれたので、答えれることあれば喜んで答えますよ~ 引用元:☆うぃるのブログ☆脂肪吸引体験

脂肪吸引のダウンタイム

ここでは、脂肪吸引を行ったあとに必要となってくるダウンタイム期間の過ごし方や注意点を紹介していきます。

具体的なダウンタイムですが、施術後3日程度は腫れや痛みを強く感じます。その後、1週間程度筋肉痛のような痛みがありますが徐々に治まっていきます。痛みは施術後1ヶ月程度で治まり、3ヶ月程度経つとむくみが完全に取れてより効果を実感することができます。 引用元:ベイザー脂肪吸引は圧倒的な効果!? ダウンタイムが少ない痩身治療について - Peachy - ライ

上半身ほど回復が早く、下半身ほど遅い傾向に。手術後の痛みは筋肉痛に似ています。つまり、動くと痛みを感じますが、動かなければ気にならない程度。トイレに行くときは少々不便かもしれません。 引用元:ダイエットを頑張らずにやせたい! 部分やせの切り札は「脂肪吸引」 _ マイナビニュース

顔の脂肪吸引手術は、麻酔をして行われます。手術時間そのものは20分程度で終わることが一般的です。手術が終わって落ち着いたら、すぐに家に帰ることができる点や、当日からシャワーを浴びることが可能な点は嬉しいところでしょう。


ダウンタイムを軽減するポイントは、術後の圧迫固定です。圧迫固定は、ほとんどの脂肪吸引手術で行われるアフターケアです。脂肪を吸引した患部の腫れや出血を抑えて安定させるために、器具などを使用して固定します。顔の手術の場合は、圧迫固定するための器具として、フェイスバンドを使用されることが多いです。この圧迫固定は、最低でも1日か2日は継続することをおすすめします。クリニックの指示にしっかり従うことが大切です。 引用元:顔の脂肪吸引後のダウンタイムと、過ごし方の注意点|聖心美容クリニック大阪院

ふくらはぎのダウンタイムはむくみが長引きやすいという特徴があるので覚えておきましょう。むくみの原因である水分は重力によって下に移動していき、ふくらはぎまでくると逃げ場をなくして留まります。腫れがなくなるまでは1ヶ月ほど、綺麗に仕上がるまでには半年かかることも。 引用元:ふくらはぎの脂肪吸引のダウンタイム・リスクを医師が解説【症例写真・体験談あり】

体験談ブログや脂肪吸引を調べて受けよう

美容外科で最も大切なものは「カウンセリング」と考えています。ですからどのような手術を希望される患者さんでも、常に充分にカウンセリングの時間をとるよう心がけています。カウンセリングに費やす時間だけはいくらとってもとりすぎということはない、といえるでしょう。 引用元:脂肪吸引クリニックとドクターの選び方 _ 美容整形なら、口コミで評判の美容外科【共立美容外科・歯科】

脂肪吸引の手術においても、専門器具や設備が必要です。最新機器の導入や充実した設備と医師の高い技術がともなって、安全な治療を行なうことができます。
また、クリニック内においても清潔であること、また患者にとっても落ち着いて治療できる環境づくりもクリニックを選ぶポイントと言えます。 引用元:脂肪吸引クリニックの選び方|脂肪吸引クリニック比較ナビ ~最先端の美容整形技術で脂肪吸引に実績のある

料金体系が分かりやすいことは、クリニックを選ぶうえで欠かせないポイントです。特に切らない脂肪吸引については、1エリアもしくは1クールあたりの料金を他院と比較するために、料金を分かりやすく提示しているクリニックを選ぶことが大切です。 引用元:脂肪吸引を受けるクリニックの選び方

脂肪吸引を成功させるためにはクリニック・医師選びが大切になってきます。なので。知名度や口コミだけで判断せず、ご自身でカウンセリングを受けてみたりと実際に訪問してから決めても問題ないといえるでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING