イボをキレイに治療するためには?

イボをキレイに治療するためには?画像

イボとは、実際どのようなものをさすのでしょうか。もしできてしまうと気になりますよね。また大きくなってしまうのはイボの大きなデメリットだと言えるでしょう。イボには種類があると言いますが、どのようなものがあるのでしょうか。ここではイボの治し方をはじめ、イボの予防対策など、イボを気にする方が気になる情報をまとめました。

miyu1010 416 views 2019年1月7日

イボってなに?

イボは「疣贅(ゆうぜい)」とも呼ばれ、皮膚表面からドーム状に盛り上がっている小さなできものを指します。 引用元:イボとは? イボの原因・症状と治療方法

イボができる原因はウイルス感染によるものがほとんどです。ほかには、加齢によってできる「老人性イボ」や、伝染力が強い「水イボ」など、様々な種類があります。 引用元:イボとは? イボの原因・症状と治療方法

イボの種類については以下で紹介していきましょう。

イボの治し方

イボの治し方には自宅で自分で行う方法と、皮膚科で治療する方法があります。

■セルフケア

サリチル酸の角質軟化溶解作用で角質をはがす、または乳酸で溶かして軟化させるタイプと、イボをやわらかくするヨクイニンの服用タイプが主流。効きめや強さならサリチル酸、乳酸のものが高いながら、なかには強すぎて皮ふにダメージがあるものもあります。 引用元:自分・病院でイボを治療する方法~種類を解説!【イボ治療百科】

サリチル酸はとても強い成分で顔や首などの皮膚の薄い部分への使用はNGです。
使用が禁止されているのですから、当然おすすめはできません。
また、患部以外の健康な肌に付着してしまうのも要注意とされています。 引用元:顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善

市販薬にサリチル酸が含まれている場合は、顔は避け皮膚の様子を見ながら使用しましょう。

ここからは皮膚科でのイボ治療についてご紹介します。

■手術

皮膚に麻酔をかけてハサミで切り、出血やキズの大きさによっては1~2針縫います。大型の首イボではこの方法を取ることもあります。また、首イボ以外の、老人性いぼ、ウイルス性いぼなどの可能性がある場合には、この方法で治療し、とったできものを顕微鏡で見る病理検査に提出し、確実な診断をつけるために使ったりします。 引用元:首イボの取り方・皮膚科での除去法・治療法 [皮膚・爪・髪の病気] All About

■液体窒素

首イボは、ウイルス性のイボを取る際に使う液体窒素で取ることもできます。首イボを凍らせて低温やけどの反応を起こし、首イボの組織が壊すことで、イボを落とします。しかし、周りの皮膚も影響を受けて黒ずんでしまうケースも多いことや、一回で取り切れないことが多いなどのデメリットがあるため、実際には他の方法をおすすめすることが多いです。 引用元:首イボの取り方・皮膚科での除去法・治療法 [皮膚・爪・髪の病気] All About

■炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは水分に吸収されやすく、一瞬にして熱エネルギーに転換されるという性質があります。
患部に照射すると、その細胞に含まれる水分がレーザーのエネルギーを吸収し、蒸散作用を起こして瞬間的に患部の組織を除去します。このとき、周辺の血管は熱凝固作用で一瞬のうちに固まってしまいますので、出血はほとんどありません。 引用元:炭酸ガスレーザー(co2レーザー)でほくろやいぼを除去 | 品川美容外科【全国版】

■ラジオ波

ラジオ波によって組織を切開、凝固させて除去する治療です。ほくろ、脂漏性角化症(老人性いぼ)、疣贅(いぼ)、軟線維腫、アクロコルドンなどの隆起病変に対して組織の損傷を最小限に除去します。3~7日軟膏塗布と肌色テープ保護が必要ですが、傷の治りが早い治療です。 引用元:高周波(ラジオ波)による切除・蒸散治療

イボの種類とは?

イボにはそれぞれ名前がついており、以下のような種類があります。

■尋常性疣贅

尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜいは、皮膚にヒトパピローマウイルスが感染して生じる「いぼ」のことを指します。皮膚から盛り上がったゴツゴツとした病変であり、子どもの手の指や手のひら、膝の裏に生じることが多くみられます。 引用元:病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト|メディカルノート

尋常性疣贅は、ヒトパピローマウイルスが皮膚に感染することで発症します。約100種類以上存在するヒトパピローマウイルスのなかでも、実際に尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜいを引き起こすタイプは数種類です。ウイルスのタイプによって、尋常性疣贅を引き起こしやすい部位は異なり、手に起こすタイプや足に起こすタイプなどさまざまです。 引用元:病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト|メディカルノート

■足底疣贅

足底疣贅は、文字通り足底(=足の裏)に生じた疣贅(=イボ)です。
足底疣贅は専門的には「ウイルス性疣贅」の一種になり、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが表皮に感染することで発症します。 引用元:足の裏のイボ「足底疣贅」とは。魚の目との見分け方 | 医師が教える病気の原因と治療法

何らかの原因によって皮膚の一番表面の層である「表皮」にHPVが入り込むと、そこでHPVは増殖します。増殖したHPVは表皮を構成する角化細胞という細胞に感染し、その機能に異常を生じさせます。すると角化細胞はウイルスのせいで正常に分化(≒成長、発達)できなくなります。
その結果、疣贅(イボ)が生じてしまうのです。 引用元:足の裏のイボ「足底疣贅」とは。魚の目との見分け方 | 医師が教える病気の原因と治療法

■老人性疣贅

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう、しろうせいかっかしょう)は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも言われています。
皮膚良性の腫瘍の1つです。一般には「年寄りいぼ(イボ)」とも言われ、文字のとおり、年を取るとでできます。
皮膚の老化現象のひとつですが、若い人にもできることがあります。 引用元:脂漏性角化症、老人性疣贅|医療法人恵生会 長瀬内科医院

顔、頭や全身どこにでもできます。いぼのようにざらざらしたできものです。初めは1,2ミリ位ですが、放っておくと少しずつ大きくなります。
 特に、日光の当たる顔には、数多くできてきます。老人性のシミも一緒にできることが多いようです。
 色は、普通の皮膚の色~淡褐色~黒色まで色々です。
 形も平らなものから、隆起するものまでいろいろです。
 かゆみを伴うこともあります。 引用元:脂漏性角化症、老人性疣贅|医療法人恵生会 長瀬内科医院

■伝染性軟属腫

ミズイボというのは俗称です。正式には伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と呼ばれます。ミズイボは伝染性軟属腫ウイルス(molluscum contagiosum virus; MCV)が表皮角化細胞へ感染することで生じます。軟属腫が発症するまでの潜伏期間は14日~50日とされています。 引用元:伝染性軟属腫(水いぼ)|症状について|ももだに皮膚科クリニック

伝染性軟属腫は1~5mm程度の大きさで、表面がツルツルして光沢のある皮膚の盛り上がり(丘疹)で、その頂点がやや陥凹しているのが特徴です。このウイルスは健常な皮膚には感染できないといわてれています。引掻き傷や微細な傷、肌荒れ、乾燥肌、湿疹などの皮膚のバリア機能が破綻した部位から感染するといわれています。 引用元:伝染性軟属腫(水いぼ)|症状について|ももだに皮膚科クリニック

イボの予防対策をしよう!

知らずのうちにできてしまうイボですが、体の免疫力の高い人ほどできにくい傾向にあります。イボの予防対策として、基本的生活習慣をしっかりとって防ぎましょう。できてしまったイボはセルフケアや皮膚科の治療で改善を試みてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING