美しさを保つためにウルセラ式治療でしっかり肌の悩みを解消しよう!

美しさを保つためにウルセラ式治療でしっかり肌の悩みを解消しよう!画像

ウルセラとはどのようなものなのでしょうか。顔のたるみが気になる方で施術を検討している方もいることでしょう。ウルセラは他の治療と比較してどのような違いがあるのかをみていきます。また顔のたるみが気になる方はどのようなことに注意すればいいのかについてもまとめました。

miyu1010 334 views 2019年1月7日

ウルセラについて

ウルセラとはどのような治療法なのでしょうか。

ウルセラは超音波エネルギーを用いた治療法で、皮膚の奥深い筋膜までエネルギーを伝えることで、より、たるみを根本から改善できることが特徴です。 引用元:初心者のためのウルセラ基礎講座

全国でもまだ少数のクリニックでしか治療を受けることができないというレアな治療法。 引用元:初心者のためのウルセラ基礎講座

ウルセラはFDAで認可されている画期的なたるみの治療方法です。 引用元:ウルセラ | フェイスリフトなら美容外科、美容整形の城本クリニック

SMAS層(表在性筋膜)を引き上げる治療としまして外科的手術のフェイスリフトがありますが、切開までは考えていないという方も多くいます。
そんな方々に、ウルセラはとても人気な治療方法になります。 引用元:ウルセラ | フェイスリフトなら美容外科、美容整形の城本クリニック

ウルセラと他治療との違い

ウルセラと他治療との違いを確かめるためにはサーマクールと比較するとわかりやすいです。

サーマクールは高周波のラジオ波を表皮の下にある真皮のあたりへ照射し、たるみを引き締める施術です。ウルセラよりも浅く広い範囲に照射でき、引き上げ効果よりもたるみを全体的に引き締める効果が高いという特徴があります。
ダウンタイムはほとんどなく、照射後2ヶ月ほどで引き締め効果がピークに達し、効果は半年~1年ほど続きます。 引用元:【医師監修】ウルセラ式|切らずに自然に、マイナス5歳のたるみ治療

持続期間は、ウルセラもサーマクールも変わりません。

痛みはサーマクールよりもウルセラの方が強く出ます。

総合的に比較すると、サーマクールよりもウルセラの方が深く強く作用するのに対し、ダメージも大きくなってしまう傾向にあるようですね。

顔のたるみ対策に有効なこととは?

顔のたるみ対策に有効なことは、クリニックでの治療の他にどのようなことがあるのでしょうか。

マッサージでリンパ液と血液の流れをスムーズにすることは顔のたるみに効果的なのです。 引用元:3分でできる!ハンドマッサージによるたるみ対策|顔のたるみ研究所

ほうれい線の部分にはファンデーションは薄く、パウダーも少なくします。ほうれい線の下,小鼻や鼻の回りはコンシーラーで肌色を少し明るくしてください。ハレーション効果(光の効果で白く見える効果)によって目立たなくなると思います。 引用元:すぐできる!顔のたるみを解消メイクテクニック|顔のたるみ研究所

ほうれい線もたるみによって引き起こされてしまいます。ファンデーションやコンシーラーの使い方をあやまるとよけいたるみが目立ってしまうのでご注意ください。

紫外線はシミだけでなく、コラーゲンを破壊したるみを引き起こしてしまいます。日常的な紫外線対策を心がけましょう。

スマートフォンやパソコンのブルーライトも 紫外線と同じく悪影響を及ぼします
遮断するシートを貼ったり 見過ぎないように心がけることです 引用元:顔のたるみの原因は?解消でできる対策と筋トレ・マッサージ・メイク法 | 興味津々

スマホはブルーライトの影響だけでなく姿勢にも悪影響を及ぼします。たるみのためにも健康のためにも、しっかり休憩をはさみ、長時間の使用を避けることをお勧めします。

口周りの筋肉を鍛えることで、ほうれい線が消える!と評判の舌回し運動です。

口は閉じて行います。
舌を歯の外側に沿って、歯茎を舐めるようにして左に回すこと20回。
今後は逆に右回りで20回。
1日3回、食後に行いましょう。 引用元:頬のたるみの原因は?たるみ解消に今すぐ始めたいリフトアップ方法

顎の下にある「顎舌骨筋」という筋肉を鍛えて頬のたるみを防ぎましょう。
◆あいうー体操のやり方

10秒間「あ」を言う時の様に大きく口を開ける。
次に、10秒間「い」を言う時の様に口を横に引く。
最後は「う」の形の口をして10秒間です。 引用元:頬のたるみの原因は?たるみ解消に今すぐ始めたいリフトアップ方法

肌のハリを保つには、
N-アセチルグルコサミン
ナイアシン
β-カロテン
ビタミンB2
ビタミンB6
を十分にとることで効果を期待できるといわれています。 引用元:スキンケア大学

食生活の中にもさまざまなたるみの原因がひそんでいます。近年言われているのが糖化で、糖分の摂りすぎによってコラーゲンなどが破壊されてしまいます。お菓子や甘いものの摂りすぎには注意しましょう。

顔のたるみを招く姿勢として、猫背をご紹介しました。座っているときに、特になりやすい猫背ですが、意識してもなかなか正しい姿勢を保てない場合もあります。猫背を改善するための方法をご紹介します。正しい座り方のポイントは、以下の通りです。
足の裏が床にしっかりとつくこと
足首とひざが直角になること
骨盤がいすの座面に対して立っていること
以下のポイントを意識しつつ、「猫背になっているな」と感じたら姿勢を見直しましょう。 引用元:スキンケア大学

睡眠不足も肌の生まれ変わりを妨げ、たるみの原因となってしまいます。個々に見合った適切な睡眠を取るように心がけましょう。

ストレスは過剰な活性酸素の原因となります。すると活性酸素がお肌の細胞を攻撃し始め、コラーゲンなどの生成を減少させ、たるみの原因となってしまいます。よってストレスは適度に解消することをおすすめします。

たるみの原因を知って予防しよう!

まずはたるみの原因を知って予防しましょう。そのうえでクリニックの治療を検討するといいかもしれません。ウルセラは従来の表皮層の治療とは違い、筋肉層に役立つと言われています。しっかり検討して適切なたるみケアを行いましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING