女性の美と健康を司るエストロゲンについて

女性の美と健康を司るエストロゲンについて画像

女性にとって欠かせないエストロゲンとはどのような働きがあるのでしょうか。またエストロゲンを摂取するにはどのようにしたら良いのでしょうか。この記事ではこのようなお悩みを解決しますよ。

yasu79co 345 views 2019年1月8日

エストロゲンがもたらしてくれる効果とは?

女性に様々な良い効果をもたらしてくれるエストロゲンですが、主にどのような効果があるのでしょうか。イカ見ていきましょう。

代表的な女性ホルモンであり、女性らしいカラダをつくるのがエストロゲンです。
肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったり、女性のカラダ全体の健康を支える役割も果たします。 引用元:女性ホルモンを増やす方法ってあるの?女性ホルモンのホントのところ|【大塚製薬の公式通販】オオツカ・プ

豊富に分泌されていれば、お肌のハリがよくなったり、髪もツヤツヤでボディラインにメリハリができる…など女性にとって嬉しい効果がたっぷり。

女性として美しくありたいならば、分泌を減らさないように積極的に努力してきたいものなのです。 引用元:女性ホルモン・エストロゲンとは?

妊娠・出産するためにはエストロゲンの存在が必要不可欠。
受精卵をしっかり着床させるため、排卵に向けて子宮内膜を厚くしてフカフカのベッドを作る役割を持っています。

引用元:女性ホルモン・エストロゲンとは?

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれているほど、卵胞への働きが大きなホルモンです。卵胞は成熟することで、排卵と受精に備えてくれます。卵胞が成熟していないと、排卵をすることができませんし、排卵をしても受精することができません。 引用元:女性ホルモン・エストロゲンとは?

エストロゲンを増やすためにオススメしたいサプリメント

女性にとってエストロゲンを摂取することが重要です。そこでエストロゲンを効率よく摂取するためのサプリメントを紹介します。

マイブランズプラス
マイブランズプラスは、加齢による女性特有の悩みに負けたくない人のために作られたサプリ。免疫細胞を活性化する「米ぬか多糖体」に「大豆イソフラボン」「ギャバ」「乳酸菌」を加え、体内の不調から「守る力」「はねかえす力」「健康を継続的に維持できる力」を作り上げるために欠かせない成分をバランスよく配合。元気で楽しく暮らしたい人にとって心強い存在のサプリです。 引用元:女性の魅力と体調をつかさどるエストロゲンを増やす方法

酵素分解ローヤルゼリーキング
養蜂業を営んで半世紀以上。品質と鮮度にこだわった養蜂家のローヤルゼリーを1粒中に800mg(生換算)含有。またローヤルゼリーは独自の酵素分解技術によって、タンパク質を摂取しやすくしています。さらに副原材料にも、大豆イソフラボン、コーラルカルシウムなど、身体にやさしい天然由来素材を厳選してつくった自信作です。毎日が忙しい方の健康維持におすすめです。 引用元:酵素分解ローヤルゼリー キング|健康食品の通販_販売 山田養蜂場

高濃度プラセンタ100コア
プラセンタ100とは、プラセンタサプリメントのパイオニアとして、13年以上も愛され続けるロングセラー商品です。自然由来のプラセンタの質と濃さにこだわり、プラセンタ本来のチカラをあますところなく凝縮しました。
プラセンタ100には、生命を育て上げるために必要な成分が豊富に含まれています。たとえば、美容成分の代表格であるコラーゲンやヒアルロン酸も、日常生活に欠かせない各種ビタミン・アミノ酸も、バランスよく含まれています。 引用元:プラセンタ100|高濃度プラセンタ100のプラウディン

エストロゲンが女性に必要な理由とは?

エストロゲンは女性にとっては必要不可欠とも言えます。その理由を紹介していきましょう。

女性の心と体のバランスはエストロゲンの効果によって左右されます。
ホルモンのバランスが乱れると生理前のイライラ(PMS)や生理痛などの症状が重くなったり、原因不明の体調不良・イライラなどの精神的不調が起こってしまいます。 引用元:女性の美と健康をささえるエストロゲンの10の働き

うつ病はストレスが発症の原因になるのですが、女性のうつ病はエストロゲン不足によって発症することもあります。エストロゲンは脳内神経伝達物質の正常な働きを守る効果があるものの、生理や生活習慣の影響で減少するとその作用が弱くなり、うつ病になりやすくなってしまうためです。 引用元:精神状態を左右する女性ホルモン・エストロゲンの働き

エストロゲンには、体の機能を調整して安定させる働きがあります。女性ホルモンの分泌バランスが崩れると自律神経の不調なども現れます。 引用元:女性ホルモン・エストロゲンのバランスで不調知らず!

2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの働きは、妊娠や生理と密接にかかわっています。分泌の状態によっては、重たいPMSが現れたり、不妊症になることも。ホルモンバランスを保つのは、とても大切なことなのです。

引用元:生理・妊娠にかかわる女性ホルモン・エストロゲンの働きとは

一般的にエストロゲンがきちんと分泌されていれば、太りにくいのです。
また、余剰なコレステロールや中性脂肪が出なければ、血管を傷めず動脈硬化なども起こりにくくなります。
このようなエストロゲンの性質を理解し、エストロゲンが優位になっているタイミングを狙えば、ダイエットなどの体重コントロールの効果をより高められるのです。 引用元:エストロゲンは脂質代謝にダイエット効果があるってホント?

閉経を迎えエストロゲンが急激に減ってしまうと、手厚く保護されていた神経細胞は急に危険因子に無防備な状態で晒されることに。このとき神経細胞に「リン酸化」という変化が起こってしまうと、細胞が変化してしまい、アルツハイマー病をはじめとする認知障害を伴う疾患になる危険性が高くなってしまうのだとか。
実際、高齢で亡くなった方の脳を調べてみるとアルツハイマー病の患者さんは脳内のエストロゲン濃度が極めて低く、脳内におけるエストロゲン生成にかかわる酵素も非常に少ないことがわかったそうです。 引用元:エストロゲンの作用で脳の健康を保つには?

健康や美のためにエストロゲンを増やすことを心掛けよう!

最後にエストロゲンに似た成分やエストロゲンを摂取せずとも女性ホルモンを増やせるコツを紹介します。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、減少しやすいエストロゲンは似た作用を持つイソフラボンを摂取すると良いでしょう。 引用元:エストロゲンの作用で脳の健康を保つには?

元気に過ごすために、免疫力を低下させないようにしましょう。免疫力を高めることで、病気になりにくくなり、エストロゲン不足による体調不良にも立ち向かえます。免疫力を高める成分を摂取するとよいでしょう。 引用元:女性ホルモン・エストロゲンが減少すると危険!閉経後の動脈硬化リスク

自律神経を整えることも、エストロゲンを増やすためには大切なことです。特に、神経に対して働きかけて、ストレスを抑制する作用があるギャバは、ストレス社会に生きる現代人には欠かせない成分といえるでしょう。 引用元:美髪効果が得られるエストロゲンの働きとは

エストロゲンが女性にとっては非常に重要で、健康には欠かせないことを紹介しました。そしてそのエストロゲンはサプリメントで簡単に増やすことができます。ぜひ利用することをおすすめしますよ。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING