パーキンソン病ってなに?東京でリハビリができるところはどこ?

パーキンソン病ってなに?東京でリハビリができるところはどこ?画像

脳の異常のために、体の動きに障害があらわれるというパーキンソン病について、その基礎知識やリハビリなどをまとめました。

hiro3mi 114 views 2019年1月7日

パーキンソン病について

パーキンソン病という言葉を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、具体的にはどのような原因や症状がある病気なのでしょうか。

介護が必要になるきっかけの一つにパーキンソン病の発症があります。パーキンソン病は主に50歳以上の中高年に見られる進行性の疾患で、手足のこわばりといった軽い症状から、最悪の場合は寝たきり状態になることもある、現代の医学では完治が困難な難病として知られています。 引用元:パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する? | 知っておきたい介護の知識

パーキンソン病は、手足の震えや筋肉のこわばりなど、運動機能に障害が現れる病気です。「手足が震える」「動作が遅くなる」といった自覚症状が出たら、パーキンソン病を疑ったほうがいいでしょう。
症状には、体の片側から出始め、次第に反対側に広がっていくという特徴があり、ゆっくりと進行します。
引用元:パーキンソン病ってどんな病気?予防法は?治療すれば完治する? | 知っておきたい介護の知識

パーキンソン病の症状とは?

パーキンソン病になってしまうと、どのような症状があらわれるのでしょうか。

●運動症状(体の動きに関する症状)

振戦、動作緩慢、筋強剛、姿勢の不安定性
表情が乏しくなる、しゃべりにくさ(構音障害)、飲み込みにくさ(嚥下障害)、よだれが出やすい(流涎)
歩行時の腕振りの低下、歩行時の足の引きずり、加速歩行、椅子から立ち上がりにくい、寝返りがしにくい
字が小さくなる(小字症)、料理・食事・入浴などの動作に時間がかかる、眼瞼けいれん(まぶたがあけにくい)、手や足の指の変形、姿勢異常(側彎症、前屈み姿勢)
引用元:パーキンソン病-症状(運動症状について)│病気について知りたい|その他のとりくみ|宇多野病院

●非運動症状

自律神経障害(便秘、尿回数の増加、尿失禁、起立時の急激な血圧低下、汗が多い、脂ろう症)
感覚に関する症状(においや味がわかりにくい、肩や背中の痛み、異常感覚(しびれや痛みなど))
睡眠の問題(レム睡眠行動異常、鮮明な夢を見る、日中の眠気、夜中に何度も目が覚める、入眠時に脚がむずむずする)
不安症、抑うつ、関心の低下、喜びの喪失、疲れやすくなる
思考が緩慢になる、言葉が出にくくなる、認知機能障害
体重減少
引用元:パーキンソン病の症状|パーキンソン病とは|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

パーキンソン病のリハビリができるところとは?

パーキンソン病のリハビリができる施設のなかから、評判の良いスポットを紹介します。

●表参道セラサイズ・スタジオ

表参道セラサイズ・スタジオは、駅から2分の距離にある会員制のパーソナルストレッチスタジオです。脳を鍛える最新運動理論に基づくリハビリテーションで、パーキンソン病をはじめ、脳出血や突発性難聴、自立神経失調症などの改善を目指します。 引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

●リハプライド

リハコンテンツのリハプライド(旧レッツ倶楽部)はシニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの通所介護(デイサービス)施設です。
杖をつかなければ歩けなかったパーキンソン病の方が杖をつかずに歩けるようになったり、喘息の方の肺活量が増えて歩ける距離が長くなったり、腰痛やひざの痛みにも、パワーリハビリの効果が見えています。
引用元:リハプライド(リハコンテンツ) – 介護・デイサービス開業ススメ

●STROKE LAB

脳卒中(脳梗塞・脳出血)や神経疾患(パーキンソン病・脊髄損傷・多発性硬化症・変性疾患・脳性麻痺・癌(がん)リハビリなど)に伴う片麻痺・運動麻痺・感覚障害・構音障害の後遺症に特化した自費リハビリの実施(病院リハビリ継続・訪問リハビリ・保険外リハビリ分野を担います)。理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が行っていた入院中の機能訓練を発展的セラピーでサポート 引用元:脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京 |

当施設は自費のため期間制限/病態制限/重症度制限は一切ありません。
期間や頻度は症状に合わせて慎重に決定する必要があり、過剰な頻度が身体に悪影響を及ぼす場合もあります。STROKE LAB の患者様はデイサービスや外来リハビリなどの保険内リハビリと併用される患者様が多く、それぞれのメリットを活かしてプランを構築します。
引用元:脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京 |

パーキンソン病のリハビリは何をするの?

パーキンソン病のリハビリには、どのようなものがあるでしょうか。

●運動療法

パーキンソン病では、自分で考えているより動きが鈍くなり、放置すると病気の症状以上に体は動かなくなります。意識して運動し、悪化させないことが大切です。
歩ける人はウォーキングを毎日20~30分を目安に行い、体力を保ちます。歩行のリハビリでは、意識して腕を大きく振り上げ、ひざを上げ、歩幅を大きくしてかかとから着地するようにします。
引用元:パーキンソン病の治療に欠かせない運動と話し言葉のリハビリ | NHK健康チャンネル

パーキンソン病のリハビリテーションの種類には、①体力維持のための運動(有酸素運動)、②筋肉と関節の柔軟性維持のための運動、③筋力維持のための運動、④姿勢や歩行の改善と苦手になりやすい動作の練習、⑤呼吸訓練があります。これらの運動をかたよりなく取り入れてメニューを作ることをお勧めします。 引用元:リハビリテーションの重要性|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

リハビリテーションを始めるにあたっては、心臓、腰、背骨、膝などに障害がないかを主治医の先生に確認してもらい、病院などの理学療法士などの専門家にリハビリテーションのメニューや実技について詳しく説明してもらいましょう。 引用元:リハビリテーションの重要性|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

●音楽療法

リズム感の訓練には、行進曲のようなリズムのはっきりした音楽を聴くだけでも効果があります(音楽療法)。音楽と一緒にメトロノームを鳴らしてリズムを刻みながら、大きな動作で歩く訓練をするのも効果的です。 引用元:パーキンソン病の治療に欠かせない運動と話し言葉のリハビリ | NHK健康チャンネル

●呼吸訓練

腹式でゆったりした呼吸を行うことで声が出やすくなります。仰向けに寝た状態でおなかに手を置き、鼻から息を吸って、口から息を吐き出します。お腹に載せた手がしっかり上下に動くように腹式呼吸を意識します。 引用元:パーキンソン病のリハビリテーション | 健康長寿ネット

●発声訓練

「パ・タ・カ・ラ」と、声に出して繰り返します。発音がはっきりするだけでなく、ものを食べる際に必要な口腔の筋肉も鍛えられます。 引用元:パーキンソン病のリハビリテーション | 健康長寿ネット

パーキンソン病はリハビリによって快方に向かうことも珍しくない

リハビリテーションを行う上では、きちんと薬を服用して体を動かしやすい状態にしておくことも必要です。リハビリテーションを早くから行うことで、発症から長い年月が経っていても、移動、食事、入浴などの日常生活動作で介助を必要とすることが少なくてすみます。 引用元:リハビリテーションの重要性|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

薬での治療と並行してリハビリを行うことで、病気の進行を遅らせたり身体を動かしやすくなったりするようです。
リハビリは自分の意志で行うことが大切。
設備が整った施設を選んでリハビリを行いましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING