大腸がんの生存率は高い?低い?

大腸がんの生存率は高い?低い?画像

出典元:www.pakutaso.com

大腸がんについて基礎知識やせいぞんりつについてまとめました。

由衣 130 views 2019年1月7日

出典元:www.pakutaso.com

大腸がんは日本人がかかりやすいがんの筆頭です。
しかし、早期発見できれば、生存率は高いとのこと。
大腸がんの基礎知識や生存率についてまとめているので是非、見てみてください。

大腸がんについて

出典元:www.pakutaso.com

大腸がん(直腸がん・結腸がん)について、特徴・分類・症状・原因・検診・検査方法・病期(ステージ)・生存率・治療法・再発・転移など様々な観点から解説します。

国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」のデータによると、2016年に大腸がんで亡くなった人は、50,099人でした。その内訳は以下のようになります。

● 結腸がん 男性:17,116人
● 結腸がん 女性:17,405人
● 直腸がん 男性:9,910人
● 直腸がん 女性:5,668人
引用元:大腸がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

死亡者の順位では、男性は肺がん、胃がんに続いて大腸がんが第3位、女性は大腸がんによる死亡は第1位で、これに肺がん、膵臓がんが続きます。
年齢別では、男女ともに60歳代から増加しますが、女性の場合、大腸がんによる死亡者数は85歳以上が半数を占めています。 引用元:大腸がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

大腸は右下腹部から時計回りにお腹の一番外側を回って左下腹部へ、そして肛門に至る全長約1.5~2.0mの臓器です。

部位別にみると、約7割が直腸やS状結腸など肛門に近いところに発生しています。高齢者では結腸がんの占める割合が高く、とくに年輩の女性のがんの中で、結腸がんは胃がんについで2番目に多いがんです。 引用元:大腸がんの基礎知識 大腸がんは早期発見の場合 9割が治る! | 編集●「がんサポート」編集部

驚愕】大腸がんの前兆はこれだ!可能性がある人の驚きの症状とは?

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=vXzUorK4Swc

【今すぐ確認】大腸がんの便はココが違う!毎年6万人の日本人が発症する身近な病!

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=XL0x4gqeUSs

大腸癌は消化管の中でも最後の部分の消化管におきる癌であり、大腸粘膜のあるところではどこからでも癌ができますが、S状結腸と直腸が大腸癌のできやすい部位です。
大腸癌は、日本人に増加傾向が著しい癌です。年間の罹患数が1990年には6万人、1999年には9万人を超え、2015年ごろには胃癌を抜くとの予測もあります。
また、大腸癌による死亡は、男性では肺がん、胃癌に次いで3番目、女性では2007年に1番になっています。 引用元:大腸がんについて|済生会広島病院

大腸がんは、大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。
大腸の粘膜に発生した大腸がんは次第に大腸の壁に深く侵入し、やがて大腸の壁の外まで広がり腹腔内に散らばったり、あるいは、大腸の壁の中のリンパ液や血液の流れに乗って、リンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移したりします。 引用元:大腸がん(結腸がん・直腸がん) 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報 ...

早期の大腸がんでは症状はほとんどありませんが、進行すると、下血、血便、便秘と下痢を繰り返す、便が細くなる、便が残る感じ、お腹が張る、腹痛、貧血、腫瘤しこり、腸閉塞などの症状が出ます。

これらの症状は、大腸のどこに、どの程度の大きさのがんができているかによって異なります。

右側の大腸がん(盲腸がん、上行結腸がん、横行結腸がん)では大きくなるまで症状が出にくく、腫瘤しこりとして発見されることが多く、腹部の張り感や、慢性的な出血による貧血もみられます。 引用元:大腸がんの症状 | 大腸がんの基礎知識 | 大腸がんを学ぶ | がんを学ぶ

出典元:www.pakutaso.com

大腸がんのリスク因子として認められているものは、

家族歴
過体重と肥満
飲酒や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の多量摂取
などがあります。
また、運動はリスクを下げることがわかっています。 引用元:大腸がん | 見のがすな!がんのサイン | 大鵬薬品工業株式会社

大腸がんの治療には、大きく分けて、1.内視鏡的切除(EMR)、2.外科手術、3.薬物治療、4.放射線治療があります。EMRは、内視鏡を用いて早期がんを切除する治療法ですが、この治療ですべての早期がんが完治するわけではありません。がんの疑いがある病変は、最新の内視鏡技術を用いて的確な診断を行い、内視鏡的治療の適応かどうかを判断します。 引用元:大腸がんの内視鏡治療と成績 | 大腸がん|がん研有明病院 - がん研究会

大腸がんは初期症状がないため、発見が遅れるケースがあるのだとか。
しっかり毎年検査を受けることが大事ですね。

大腸がんの生存率について

出典元:www.pakutaso.com

内視鏡治療の技術が進歩したことにより、早期大腸がんは開腹手術を行わずとも治癒が望めるようになりました。大掛かりな手術が必要ないため、患者の体への負担を大幅に軽減できます。また、外科治療の技術も大きく前進。進行大腸がんでも開腹手術ではなく、腹腔鏡手術で治療を行うケースが増加しています。 引用元:進行度別に見る大腸がんの症状・治療・生存率・再発率まとめ

大腸がんの発生率は、直腸が34.1%、結腸が65.9%です。
大腸がんの発生率は増加傾向にあり、がんによる死亡数でも胃がんを抜いて第二位になりました。 引用元:大腸がんとは?|知っておきたいがん検診

大腸がんの確率は年々上がってきているよです。
健康に生きるためにも注意するべき病気ですね。

大腸がんが完治する確率は?

出典元:www.pakutaso.com

~5年生存率は早期ならば9割以上~

大腸がんは、他の主要ながんと比べて比較的治りやすいがんです。5年生存率では、早期ならば9割以上です。がんの治りやすさは、発見のしやすさやがんの〝性格〟の違いが影響します。大腸がんは効果の証明された検診があり、かつ比較的性格が良いがんであると言えます。 引用元:大腸がんの基礎知識 大腸がんは早期発見の場合 9割が治る! | 編集●「がんサポート」編集部

大腸がんの生存率は臨床病期によって異なります。まず全病期を併せた生存率を2006年から2008年のデータで見てみると、1年生存率が92.7%、2年生存率が86.2%、3年生存率が81.3%、4年生存率が78.3%、5年生存率が76.3%となります。 引用元:大腸がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

大腸がんは年々増加傾向ですが、きちんと対処すれば治らない病気ではありません。

大腸がんは決して生存率が低い病気ではない

出典元:www.pakutaso.com

大腸がんで亡くなる方の割合(死亡率)に関しては、1990年代半ばまで増加し、その後は少しずつ減少傾向ではありますが、2014年のデータによると女性のがんによる死亡原因の1位、男性では3位が大腸がんとなっています。
男女とも、罹患率に対する死亡率は約半分となるため、大腸がんの生存率は比較的高いといえます。
さらに、早期発見、早期治療ができれば、生存率を高く維持することができるがんであります。 引用元:大腸がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

今回は大腸がんについてまとめました。
発見が遅れると死に至る大変恐ろしい病気ですが、早期発見さえできれば、生存率は高いです。
早期発見するためにも、大腸がんについて知り、病院で定期検査を受けるようにしましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING