実費補償型医療保険ってなに?複数の保険と比較して選ぼう!

実費補償型医療保険ってなに?複数の保険と比較して選ぼう!画像

実際に入院にかかった費用を補償してくれる、注目の実費補償型医療保険について、その基礎知識や選び方などをまとめました。

hiro3mi 138 views 2019年1月10日

実費補償型保険について

実費補償型保険とは、どのような内容の保険を指すのでしょうか。

これまで販売されてきた医療保険は、入院したら◯◯円、手術をしたら◯◯円というものでした。万が一のときに給付金が出るのはもちろん助かりますが、病状によっては加入されている保障内容ではカバーできないこともあるかもしれません。

そんな不安を解消するべく登場したのが「実費保障型」です。実費保障型とは、かかった医療費分を全額保障するといったタイプです。 引用元:実費保障タイプの医療保険のメリットとは? _ 医療保険おすすめ.com ~人気の保険商品比較ランキン

実費補償(保障)型保険とは、治療のための入院や通院で医療機関に実際に支払った医療費を実費で補償してくれる保険です。例えば健康保険の自己負担分や先進医療の技術料・差額ベット代・食事代等、退院時に医療機関に支払った費用や治療のための通院にかかった交通費を保険会社に請求することが出来ます。 引用元:実費補償(保障)型保険 _ 生命保険の先生(おすすめ保険相談の口コミ)

実費補償型保険が適している人の特徴とは?

実費補償型保険とは、どのような人に適しているのでしょうか?
いくつかの特徴を紹介します。

●貯蓄が少なく、ライフスタイルが変わる可能性が高い若者層

若い人は健康で病気になる可能性は低いと言えますが、まだ収入が安定していなかったり、貯蓄が少ない人にとって突然の入院はかなり負担が大きいです。そのために医療保険への加入が大切なのですが、日額型の医療保険の場合、思ったより自己負担が大きかったということにもなりかねません。貯蓄が少ない若者層だからこそ、万が一の際に実費費用を保障してくれる実費補償型の医療保険がおすすめです。 引用元:実費補償型の医療保険まとめ|医療保険比較マニュアル

今後、結婚して家族を持つなどライフスタイルが変わりやすい若者層が検討するなら、やはり、保険料負担が軽くて保障額が高いプランがおすすめです。若者層の医療保険は「定額保障タイプ」よりも「実費保障タイプ」のほうが割安なケースが多いので、よく調べてみると良いでしょう。 引用元:「実費保障タイプ」の医療保険が向いているのはこんな人|医療保険|保険なるほど知恵袋|お客様とソニー損保のコミュニケー...

●結婚したばかりの女性

妊娠・出産前後の入院は子どもの生命にも関わるため安全を見て長引きやすく、費用も想定外にかかります。「実費保障タイプ」で入れば、入院が長引いたり多額の費用がかかったりしたときの経済的・精神的な負担が軽くおすすめです。 引用元:「実費保障タイプ」の医療保険が向いているのはこんな人|医療保険|保険なるほど知恵袋|お客様とソニー損保のコミュニケー...

●子育て世代

保険期間は10年のみで終身型はないが、何かとお金のかかる20代~40代の子育て世代の医療保険として考えれば、魅力的な保険です。 引用元:医療保険人気ランキング2018|プロFP25人が本音評価

医療保険の選び方とは?

民間医療保険には、様々なタイプの商品があります。
どのような基準で自分に合った保険を選べばよいのでしょうか。
代表的な保険プランを紹介するので、自分に合うのはどんな保険なのか、考えてみましょう。

●終身医療保険

終身医療保険とは、医療保障が一生涯続く医療保険の種類を言います。いつ病気になり、医療費がかかるかは本人でも分かりませんし、高齢になるほど入院・通院をする確率は上がってきますので、保障が一生涯続くことは安心ですね。
ただ、その分月々の保険料が高くなる傾向にありますし、中途解約してしまうと損することが多いので、保険の見直しがしにくいことがデメリットとしてあります。

引用元:医療保険の全種類|種類ごとの特徴とその必要性 - 保険コネクト

●定期医療保険

定期医療保険とは、5年や10年などの決められた期間のみ保険料を支払い、その間のみ保障がされる医療保険の種類です。若い間は保険料も安いのですが、年齢が上がるにつれて保険料も高額になってきます。
契約期間が終了すれば保険料は更新されていきますが、その都度保険料は上がってきます。働き盛りで入院などによって出費が困る時期や、もしもの時に備えられるくらいの貯蓄が貯まるまでの期間など、ピンポイントで加入することをオススメしています。

引用元:医療保険の全種類|種類ごとの特徴とその必要性 - 保険コネクト

ほかに、がんや女性向けなど特化型の医療保険もあります。

●がん保険

多くのがん保険は、がんと診断されたときに、まとまった給付金が支払われます。がんとわかった早い段階で一時金が出るため、希望によって健康保険の対象外となる先進医療や民間医療などの自由診療を受ける費用に充てることができます。
保障対象となる疾病をがんに特定した医療保険で、がんにより入院したり、所定の手術を受けたとき、および死亡したときなどに給付金、保険金が受け取れます。
引用元:がん保険のメリット・デメリット - がん保険の基礎知識 | がん保険 | 生命保険の比較ならi保険

●三大疾病保険

「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳卒中」。これら3つの病気を総称して「三大疾病」と呼ばれています。
三大疾病は、通常の病気と比べて死亡率が高かったり治療費が多くかかったりすることが特徴です。それゆえに、保険でも三大疾病の経済的な備えに特化した「三大疾病保険」が登場しています。
引用元:医療保険の全種類|種類ごとの特徴とその必要性 - 保険コネクト

●入院・通院保険

最近では、医療技術の進歩や医療事情の変化などにより、入院日数が減り、これに合わせて、医療保険では短期入院でも給付ができるようになってきています。もし、加入時期から年数が経過している医療保険を継続している方は、いざというときに困らないように、何日目の入院から保障されるのか確認しておくと良いでしょう。 引用元:ここがポイント!入院給付と通院給付【保険市場】

一般的に通院保障は入院が前提なため、単なる風邪の通院はもちろん、入院後であってもその入院に関係ない病気での通院の場合などは支払われません。入院の前後の保障、日数等、細かい支払われる条件は各保険会社で異なりますので確認するようにしましょう。 引用元:ここがポイント!入院給付と通院給付【保険市場】

●女性向け医療保険

女性特有の病気とは、たとえば、以下のようなものがあります。
•子宮がん
•卵巣がん
•乳がん
•乳腺症
•子宮内膜症
•子宮筋腫
•帝王切開
•流産
•卵巣の機能障害
•卵巣のう腫など
ほかにもたくさんあります。
女性向け医療保険では、これらの病気等になった場合に入院給付金や手術給付金が一般的な医療保険よりも保障が1.5倍~2倍になるように手厚く設計されています。
引用元:女性向け医療保険とは?

たとえば、女性向け医療保険には以下のような手厚い保障例があります。
•女性特有の病気の場合の入院保障日額に5,000円がプラスされる
•5年ごとに生存給付金が受け取ることができる
•女性特有の病気で入院した場合、入院保障日額が一般の2倍になる
•女性特有のがんになった時、初めてがんになった時に支払われる一時金が50~100万円増加する
これらは女性特有の病気には手厚い保障がありますが、一般的な医療保険よりも保険料が割高になります。

引用元:女性向け医療保険とは?

自分に適したポイントを把握して実費補償型保険を選ぼう!

民間医療保険には様々な種類があり、ひとつの種類でも保険会社や商品によってその内容は異なります。
適当に入ってしまうと毎月の保険金が無駄になってしまうことも。
実費補償型保険が自分に合っているかをきちんと見極めて、負担が軽くなるようなプランを選びましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING