目の下のたるみ対策は?名医に施術してもらうことで悩み解消へ!

目の下のたるみ対策は?名医に施術してもらうことで悩み解消へ!画像

老けた印象を与えてしまう目の下のたるみ。たるみの原因や治療法などをまとめました。

hiro3mi 329 views 2019年1月8日

目の下のたるみは何が原因なの?

目の下がたるんでしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

●加齢による真皮の変化

年齢ともに肌の弾力は失われていきます。コラーゲンとヒアルロン酸を生み出していた線維芽細胞(せんいがさいぼう)が衰えてこれらを生成する力が弱くなってしまうからです。また加齢とともに、線維芽細胞自体の数も減っていきます。 引用元:目の下のたるみの原因はこれだった!スッキリ目元を目指す方へ | 若見えラボ

●眼球を保護している脂肪が飛び出てくる

眼球を保護している眼窩脂肪(がんかしぼう)が飛び出ることも、目の下のたるみの原因です。
年齢とともに眼球を支えている靭帯がゆるみ、眼球が入っている穴(眼窩)の中で眼球の位置が下がります。その結果、眼球の下に敷き詰められていた眼窩脂肪が前方に押し出され、下まぶたにたるみ状の袋を作ってしまいます。

引用元:目の下のたるみの原因はこれだった!スッキリ目元を目指す方へ | 若見えラボ

●目の酷使と疲労

「仕事上パソコンを1日中使っている」
「スキマ時間はスマートフォンが欠かせない」

このような日常を送っていると、まばたきの回数が減るため目の周囲にある筋力「眼輪筋」が衰えやすくなります。
パソコンやスマートフォンを使っている時は、普段のまばたき回数が半分以下になるという報告もあるので注意が必要です。
眼輪筋が衰えることで目の周りの脂肪を支えられなくなり、たるみとなってしまうのです。
引用元:「目の下のたるみは老化のサイン」3つの原因とケア方法│エスコス─大阪の老舗フェイシャルエステで一流のハンドテクニックを

●紫外線の影響

紫外線対策で日焼け止めを使っている方でも、目の下は意外と塗り忘れがあったり、塗り直しをしていない部分。それにより、紫外線ダメージが反映されやすい箇所だといえます。
特に肌の老化の原因となるUV-Aは、肌の奥にありハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため、紫外線対策が行われない期間が長ければ長いほど目の下のたるみが目立ちやすくなるのです。
引用元:「目の下のたるみは老化のサイン」3つの原因とケア方法│エスコス─大阪の老舗フェイシャルエステで一流のハンドテクニックを

目の下のたるみはどんな治療がある?

目の下のたるみは、セルフケアより美容クリニックなどで治療するほうがおすすめです。
具体的な治療法を紹介します。

●ヒアルロン酸・ボトックス注入

ヒアルロン酸・ボトックスを注入して、シワを改善する治療です。ともにシワの改善効果がありますが、シワの状態によって使い分けます。ヒアルロン酸は、人間の身体の中にもある潤い成分です。ほうれい線等のシワの深い皮下部分に注入すると、ヒアルロン酸成分が皮膚を持ち上げてシワを改善して肌にハリと弾力が蘇ります。 引用元:医療通訳が選ぶ!目の下のたるみ治療で評判の名医

●経結膜脱脂法+α

目の下のクマ、タルミの原因となる眼窩脂肪を、まぶたの裏側から個別の症状に合わせ、目の下の3つ(内側・中央・外側)の部位からバランスよく取り出します。(経結膜脱脂法)メスを使わずレーザーを使用するので、ほとんど出血もなく、術後の腫れも少ないのが特徴です。
皮膚に傷を残さず改善でき、術後は洗顔やメイクも可能なので、仕事の休みが取れない方にもお勧めの施術です。 引用元:切らない目の下のクマ・タルミ取り(経結膜脱脂法+α)|北九州の美容外科・美容皮膚科、さくらビューティクリニック

●下眼瞼切開法、下眼瞼除皺術

目の下のタルミ取りは、余分な皮膚を切除することにより、目元を若返らせます。
症状に合わせて、たるんだ眼輪筋を引き上げたり、余分な脂肪も減らすことができます。
タルミの下のくぼみが目立つ方は、脂肪注入やPRP療法の併用療法がおすすめです。 引用元:目の下のタルミ取り(下眼瞼切開法、下眼瞼除皺術)|北九州の美容外科・美容皮膚科、さくらビューティクリニック

目の下のたるみを防ぐためには?

目の下のたるみは、事前に防ぐことができるのでしょうか?
代表的なものをいくつかご紹介します。

●乾燥対策

保湿は、スキンケア、エイジングケアの基本で、目の下のたるみの予防のためにも大切です。
つまり乾燥肌の予防や改善の対策が、目の下のたるみの予防につながります。
だから、まず、乾燥肌の原因をできるだけ避けるように注意しましょう。

引用元:目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント | エイジングケアアカデミー

●目の酷使を避ける

目の酷使を避けることも目の下のたるみの予防になります。

パソコンでの作業は、1時間に1回は休憩することを心掛けましょう。

また、就寝2時間前はスマートフォンを見ないなど目を休ませ、疲れを取るようにしましょう。 引用元:目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント | エイジングケアアカデミー

●紫外線対策

紫外線に含まれるUV-Aは、真皮層にダメージを与え、たるみの原因となります。目元のたるみを予防するには、紫外線対策を怠らないことが大切です。
肌を紫外線から守るためには、夏場だけでなく、一年中、紫外線対策をする必要があります。
目元に紫外線を当てない対策
•日焼け止めクリームを使う
•つばの広い帽子、日傘を使う
•サングラスを使う

引用元:目の下のたるみはできる前に予防しよう!たるみを作らない方法 | ichikara[いちから]

たるみ治療にはデメリットがあるものもあるので注意しよう!

ヒアルロン酸注入
•持続性が低い(効果が続くのは3~12か月ほど)
•定期的にヒアルロン酸注射を繰り返す必要がある
•注入しすぎると不自然に腫れたようになる


引用元:加齢による目の下のたるみを治療!ハリのある目元に戻す4種の方法 | ichikara[いちから]

脱脂術
•脂肪を切除しすぎると、目の下にヘコミができてしまう恐れがある。
•手術後の経過に個人差があり、場合によってはシワができてしまったり、思っていたイメージにならないことがある。
•脱脂だけでは、皮膚のたるみや小じわは改善することができない。

引用元:加齢による目の下のたるみを治療!ハリのある目元に戻す4種の方法 | ichikara[いちから]

目の下がたるんでしまうと、老けた印象になってしまいます。
予防してもできてしまったたるみは、デメリットをよく理解したうえでクリニックで治療しましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING