横浜で男性不妊について相談ができるクリニックはどこがある?

横浜で男性不妊について相談ができるクリニックはどこがある?画像

出典元:www.pakutaso.com

男性不妊治療ができるクリニックについてまとめました。

由衣 11 views 2019年1月10日

出典元:www.pakutaso.com

不妊の原因の半分は男性不妊と言われています。
不妊は女性は悩みがちですが、男性が原因が場合も多いのです。
今回は男性不妊の治療もおこなっているクリニックを中心にまとめました。
是非参考にしてみてください!

不妊の原因は女性だけではなく男性の場合もある

出典元:www.pakutaso.com

子供が欲しいと思った時、まず女性の方は産婦人科を受診することがほとんどですが、不妊原因を調べてみると、カップルの約50%は男性側にも原因があるという結果が出ています。
男性側の原因は造精機能障害・射精障害・勃起不全など多岐に渡ります。
生殖医療専門医は2016年度現在、産婦人科医師と泌尿器科医師を合わせて約600名おりますが、男性の不妊症を専門に診る医師は45名しおらず、男性不妊の検査・治療ができる施設が少ないのが実情です。 引用元:男性不妊って?~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと~ | 医療ポータルサイト

造精機能障害は男性の不妊症の原因ではもっとも多いもので、次のような症状が出ます。

・精子の数が少ない(乏精子症)
・精子の運動率が低い(精子無力症)
・精液の中に精子が見当たらない(無精子症)など

これらの症状には、漢方、抗酸化療法、ホルモン療法などの薬物療法が行われます。
造精機能障害の中には、精巣の周りにある血管が拡張してしまい、精子がうまく作れない精索静脈瘤(りゅう)という病気もみられます。 引用元:不妊の約半数、男性が原因!もっとも多い理由は?治療法とお薬を紹介

造精機能障害(精子形成障害):精子がたくさん作れない

精路通過障害:精子が通れない、でてこない

性機能障害:性行為ができない



2016年に公表された全国調査の結果では、造精機能障害が82.4%、精路通過障害が3.9%、性機能障害が13.5%であり、以前の調査と比較して性機能障害の割合が増加しています。日本の婚姻カップルの45%はセックスレスという報告もあり、今後、性機能障害に対する治療は男性不妊症に関しても極めて重要になるでしょう。 引用元:第1回コラム:意外に多い男性の不妊症について | 日本Men'sHealth医学会

男性の不妊検査が受けられるクリニック

出典元:www.pakutaso.com

田園都市レディースクリニック

日本でも数少ない男性不妊外来あり。尿器科領域生殖医療専門医による助言や治療が受けられます。 引用元:男性不妊の検査を受けられる横浜のクリニックと男性不妊の原因

土曜日に泌尿器科の生殖医療専門医による男性不妊外来が開設されており診察治療にあたっております。精液所見に異常があると言われた方、よろしければ一度土曜日の男性不妊外来を受診してみてください。精子の数、運動率、精子の質が良くなるような治療が見つかるかもしれません。 引用元:男性不妊│診療案内│横浜市にある不妊治療を専門の田園都市レディースクリニック

田園都市レディースクリニック二子玉川と合わせた治療実績は26,801人と、横浜でも随一の数字を誇ります。
実績があるクリニックは任せたくなりますよね。

みなとみらい夢クリニック

私たちは、不妊症の原因の殆どは、“卵と精子が体内で出会えていないから”と考えています。
妊娠にたどりつくために、個々の患者様にあわせた治療がいつでもできるような体制を年間365日を通じて取っています。

また身体にやさしい、なるべく薬を使わない治療を目指し、日々努力しています。“もっと自然に”が私たちの目標です。 引用元:みなとみらい 夢クリニック: 当院の治療

個々の患者に合わせた体外受精をいつでも行えるよう、365日体制をとっています。
休診日を設けず、土日祝日も診療しているのでいつでも相談できます。

神奈川レディースクリニック

出典元:www.klc.jp

不妊治療は、患者様の体調や気持ちにいかに寄り添うかが大切。
治療の様々なステップでひとり一人のベストタイミングを計っていくために、
私たちKLCはいつでも患者様に対応できる診療体制を目指しています。
気軽さへのこだわりは、単に診療体制だけではありません。
妊娠を目指すとき、どんな薬より注射より効果があるのが、不安を取り除くこと。
ただでさえストレスがかかりやすい不妊治療ですから、
患者様の気持ちをできるだけ受け止めたい。 引用元:治療への考え方・方針 | 不妊症・不妊治療専門の病院なら | 神奈川レディースクリニック公式サイト

では私たちKLCが実際にどのようにベストを尽くしているか。
基本的な検査の結果を踏まえ、ひとり一人に最適な治療方針を決めていきます。
また思ったような結果が出ない場合は、原因を追究し柔軟に対応し、
次に何をすると効果的なのかを提案していきます。 引用元:治療への考え方・方針 | 不妊症・不妊治療専門の病院なら | 神奈川レディースクリニック公式サイト

相談窓口も数多く用意。医師や看護師、体外受精コーディネーターのほか、不妊カウンセラーによる「個別カウンセリング」を利用することで、不妊治療に対する悩みや不安を解消することができます。
不妊治療は不安がつきものなので相談できる環境があるのはとても重要です。

男性の不妊治療は何をする?

出典元:www.pakutaso.com

無精子症

造精機能障害の一つです。射出精液中に精子を認めないことがありますが、精子の通り道が詰まっている閉塞性無精子症、また造精機能が低下している(もしくはない)ために精子がいない非閉塞性無精子症の2つに分けられます。手術を行うことにより閉塞性無精子症はほぼ100%、非閉塞性無精子症は約30~40%の方で精巣内にある精子を回収することができます。 引用元:男性不妊って?~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと~ | 医療ポータルサイト

射精障害・勃起不全

勃起不全(ED)の患者さまは日本に約980万人いるという報告があり、40歳代では約20%程度、年齢を重ねるごとに有病率は上がることがわかっています。それ以外にも不妊治療により排卵日付近の夫婦生活を指導され、心因性に射精障害・EDを起こすこともあります。また、糖尿病など内分泌疾患などが背景にあり、このような症状を起こすこともあります。原因は様々ですが、EDに関しては治療薬剤もありますので、気軽にご相談ください。 引用元:男性不妊って?~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと~ | 医療ポータルサイト

不妊の悩みはひとりで抱えずに専門家に相談を!

出典元:www.pakutaso.com

今回は男性の不妊治療についてまとめました。
男性不妊を治療しているクリニックは少なくクリニック選びが大変です。
不妊にお悩みの方は是非今回まとめているクリニックを受信してみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING