自分の口臭を自覚できないのはなぜ?指摘される前に行いたいセルフチェック法5つ

自分の口臭を自覚できないのはなぜ?指摘される前に行いたいセルフチェック法5つ画像

出典元:i-concier.net

他人との会話中に「この人、ちょっと口臭が・・・」なんて気になってしまうことは多いもの。同時に「私は大丈夫かしら」と、不安になってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。自分の口臭は自覚しにくいもので、周囲から指摘されるまで気付かなかったなんてことも珍しくはありません。今回は自分の口臭を自覚しにくい理由や、自分で口臭を調べる方法についてご紹介します!

ふゆ 1268 views 2016年6月23日

自分の口臭がわからない・・・自覚しにくいのはなぜ?セルフチェックする方法5つ

出典元:nicoly.jp

「自分の口臭が強いのか弱いのか・・・気になるけど自分ではよくわからない」という方も多いですよね。中には「周囲に指摘されて初めて自分に口臭があることを知った」なんて方もいます。

そもそも、人間はなぜ自分の口臭に気づきにくいのでしょうか。

自分の口臭を自覚できない理由は、嗅覚が順応しやすいことが理由です。同じニオイを嗅いでいると、そのニオイに慣れて感知できなくなってしまうのです。このことは、においへの順応(嗅覚の順応)とも呼ばれています。 引用元:自分の口臭が気になる人のための確認方法/わからない理由 - 息のクリニック

これは嗅覚が低下しているということではなく、私達が生きていくために必要な順応なんですね。でも、自分の口臭が強い場合、やはり周囲との人間関係も心配になりますし、身体の異常を見過ごすリスクにもつながりかねません。

自分の口臭を確認し、口のニオイを知ることは大切なことです。もちろん、ニオイの感じ方は個人差がありますから、過剰に気にしてしまうのは良くありませんが、口臭を知ることで病気や体のトラブルの発見につなげることも可能でしょう。 引用元:自分の口臭が気になる人のための確認方法/わからない理由 - 息のクリニック

口臭の原因は食べ物によるもののほか、虫歯・歯周病などの口腔トラブルや全身疾患、内臓系の病気が関わっていることも・・・。心配し過ぎは禁物ですが、自分の口臭がどれほどのものなのか、健康のバロメーターとして知っておきたいところです。

1.コップで臭いを閉じ込める

出典元:www.jline.net

コップに息を閉じ込めて、一呼吸おいてからコップ内のニオイを嗅いで調べる方法です。コップのほか、ビニール袋などで代用してもチェックすることができます。朝や昼、夕方など、時間ごとの口臭を調べると、自分の口臭はいつ臭いやすいのかチェックしやすくなります。

2.人に直接嗅いでもらう

親しい家族や友人などに、直接自分の口臭を嗅いでもらいます。抵抗がある方も多い方法ですが、自覚できない口臭の場合は率直な意見を聞くことができるでしょう。

3.手の甲を舐める

出典元:sukoyaka-hochi.org

手の甲を舐めて、乾燥したらその臭いを嗅ぎます。舌の汚れや唾液は口臭の原因となるため、実際の口臭とほぼ同じ臭いを感じることができます。

4.歯垢の臭いを確認する

出典元:lidea.today

舌の汚れと同様、歯に付着している歯垢(プラーク)も口臭となります。デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って歯垢を除去し、歯垢の臭いを嗅いでみましょう。

4.口臭チェッカーで確認する

出典元:www.tsuruike.co.jp

いきなり歯医者さんに行くのは恥ずかしい方も多いでしょうし、自分に口臭があるかどうかを知る上では、携帯できるチェッカーは大変便利です。特に、飲み会の後や朝起きたばかりの時などに測定すると口臭の目安になりおすすめです。 引用元:いつでも、どこでも、5秒で口臭をチェックする9つの方法 - さよならコンプレックス

口臭は感覚的なものなので、感じ方も人によって異なります。わかりやすくチェックしたいという方は、口臭のレベルを数値化する「口臭チェッカー」を使用するのもおすすめです。

5.オキシドールうがいで確認する

出典元:www.cainz.com

オキシドールを水で3~10倍に薄め、口に含んでからぶくぶくと軽く口の中をゆすいでから吐き出します。吐き出したオキシドールにたくさんの泡が発生している場合は、歯周病や歯肉炎の炎症や膿にも反応して泡立ちが起こるため、口臭が発生している可能性があります。

また、オキシドール溶液に、全体の3分の1程度の泡が含まれていた場合は、歯磨きが十分にされておらず、磨き残しがあることが予想されます。デンタルフロスや歯間ブラシを使って、もう一度歯磨きをすることをおすすめします。 引用元:いつでも、どこでも、5秒で口臭をチェックする9つの方法 - さよならコンプレックス!

オキシドールでのうがいというのはガラガラうがいではなく、マウスウォッシュのように行う「ブクブクうがい」です。うがい液は希釈によって刺激が強い場合がありますので、口腔内の負担とならない程度の濃度で作りましょう。

セルフチェックでは不安な方は病院でのチェックがおすすめです

出典元:fibromyalgia.info

自分で行える口臭のチェック方法をご紹介してきましたが、医院によっては、口臭治療を専門とする口臭外来を設置していたり、市販の口臭チェッカーよりも精度の高い測定器を置いているところもあります。既に口臭の強さについて深刻に悩んでいる方は、口臭の原因が何なのか、どんな治療法が適切なのかを知るという点でも、専門の病院で診察を受けることをおすすめします。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING