越谷市で良い歯医者を選ぶためには?歯のトラブルを防ぐ方法

越谷市で良い歯医者を選ぶためには?歯のトラブルを防ぐ方法画像

越谷市在住の方で歯のトラブルに悩む方もいることでしょう。また歯周病になっている方もいるのではないでしょうか。こんな歯のトラブルが起こったら、どのような歯科を選んで治療を受けたらいいのでしょうか。

kagoshima 147 views 2019年1月29日

虫歯を放置するリスク

■歯に穴があく

虫歯菌は歯に付着して、食べ物に含まれる糖質を取り込んで歯垢をつくり、じわじわと歯のエナメル質や内側の象牙質を溶かしていきます。一旦付着するとどんどん増殖し、糖質から酸をつくりだして歯のカルシウムやリンなどを溶かすので、歯は次第にもろくなっていきます。

歯の表層のエナメル質に穴があいてから、そのまま放置して内側の象牙質、神経へ侵食すると痛みが起こります。症状が進行するにつれ痛みも激しくなり、最終的には穴があきます。
引用元:虫歯を放置するとどうなる?虫歯の進行と健康リスク | インプラントナビ

虫歯菌は摂取した食べ物に含まれる糖質を取り込んで歯垢を作り、徐々に歯を溶かしていきます。そのまま放置をしていると徐々に穴が開くようになってしまいます。

■痛みが出る

虫歯は初期の段階ではほとんど痛みはありませんが、次第に冷たい物や熱いものがしみてきます(C2程度)。

しかしそのうち噛むだけで痛んだり、何もしなくても痛んだりし始めます。その痛みも激しさを増し、いずれは夜も眠れないほどになってきます(C3からC4)。
引用元:虫歯をずっと放置したらどうなるの? 恐ろしい結果を迎える前に - まぐまぐニュース!

虫歯ができると初期の段階では痛みがあまりないものですが、知覚過敏の症状が発生する場合があります。症状が進行していくと、特に何もしていなくても痛みを感じるようになり、その強さも増していきます。

■口臭の原因となる

虫歯を放置すると、その穴に溜まった食べかすなどが腐り、強い口臭を発生させる原因になります。 引用元:虫歯をずっと放置したらどうなるの? 恐ろしい結果を迎える前に - まぐまぐニュース!

虫歯があるのにそのまま放置をしていると、歯の隙間や穴が開いている部分に食べ物のカスが溜まり、徐々に強い口臭を発生させてしまいます。痛みだけではなく、周囲の方にも迷惑をかけてしまうのです。

良い歯医者の選び方

■専門医が在籍してる

歯科医には、認定医や指導医、専門医といったより専門性の高い資格を持った医師がいます。より高度で効率的な治療を受けるためにも、時にはこうした有資格者のいる歯科医院を選ぶのが大切です。 引用元:【完全版】越谷にあるおすすめ歯医者さん大全!

歯科医としての技術があるかどうかは、専門的な知識を持っていてそれを証明する高い資格を持っているかどうかで判断できます。有資格の歯科医のいる歯科を選択することが大切です。

■説明が丁寧

引用:歯医者を受診するには様々な理由があると思います。しかし、なぜ治療が必要で、どのような種類の治療があり、どんな選択肢があるのか?費用はいくらか?などが患者さんは最も説明してほしいことではないでしょうか。 引用元:いい歯医者の選び方! 11の見分けるポイント言っちゃいます – のびーる歯科

歯科は多くありますが、その中でも不安を大きく持つ患者さんに対して親切で丁寧な説明をしてくれる歯科が信頼できます。その際に様々な説明を受ければ、安心して治療が受けられます。

■保険外治療の利点などを教えてくれる

そもそも、保険適応治療が最善の治療ではありません。費用の以前にすべての選択肢、利点や欠点など説明を受ける権利はどなたにもあります。

歯科医療も進歩してきていて、保険適応外の治療にも優秀なものは非常にたくさんあります。 それをふまえ、説明を受けたうえで選択すべきではないかと考えます。
引用元:歯科医師が教える!良い歯医者さんを選ぶ際の6つの条件とは?

保険内で治療を受けるだけではなく、場合によっては保険外の治療を受けたいと思う方もいます。そんな時に保険外治療のメリットなどを詳しく説明してくれる歯科なら安心感を得られます。

歯周病の症状について

■出血する

歯肉に炎症が起きていると食物や歯ブラシ程度の刺激でも歯肉から出血しやすくなります。ただ、炎症の進行やその日の全身の健康状態などにより必ず出血するとは限りません。
歯磨きのとき一度でも出血したことに気づいたならば、早めの受診をお奨めします。
引用元:歯周病の症状 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会

歯周病になると歯磨きの際に歯肉から出血を起こしてしまうことがありますこの原因として炎症が進行していることが挙げられますが、単にそれだけではなく全身の健康状態も関わっていることがあります。

■歯茎が腫れる•歯がぐらつく

歯ぐき(歯肉)がはれたのは炎症があるためです。その症状は多くの場合慢性で、自覚症状がないまま進行します。ただ、全身的な免疫力が弱まったときなどに痛みや違和感といった自覚症状として現われやすくなります。
歯周病の進行に伴って歯を支えていた骨(歯槽骨)が徐々に吸収されますから、歯の動きも大きくなります。たとえ今はれが治っていても、歯周病が治った訳ではありません。早めに受診しましょう。
引用元:歯周病の症状 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会

歯周病が進行していくと徐々に歯茎が腫れたり歯が動揺してしまうことがあります。これは全身の免疫力が低下している場合に起こりやすいものです。この段階になる前に歯科に行くことが大切です。

■口臭がきつくなる

歯周病が進行していくと歯が腫れたり化膿することがよくあります。その際に口臭を発生することが多く、周囲にも口臭が分かってしまい場合も良く見られます。

まとめ:歯のトラブルを防ぐためにしっかり歯磨きをしよう!

歯周病になると大切な歯を失ってしまうことがあります。歯周病は早期発見早期治療が大切ですが、本人の自覚がなく症状が進行してしまうことも多いものです。口臭や炎症など、些細なことでも気づいたら信頼できる歯科を選択して治療を受けることが大切です。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING