フェイスリフトの失敗例と信頼できるクリニックの選び方

フェイスリフトの失敗例と信頼できるクリニックの選び方画像

年齢と共に気になるたるみが起こる理由をはじめ、たるみ改善におすすめの治療、フェイスリフトのさまざまな方法についてまとめました。ただ、フェイスリフトは失敗例もある治療の一つです。失敗しないためにはクリニック選びも大切になっていきますので、失敗しないクリニックの選び方もまとめました。

autumn0920 246 views 2019年1月28日

顔のたるみが起きる理由

鏡を見て、ふと年齢を感じてしまうことがあります。その原因は顔のたるみかもしれませんね。

目元や頬、口元などのたるみが出てくると、一気に年齢が上がったように感じます。どうして顔のたるみは起こるのでしょうか?

■表情筋の衰え

顔は、皮膚の奥に脂肪があり、筋肉、骨という構造になっています。筋肉は脂肪の奥で脂肪や皮膚を支えているため、筋肉が衰えてくるとその上にある皮膚などを支えきれなくなって、顔全体のたるみにつながります。 引用元:スキンケア大学

■コラーゲンやヒアルロン酸の減少

0歳を100%としたとき、コラーゲン線維の割合は右肩下がりに減少しますが、20歳を境に急激にコラーゲン線維が減少。30歳の時点ではなんと半分以下にまで!年齢を重ねるにつれてたるみやシワなどの老け顔サインが現れるのは、コラーゲンの減少によるものなのです。 引用元:たるみはコラーゲンで解消できる!~医師が明かす、コラーゲンの可能性~|株式会社ドクターシーラボのプレスリリース

■むくみや脂肪も原因に

むくみは一見たるみとは関係ないようにみえますが、老廃物がたまってしまうと新陳代謝を妨げます。

新陳代謝が悪くなるとどうしても脂肪がたまりやすくなります。顔は身体と違って、なかなか運動できませんよね。脂肪がたまるととても燃焼しにくい場所でもあるのです。

脂肪がたまると頬が重くなりますので、たるみの原因になってしまいます。 引用元:頬のたるみの原因は?たるみ解消に今すぐ始めたいリフトアップ方法 | 女性の美学

■お肌の乾燥

肌の乾燥により水分量が低下することでも肌の弾力やハリは失われるため、肌の乾燥が慢性化している方も頰がたるみやすいので注意が必要です。 引用元:老け顔の原因・頬のたるみにサヨナラ!たるみを解消・改善する方法 | Transderma Blog - トランスダーマ ブログ

フェイスリフト手術でたるみ解消ができる

さまざまな理由でおこるたるみを改善するためには、たるみが起こる理由を無くしていくことが大切ですが、理由によってはどうしても年齢に抗えないケースもあります。

また少しずつではなく、効率的にたるみを改善したい場合など、どうしたらよいのでしょうか。

フェイスリフトは若返りを根本的に解決する美容外科手術です。髪の生え際や耳のまわりなどの目立たないところを切開し、緩んだ皮膚や筋肉組織を引き上げます。表情筋の筋膜を同時に修正するので、自然な表情に仕上がります。

手術に抵抗がある方には、プチ整形的な感覚で受けられる切らないフェイスリフトがございますが、効果には限界があり、メスを使うリフト手術で得られる高い効果には及びません 引用元:フェイスリフトとは?|フェイスリフトで顔のたるみを改善ファーストビューティクリニック

深刻なたるみやしわを解消し、若い頃のようなフェイスラインを取り戻すには、「フェイスリフト手術」が最も短期間で効果が実感できる方法です。 引用元:老け顔の原因・たるみ2|フェイスリフト手術は傷跡が残ると思っていませんか?| 病院・医院検索のマイクリニック

美容外科などで受けられるフェイスリフトは、短期間で効果的にたるみの改善が可能だということです。

フェイスリフト方法

フェイスリフトとひとことで言っても、実はいろいろな方法があります。大きく分けるとメスを使て行う手術と、メスを使わない手術があるそうです。それぞれの違いやメリット・デメリットなどをまとめました。

■メスを使う手術

狭義のフェイスリフト手術は、メスを駆使することで顔のたるみを根本的に解決させ、エイジングケアを確実に達成させる、美容外科ならではの特殊な技術です。もちろん、メスを使うからといって目に見えるキズが生じることはありません。 引用元:フェイスリフトの専門院ファーストビューティクリニックでエイジングケア

額・眉間、鼻根、目尻のシワ(カラスの足跡)を、内視鏡という微小カメラを用いて一気に引き上げます。
頭髪内の小切開からアプローチしますので、傷が目立ちません。 引用元:額フェイスリフト-しわ・たるみ改善|美容整形ならリッツ美容外科

フェイスリフトの切開は、傷あとが目立たない部分を選んで行います。さらには傷あとが目立たない縫合方法を用いて丁寧に細かく縫合します。
 ですが、皮膚を切開する以上は傷が残ることは避けられないことをご理解ください。 引用元:フェイスリフト(SMASリフト)頬・顔のシワたるみ|神戸大学医学部附属病院 美容外科...

フェイスリフトといえば、もともとはメスを使い、皮膚を切開してSMASとよばれる膜を引き揚げるものだそうです。切開をするだけに、傷跡はどうしてもできてしまうというデメリットがありますが、非常に効果的なリフトアップが可能というメリットがあります。

■メスを使わない手術

フェイスリフトの中でも、顔の皮下組織に特殊な糸を入れる方法の場合はメスも使わない。 引用元:顔のたるみを引き上げたい!メスを使わない施術を高須院長に聞いた | 女子SPA!

40代半ばの方でしたら、切開せずに糸を挿入してお顔のたるみを引き上げる

【シルエットリフト】や【ミラクルリフト】でも、充分にリフトアップ効果はございます。

また、高周波治療の【サーマクール】も大変おすすめできます。 引用元:フェイスリフトのよくある質問 | 美容外科、美容整形なら城本クリニック

たるみ治療に関しては、他にもミニフェイスリフトやミディアムフェイスリフトなどの外科手術があります。やはり、メスを利用した外科手術のほうが治療効果が高いのは確かです。 引用元:スレッドリフト|目黒区洗足にある洗足整形・形成外科

メスを使わない手術は、特殊な糸を挿入して、たるんでしまった組織を引き上げるという手法によるものになります。最近では糸ではなく幅広のリボンのようなものを入れて引き上げる方法もあるようです。

メスを使わないため傷跡が目立ちにくいというメリットがある反面、メスを使った手術の方が効果は高いようです。

フェイスリフトの失敗例

美容医療は効果的な反面、副作用や失敗といったデメリットも併せ持ちます。とくにフェイスリフトの手術では、失敗をしてしまったという話も聞くことがあります。

フェイスリフト手術が失敗してしまうと、どうなるのでしょうか。

■効果が感じられなかった

リフトアップ施術やフェイスリフトで多い失敗は、リフトアップの効果が出なかったというもの。高周波やレーザー、ボツリヌストキシン(ボトックス)注入などによる治療は、肌へのダメージが少なく、ダウンタイムも比較的短いというメリットはありますが、その分、効果が出にくいということが多いようです。 引用元:【フェイスリフト医師監修】リフトアップ治療の失敗から学ぶクリニック選び

■引きつった顔になる

これは糸の特性に見合った施術が行われていなかった
事が原因で起こりますガーン

たとえば・・・ミントリフトやスプリングリフトのように
リフト効果の高い糸を使ったがために・・・
強く引っ張られ過ぎてしまった場合です汗

そうなると表情が作れなくなり、
結果、引きつった顔になってしまうというわけです 引用元:~糸フェイスリフトのよくある失敗。前回の続き・・・~ _ ビューティコンシェルジュ 神保良樹オフィシ

■深刻な後遺症が残った失敗例

1年ほど前に頬のタルミを取るフェイスリフト手術を受けました。
術後右側が顔面神経麻痺になり眉が上がらない、眼が閉じない状態になりました。
3ヶ月位で眉が上がらないなどの「見た目におかしい状態」は改善しましたが、
寝る時に横向き寝で右側を下にして寝ると右目から涙がポロポロ出てきたり
今も後遺症に悩まされています。 引用元:美容整形失敗による返金について。弁護士さんに依頼しないと難しいですか? - 弁護士ドットコム

美容医療は自分が思い描く効果と、医師が目指す効果に差異がある場合もあるため、医師から見た時に効果があったと感じられても、治療を受けた方にとっては効果が感じられなかった。というケースもあるようです。

傷跡が残ってしまったというものや、引きつったような顔になってしまったという失敗例だけではなく、深刻な後遺症を残すような失敗例も存在しています。

失敗しないクリニックの選び方

深刻な後遺症まで残すケースがあるフェイスリフト手術の多くは、医師と患者さんとの意思の疎通がうまくできていなかったり、医師の技術力が未熟だったというケースが多いようです。そこで、フェイスリフト手術の失敗を招かないためのクリニックの選び方をみてきましょう。

■実績の豊富さ

【あなたにとっては一発勝負】の手術となりますが、経験豊富な先生であれば、あなたと似たような症例の方の手術を経験しているはずです。 つまり、【その先生にとっては初めての事例ではない】ということです。

1,000件以上は手術を経験している先生にお願いできるといいでしょう。 引用元:クリニックを選ぶ5つのポイント|フェイスリフト解説ガイド

■カウンセリングから手術まで同じ医師であること

スキンケアなどごく一部の施術をのぞき、初回のカウンセリングから手術、アフターケアまで、全て院長である私が行います。医療行為において、これはもっとも重要な「当たり前のこと」と考えています。
責任の所在が曖昧になりがちな非常勤医師(時には名義貸し)や、知識・経験の少ない医師が診療を行うことがありますが、当院ではそのようなことは絶対にありません。院長がすべて診療に携わります。 引用元:美容外科・美容整形 | 飯尾形成外科クリニック | 病院紹介

当たり前といえば当たり前ですが、カウンセリングからしっかりと治療を行う医師が関わってくれることで、患者さんの希望がダイレクトに伝わりますよね。医師と患者さんの意見がしっかりと合致して初めて治療に入れるため、カウンセリングから手術まで一人の医師が担当してくれることは非常に重要です。

■リスクや副作用もしっかり説明してくれる

アフターケアの説明はあったか?
施術後のケアメニューは充実しているか?
腫れや痛み、副作用などのリスク説明はあったか?
施術後もきちんと検診してくれるか?
診療・施術の内容に関わらず、施術後のケアは仕上がりを左右するほど重要です。ダウンタイムの不安、腫れや痛みから早く回復するためにも、施術後のケアや医師のチェックはとても大切です。診療・施術を「やり逃げ」するようなクリニックではなく、最後までケアしてくれるクリニックを選びましょう。 引用元:はじめての方へ | 美容整形・美容外科のサフォクリニック

ご紹介した3つのポイントをすべてクリアしたクリニックであれば、信頼できるクリニックといえます
さらに、形成外科専門医やに美容外科専門医資格を有する医師が治療を担当してくれれば安心感はより高まりますよ。

まとめ

たるみを改善させることで、見た目年齢-10歳を叶えられることもあります。フェイスリフト手術は、たるみを気にする方にとっては救世主ともいえる手術の方法ですね。

ただし、失敗してしまうケースもあります。フェイスリフト手術を受けるときには、クリニック選び、さらには医師選びがとても重要であることが分かります。ぜひフェイスリフト手術の実績が豊富で、あなたの顔のたるみの改善にぴったりの方法で手術を行ってくれる医師を探してください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING