大阪で下肢静脈瘤の治療を受けられる病院は?

大阪で下肢静脈瘤の治療を受けられる病院は?画像

ふくらはぎなどの血管がもこもこと盛り上がる「下肢静脈瘤」は見た目だけではなく深刻な症状を引き起こす危険がある病気です。大阪にはこの下肢静脈瘤の治療を専門的に行っている病院もあるため、気になる方は受診をしてみることがおすすめです。この記事では大阪で下肢静脈瘤の治療が受けらえる病院をまとめています。

autumn0920 141 views 2019年2月7日

下肢静脈瘤ってどんな病気?

健康志向の高まりで、テレビでも健康に関する話題を取り扱う番組が増えていますよね。その中で、最近よく話題となっているのが「下肢静脈瘤」です。

この下肢静脈瘤とはいったいどのような症状がでて、どのような病気なのでしょうか。

下肢静脈瘤は、静脈内の血管の「逆流防止弁」が壊れることによって起こる。女性に多く、30歳以上では60%以上発症すると見られるようだ。最も多いのは足の静脈の本幹や枝分かれする箇所が瘤のように太くなり、血管が浮き出る「伏在静脈瘤」。 引用元:下肢静脈瘤 _ 名医を探すドクターズガイド

軽度のものでは、重苦しい感じ、だるさ、痛み、むくみなどの症状があらわれます。美容上の観点から気にされる方もいらっしゃいます。さらに症状が強くなると、皮膚に変化が生じ、色素沈着(皮膚の色が黒っぽくなる)、皮膚硬結(皮膚が硬くなる)、血栓性静脈炎(静脈の炎症)、皮膚潰瘍(皮膚が崩れえぐれたようになる)まで多くの症状があり、放置すると少しずつ悪化していきます。 引用元:下肢静脈瘤って?|血管の病気を知ろう!予防にいかそう!血管の病気について 日本血管外科学会

下肢静脈瘤とは足の血管がふくれてこぶの様になる病気です。“すばこ”と呼ぶ地域もあります。良性の病気ですので、治療をしなくても健康を損なうことはありません。しかし、自然に治ることはありませんので、足にこぶの様な血管が目立つ見た目の問題、だるさやむくみなどの症状が日常的に起こり、患者さんを苦しめます。重症になると、湿疹ができたり、皮膚が破れたり(潰瘍)、出血をおこすことがあります。 引用元:下肢静脈瘤とは?|下肢静脈瘤専門の日帰り手術・お茶の水血管外科クリニック

放置しても命にかかる病気ではないようですが、ふくらはぎに瘤のように膨らんだ血管が目立つため、見た目が非常に気になる病気だということです。

女性に多い病気ということもあり、非常に気にかかりますね。自然に治ることがないという点も、非常に気にかかる点です。

大阪で下肢静脈瘤の治療ができるクリニック

命にかかる病気ではなくても、見た目を改善させるために治療を受けたい女性は多いですよね。大阪で下肢静脈瘤の治療を行っている病院やクリニックは多いようです。その中でも評判が良いクリニックについてまとめました。

■梅田血管外科クリニック

出典元:www.umeda-vvc.com

2013年9月開院ながら、1,000件以上もの下肢静脈瘤の治療実績がある。2014年の治療は650件以上にものぼり、外来の数が多いため、診療予約が少し先になってしまうこともしばしば。
院長は、梅田血管外科クリニック以外の病院で、年間40~50例の大動脈瘤治療もしている。治療方法は、体への負担が少なく保険適用となる高周波およびレーザー治療がメイン。 引用元:大阪にある下肢静脈瘤治療の専門クリニック5選

こちらのクリニックは血管のスペシャリストともいえる医師が在籍しているようです。非常に信頼できるクリニックと言えますね。

■皮ふ科眼科くめクリニック

大阪府堺市西区にある「くめ皮膚科クリニック」の久米 昭廣院長は下肢静脈瘤の名医です。
症状にもよりますが、日帰り手術で治療可能です。硬化療法と併用されるケースが多いので、保険適用の治療以外に自費で弾力ストッキング(約一万円)などの着用が必要となる場合があります。 引用元:大阪で下肢静脈瘤の手術をするならばどこが信頼できますか? - 下肢静脈瘤... - Yahoo!知恵袋

美容皮膚科の分野に力を入れている病院となっていますが、医院長は下肢静脈瘤の名医ということで、人気も高いクリニックです。美容の面もしっかりと見ていただけそうという点も女性としては嬉しいですね。

■坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニック院長の坂田雅宏氏は、1994年から20年以上にわたって下肢静脈瘤治療を行っています。 日本有数の症例数により、あらゆる症状に対応することができるクリニックです。 引用元:下肢静脈瘤の名医・専門医がいる大阪のクリニック

大阪にとどまらず、日本屈指の名医である医院長が在籍しているのは心強いですね。

下肢静脈瘤の原因やなりやすい人

日本人では40%以上の人に見られるという下肢静脈瘤は、どのような人がかかりやすいのでしょうか。下肢静脈瘤の原因やかかりやすい人の特徴をまとめました。

■下肢静脈瘤の原因

静脈血管内には血流の逆流を防ぐための弁があり、その弁は加齢や妊娠、運動不足、長時間の立ち仕事などにより機能が低下したり、弁が壊れたりすると、下肢静脈瘤の原因となります。 引用元:下肢静脈瘤の原因と治療|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部

■下肢静脈瘤になりやすい人とは

仕事で立ちっぱなし、または座りっぱなし
歩いたり、立ったり座ったりといった動作をしていると、足の筋肉が動作します。筋肉が動くと血流を促す効果があり、これを「筋ポンプ作用」と呼びます。しかし、同じ姿勢で立ち続け(あるいは座り続け)ていると、足の筋肉を使わないので筋ポンプ作用が働きません。すると足に血液が滞留し続けるため、血管が太くなります。通常は静脈には逆流を防ぐ弁がありますが、血管が太くなるとこの弁が働きにくくなります。 引用元:下肢静脈瘤になりやすい人や職業とは?!発生メカニズムと治療法について | 大阪市で下肢静脈瘤なら梅田血管外科クリニック

下肢静脈瘤は女性が男性よりやや多く、妊娠・出産が発症のきっかけになることが多いのが特徴の一つです。 また、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている方、運動不足の方、親族に下肢静脈瘤が多い方、太り気味の方、長身で脚の長い方も注意が必要です。 引用元:下肢静脈瘤とは|ドクターが推薦する専門医療機関

男性に比べると女性の方が筋力が弱いために発症するケースが多いそうですよ。

下肢静脈瘤を防ぐには同じ姿勢をし続けないことが大切のようですね。

大阪には下肢静脈瘤の治療に特化した医師が多くいるので安心しよう!

下肢静脈瘤に悩む女性は多いですが、最近では下肢静脈瘤の治療を専門的に行っているクリニックも増えてきています。大阪には、下肢静脈瘤の治療を得意としていて、名医呼ばれているドクターも多くいますので、気になる方は一度クリニックを受診してくださいね。

自然に治ることがない下肢静脈瘤に悩み続けるよりも、治療を受けて改善していく方が前向きですよね。

まとめ

年齢を重ねるごとに筋力が低下するため、下肢静脈瘤は起こりやすくなるようですが、妊娠や出産がきっかけとなり、若い女性でも下肢静脈瘤ができることもあるようです。

早めに対処すれば下肢の見た目を大きく損なうこともないようですので、気になる症状がある方は一度受診されることをおすすめします。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING