妊娠線予防クリーム選びのポイント

妊娠線予防クリーム選びのポイント画像

妊娠線を予防するために、専用クリームやオイルでのケアは必要不可欠。そんな妊娠線予防クリームについてまとめました。

hiro3mi 30 views 2019年2月5日

妊娠線はなぜできるの?

妊娠線は、どのような原因でできてしまうのでしょうか。

●お腹の伸びに皮膚の内部がついていけないため

妊娠してお腹が大きくなるのに伴って、皮膚が徐々に伸びていくのですが、伸びやすい表皮に比べ、真皮や皮下組織の一部は弾力性がなく、急激なお腹の伸びについていくことができません。
それが限界に達した時、表皮に亀裂ができて、線となってあらわれます。
これが妊娠線です。
表面上の傷だけなら新陳代謝でいつかは治るものですが、妊娠線ができる時には真皮にまで断裂が入るので、なかなか治りにくくなるのです。 引用元:妊娠線はなぜできる?その原因とは?どこにできる?できやすい人はどんな人? | ママズアップ

●肌の弾力がなくなるため

妊娠中は、「コルチコ・ステロイド」というホルモンの分泌が増加します。このホルモンは、肌に弾力をもたらす繊維を作る細胞「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」の増殖を抑えてしまいます。
結果、皮膚が薄く固くなって敏感になり、新陳代謝が正常に行われなくなります。
こうして弾力を失った肌では、妊娠していない状態の時よりも、断裂が入りやすくなるのです。 引用元:妊娠線はなぜできる?その原因とは?どこにできる?できやすい人はどんな人? | ママズアップ

妊娠線予防クリーム選びのポイント

妊娠線を予防するクリームはたくさん販売されていますが、自分に合ったクリームを選ぶにはどのようなポイントで選べばよいのでしょうか。

●妊娠線予防クリームと普通のボディクリームとの違い

妊娠線クリームと普通のボディクリームとの一番の違い、それはズバリ再生力・浸透力です。
まず、妊娠線クリームに含まれる葉酸は、私達の体にとって大切な栄養素で、特に細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。
つまり、葉酸は細胞の再生、肌の再生に効果的なのです。
そして、妊娠線クリームにはスーパーヒアルロン酸やプラセンタなど女性に嬉しい保湿成分がたくさん含まれています。

引用元: 妊娠線クリームとボディクリームの違いは?妊娠線予防の効果は同じ? | umeru

妊娠線は、皮膚の表面ではなく、真皮層が裂けて起こるもの。
ボディクリームは肌の表面を保護するだけなので、妊娠線予防は期待できないのに対して、妊娠線クリームは妊娠線予防が期待できる成分がしっかり入っています。
また、妊娠線クリームは妊婦のためにしっかり低刺激。
無香料なものがほとんどなので、つわりがある時期でも安心して使うことができます。

引用元: 妊娠線クリームとボディクリームの違いは?妊娠線予防の効果は同じ? | umeru

●妊娠線予防にはクリームとオイルがある

オイルとクリームのどちらにすべきか悩んでいる場合は、どちらも使うことをおすすめします。水分の多いクリームで肌に成分や油分がなじみやすい状態にしてから、オイルで保湿するのはいかがでしょうか。
スキンケアでは、水分が多い化粧水を先につけ、油分の多い乳液を後につけるのが一般的ですよね。妊娠線予防のクリームとオイルも、水分の多いクリーム、油分の多いオイルの順で保湿するのがおすすめです。

引用元:【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ? | ままのて

妊娠線ができやすい下腹部にオイルを塗り、次に妊娠線ができやすいお尻や二の腕などにはクリームを塗るのもおすすめですよ。コスト面が気になって、オイルだけを買う場合は、お風呂の後に使うと良いでしょう。 引用元:【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ? | ままのて

●妊娠予防クリームはどう選ぶ?

妊娠中はお肌が敏感になりやすいため、なるべく優しい使い心地のアイテムを選びましょう。
妊娠線予防のためには、とにかくお肌を保湿することが大切です。そこで、次のような保湿成分配合のものを選びましょう。
特におすすめなのは、高保湿成分・セラミド。高浸透、高保湿でお肌に優しくうるおいを与えてくれますよ。
引用元:妊娠線予防クリームおすすめ13選|選び方から妊娠線の予防法まで全解説 - Vera

妊娠線ケアは、妊娠中期~後期で継続して行うことが重要なため、ムリなく使い続けやすいものを選びましょう。
•香り、テクスチャー(肌触りや質感)
…使っていてストレスを感じないもの
•価格
…無理なく続けやすい値段
…といった点を確認してみてくださいね。
特に妊娠中は匂いに敏感になるため、無香料のものか、トライアルやお試し価格のもので事前に香りをチェックしておけると安心です。

引用元:妊娠線予防クリームおすすめ13選|選び方から妊娠線の予防法まで全解説 - Vera

妊娠線予防の基本

妊娠線を予防するための代表的なポイントを紹介します。

●ケア用品を使う

妊娠線の予防法はいろいろありますが、基本となるのはスキンケア。食生活の見直しやマッサージ、姿勢を正すこと、予防グッズを使うことなども大切ですが、それらと併用して、妊娠線予防専用のスキンケア用品を使用するのがおすすめです。 引用元:【妊娠線予防クリームnavi】キレイでいたいプレママさん必見!

●急激な体重増加を防ぐ

急激に体重が増えた場合も、妊娠線ができやすくなります。
しかし妊娠中は10キロ前後は太るものですし、無理なダイエットは禁物です。
特に太りやすいのは、つわりが終わっていろんなものがおいしく感じる安定期。
同じ体重が増えるにしても、徐々に増えていくのと一気に増えるのとでは、皮膚にかかる負担が違います。
医師から体重について注意されている人は、赤ちゃんに悪影響が出る可能性もありますので気をつけましょう。

引用元:妊娠線とは?できやすい人の特徴と予防方法 | 妊活アリビオ

●バランスの良い食事と運動

栄養バランスの偏った食事は、肌に悪いだけでなく太る原因にもなります。
体重が気になる場合は、3食バランス良く食べた上でウォーキングなどの運動をしてください。
野菜や果物を意識してとり、さらに炭水化物、魚、肉もきちんと食べることが大切です。
栄養バランスのとれた食事は、何より赤ちゃんの成長に不可欠です。便秘解消にも効果的なので、3食しっかり、いろんな食材を食べてくださいね。

引用元:妊娠線とは?できやすい人の特徴と予防方法 | 妊活アリビオ

妊娠線と肉割れの違いは?

肉割れと妊娠線には実は大きな違いはありません。
身体のお腹周り、お尻、太もも、肩、背中などの部分に線が入り肉が裂けているような状態に変化することを肉割れと呼び、
妊婦のときにお腹が大きくなってきた時にお腹に腺が入ってしまうことを妊娠線と呼び、ストレッチマークや皮膚伸展線条と呼ばれることもあります。 引用元:肉割れと妊娠線の違い!予防法から解消法まで消す為に知っておくこと

肉割れも妊娠線も身体に赤や白い線が入ることから原因により呼び方は違えど、腺が入ってしまう根本的な原因は同じと言われていて、どちらも細胞が切れてしまうことから身体に亀裂が入ったような線を生み出してしまうのです。
つまり、身体にもたらす線の要因は異なり呼び方が違えど原因は同じ事から、予防方法、ケア方法、解消法ともに基本的には同じ方法といわれています。

引用元:肉割れと妊娠線の違い!予防法から解消法まで消す為に知っておくこと

妊娠線予防は難しくないので日常生活の中に取り入れよう!

クリームを塗ったり急激な体重増加に気を付けたり、妊娠線予防のためにやることは普段の習慣にしやすいものが多いです。
自分の身体や健康自体にも良い影響があることなので、日常生活に取り入れましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING