ママを悩ませる妊娠線!妊娠線予防クリームで事前にケアをしておこう!

ママを悩ませる妊娠線!妊娠線予防クリームで事前にケアをしておこう!画像

出典元:www.pakutaso.com

おすすめの妊娠線予防クリームについてまとめました。

由衣 32 views 2019年2月7日

出典元:pixabay.com

妊娠線は多くの妊婦を悩ませます。
妊娠線予防の準備はお腹が大きくなる前からしておくべきです!
今回は妊娠線予防のクリームについてまとめたので是非参考にしてみてください。

妊娠線ができる原因

出典元:pixabay.com

お腹の伸びに皮膚の内部がついていけないため

妊娠線は、「肉割れ」と表現されることもあります。

妊娠してお腹が大きくなるのに伴って、皮膚が徐々に伸びていくのですが、伸びやすい表皮に比べ、真皮や皮下組織の一部は弾力性がなく、急激なお腹の伸びについていくことができません。

それが限界に達した時、表皮に亀裂ができて、線となってあらわれます。

これが妊娠線です。 引用元:妊娠線はなぜできる?その原因とは?どこにできる?できやすい人はどんな人? | ママズアップ

肌の弾力がなくなるため

妊娠中は、「コルチコ・ステロイド」というホルモンの分泌が増加します。このホルモンは、肌に弾力をもたらす繊維を作る細胞「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」の増殖を抑えてしまいます。

結果、皮膚が薄く固くなって敏感になり、新陳代謝が正常に行われなくなります。

こうして弾力を失った肌では、妊娠していない状態の時よりも、断裂が入りやすくなるのです。 引用元:妊娠線はなぜできる?その原因とは?どこにできる?できやすい人はどんな人? | ママズアップ

オススメの妊娠線予防クリーム

出典元:www.pakutaso.com

ナチュラルマーククリーム(ママ&キッズ)

出典元:www.natural-s.jp

なめらかなつけ心地や保湿力の高さから、多数の育児誌で口コミ人気1位を獲得するクリーム。妊娠線を防ぐ美容成分が、妊娠線予防に欠かせない肌の弾力と柔軟性をサポート。産後は赤ちゃんと一緒に使えるくらい肌への優しさにもこだわっています。 引用元:【妊娠線予防クリームnavi】キレイでいたいプレママさん必見!

つわり時期でも使える無香料で低刺激
つわりの時期でもニオイを気にせず、お使いいただけます。気になる着色料もカットした低刺激処方なので、敏感に傾いた肌にも最適です。 引用元:[公式]妊娠ボディにママ&キッズ | ママの支持率No1のスキンケア‎

産後クリームが余ってしまったら、ママの乾燥ケアはもちろん低刺激だから赤ちゃんの全身保湿にもお使いいただけます。 引用元:[公式]妊娠ボディにママ&キッズ | ママの支持率No1のスキンケア‎

妊娠中はつわりでにおいが気になると思いますが、無香料なのは妊婦さん思いの商品ですよね。
赤ちゃんにも使える優しい成分でできているので産前、産後ともに安心です。

ナチュラルマーククリームを使った妊娠中のボディケア

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=Y3MaRc7Uwro

ベルタマザークリーム(ベルタ)

出典元:belta-shop.jp

妊娠中から産後のママ、赤ちゃんにも使える、肌にやさしいオーガニックのボディケアクリーム。
妊娠中に気になる線などを予防し、肌をすこやかに保ちます。
無添加にこだわって、シラノール誘導体やコエンザイムQ10、ヘスペリジンとオーガニックのボタニカル原料に、スーパーヒアルロン酸、馬プラセンタエキス、魚由来のコラーゲンをプラス。
のびがよくてベタつかず、みずみずしい使い心地で、産後の引き締めにもおすすめです。 引用元:ベルタマザークリーム|ベルタ公式ショップ

・安心で優しいオーガニック原料5種類配合
・イキイキした肌のためのコエンザイムQ10配合
・高い還元力のヘスペリジン配合
・高品質な美容成分3種配合
・引き締めイキイキの葉酸配合
・アミノ酸・ビタミン5種配合
・社員スタッフのママケアサポート 引用元:ベルタマザークリームの原材料について|ベルタ公式ショップ

オーガニック・無添加で体に優しいです。
産後も妊娠線予防だけでなく美容クリームとしてしようできるので無駄になりません!

妊娠線ができやすい場所はどこ?

出典元:pixabay.com

お腹

お腹は誰もが気にする、一番注意が必要な場所であると同時に、多くの方にとってもっとも妊娠線のできやすい場所となります。

お腹といっても特に下腹部、おへその下あたりが危険ゾーンです。また、胎児が大きくなるとお腹が風船のようにグンと伸びますので、ちょっと油断した隙にお腹全体がひび割れしたように妊娠線が走るという人がいます。 引用元: 妊娠線予防はお腹だけじゃダメ?妊娠線のできやすい部位と部位別予防法

太もも

腰からお尻にかけて脂肪がしっかり付く人は、それを支える太ももにも脂肪が多くつきやすいので注意しましょう。

特に太ももの内側に皮下脂肪を溜め込みやすく、お肉が急激についてきますので日頃から注意しておく必要があります。
また、ふくらはぎにも妊娠線ができる人もいます。 引用元: 妊娠線予防はお腹だけじゃダメ?妊娠線のできやすい部位と部位別予防法

胸は妊娠初期から乳腺が育ち始め、ボリュームアップ。臨月までの間に、2カップほど大きくなります。



妊娠前は胸の周りをしげしげと見ることもなかったと思いますが、妊娠が発覚したら毎日チェックした方が良いですね。

急に膨らみ始めた胸に皮膚がつっぱり、皮が伸びで亀裂が入りやすくなってしまいます。 引用元:妊娠線ができやすい体の部分はこの5つ! - 妊娠線予防クリームで綺麗

腰~お尻

「デブになった」とショックを受ける方も多いですが、産後に骨盤をしめて、ダイエットの努力をすれば体型を戻すことも不可能ではありません。

赤ちゃんの元気に成長するために必要なんだと、受け入れてくださいね^^;

妊娠後期はぐんぐんとお腹が大きくなり、それにともない腰回りも膨らんできます。乾燥させず、肌を柔らかく保っておきましょう。 引用元:妊娠線ができやすい体の部分はこの5つ! - 妊娠線予防クリームで綺麗

妊娠線はお腹にできるイメージが多いですが、身体のいたるところにできるようです。
産後も綺麗な身体を保つためにクリームを塗るべきですね。

妊娠線予防クリームでキレイな肌を保ち続けよう!

出典元:www.pakutaso.com

スキンケアでは、水分が多い化粧水を先につけ、油分の多い乳液を後につけるのが一般的ですよね。妊娠線予防のクリームとオイルも、水分の多いクリーム、油分の多いオイルの順で保湿するのがおすすめです。

妊娠線ができやすい下腹部にオイルを塗り、次に妊娠線ができやすいお尻や二の腕などにはクリームを塗るのもおすすめですよ。コスト面が気になって、オイルだけを買う場合は、お風呂の後に使うと良いでしょう。 引用元:【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ? | ままのて

今回は妊娠予防線クリームについてまとめました。
妊娠線予防にはお腹が大きくなる前から保湿が大事になってきます。
お腹が大きくなってから対策するのでは遅すぎます!
是非この記事で紹介した予防線クリームを試してみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING