介護の仕事現場はどんなところ?介護資格を取得するメリットとは?

介護の仕事現場はどんなところ?介護資格を取得するメリットとは?画像

就職に有利といわれる介護資格について、その種類や仕事現場、注意点などをまとめました。

hiro3mi 33 views 2019年2月5日

介護資格の種類

介護の資格には、どのような種類のものがあるのでしょうか。

●介護職員初任者研修

標準受講期間:約1~4カ月
介護職員として勤務できる
介護の基礎知識を学べる
訪問系サービスには必須 引用元:介護の資格について知りたい!介護・福祉・医療資格の講座情報サイト

●実務者研修

標準受講期間:約1~6カ月*2
介護職員として勤務できる
介護福祉士受験に必須
サービス提供責任者になれる
医療的ケアも学べる 引用元:介護の資格について知りたい!介護・福祉・医療資格の講座情報サイト

●介護福祉士

・介護業務特化の国家資格
・サービス提供責任者へ
・生活相談員へ
・チームリーダーへ
引用元:介護・福祉の「資格種類一覧」40代からの就職にも有利なのはコレ! | 資格広場

●ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護資格を取得するメリット

介護の資格を取得すると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

●需要がある

介護資格を取得した際のメリットはやはり様々な施設で働けることだと言えます。
日本社会は今後も高齢化が進むと考えられていますからどこの施設も人手不足で対応しきれなくなることを懸念しており、定期的にスタッフの募集を続けているのです。 引用元:介護 資格のメリット 【採用のプロが語る】

●即戦力として働ける

収入も以前に比べると上昇している傾向にある為多くの方々が資格を取得しているのです。
また実務者研修といった介護資格を取得するとサービス提供責任者とみなされる為収入が大きく上がりますし、即戦力として認められますからやりがいのある仕事を始められるのです。
引用元:介護 資格のメリット 【採用のプロが語る】

●実生活でも役立つ

次は実践に対するスキルが身につけられることです。これは、どの資格においても同じこととして捉えられますが、介護食は特に調理スピードと専門知識が要求される現場のため、学習で得る知識が実践に大きく反映されます。働く上で自信にもつながるのでやはり資格は取っておきたいですね。
他にもお仕事現場で生かすだけでなく、自分自身やご両親の健康維持と将来に役立つ知識としてもメリットがあります。

引用元:介護食の資格を取るメリットと活用方法

介護の仕事現場とは?

介護の現場とは、どのような場所でしょうか。

代表的な現場をいくつかご紹介します。

●特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養とも呼ばれ、介護施設の代表的な存在です。入居希望者の定員を上回るなど、ニーズの高さに供給が追いついていない面があります。
従来型と区分される施設はグループケアを主体とするもので、スタッフもチーム作業が中心。介護業界未経験者にとってやりやすい施設と言えるでしょう。 引用元:離職率の大幅低下を実現した介護施設の運営者が、介護の仕事の現実を教えます

●サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の方が入居でき、有資格者の相談員が常駐し、安否確認と生活相談サービスが受けられる住まいです。原則として部屋の広さは25㎡以上で、廊下幅などの規定があり、バリアフリー構造になっています。
賃貸借契約で、初期費用は比較的安価な数十万円で借りられるところが多いですが、中には数千万円のところもあり、月額費用も5~25万円と、立地条件や建物、提供サービスによって差があります。

引用元:【違いを表で確認】老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

●ケアハウス

60歳以上(夫婦はどちらか一方)で、自宅での自立した生活に不安があり、身寄りがないなど家族の援助を受けられない方を対象にした施設です。
軽費老人ホームA・B型とは違い所得制限がなく代わりに入居金や家賃を徴収しますが、自治体からの助成を受けて運営しているので比較的低料金で入居することができます。

引用元:【違いを表で確認】老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

介護の仕事で注意すべきところは?

正規雇用の職員においては、利用者が帰ったあとでさまざまな事務作業などをおこなうケースも多く、「介護現場の仕事が終了=帰宅」というわけではありません。また、老人ホームなどの入居型施設の場合は、24時間施設が稼働している状態であるため、正職員が交代で夜勤をおこなうケースがほとんどです。 引用元:【介護の仕事をスタートする際の注意点】資格取得の必要性や夜勤の有無、給与ややりがいについて | 介護ニュース | 介護エー...

なお、多くの施設では「朝~夕方」と「夕方~朝」の2交代制の勤務を採用していますが、夜勤には仮眠時間が含まれることなどから、日勤よりも労働時間が長くなるケースが多いようです。そのため、正社員を前提として介護の仕事を探す場合には、残業の量や夜勤の割合を確認し、自分が無理せず働ける職場を選ぶことが大切といえるでしょう。 引用元:【介護の仕事をスタートする際の注意点】資格取得の必要性や夜勤の有無、給与ややりがいについて | 介護ニュース | 介護エー...

求人票や面接官の言葉だけが正しい訳ではありません。残念ながら実際に働き始めたら、事前に言われていた事と待遇が全く違うといった話もあります。
そして大抵は、そのような職場は職場内の雰囲気が悪かったり、追い詰められている人が多いので、必ず一度は足を職場に足を運んで、施設の雰囲気や実際に働いている職員の観察するようにしましょう。

引用元:介護職の職場を選ぶ際の注意点

上位資格を取得することで給与がアップする!?

認定介護福祉士は、厚生労働省によって介護福祉士のステップアップ・上位資格として、位置付けられています。
介護福祉士よりも、更に多様な利用者や環境への対応力、介護職員へサービスの質の向上を指導するスキルと実践力が求められるため、認定介護福祉士は各事業所における指導者的立場の人材を育成する為の資格でもあります。

引用元:介護のキャリアパス最上位資格「認定介護福祉士」とは 

認定介護福祉士の資格を持っていることは、転職の際のアピールポイントとなります。
介護施設は「皆をまとめ、引っ張っていくことができる人材」を必要としています。
認定介護福祉士の資格を持っておくことで、介護福祉士の資格と同様に「介護現場のプロ」であることが示せることはもちろん、「他の現場職員を指導するリーダー」としての素養の証明ができます。
引用元:介護のキャリアパス最上位資格「認定介護福祉士」とは 

介護の資格はいくつかの種類があるので、キャリアアップするには、上位資格を取得するようにしましょう。
給料アップだけでなく、できる仕事の幅も増えるので、やりがいのある仕事ができるはずです。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING