【ドクターがすすめる切らないフェイスリフト】高周波治療のいろいろ

【ドクターがすすめる切らないフェイスリフト】高周波治療のいろいろ画像

出典元:mion.me

肌のたるみが気になっても、切るのはこわいし、もっといいメニューはないかしら?と思いますよね?そんなあなたに美容ドクターおすすめの治療法をご紹介します。

まーこ 4446 views 2016年11月10日

ドクターに聞く、たるみ治療に最適なメニューとは?

城: フェイスリフトもいろんな施術方法があります。方法によっては、切開跡が残る上に、術後回復の時間もかかります。効果に関しても疑問を感じますね。メリットとデメリットを考えると、おすすめの施術とは言えませんので、私は「切らない」という選択肢をおススメします。一つには、メスを使わない「サーマクール」のようなラジオ波(高周波)による治療などもあります。 引用元:顔のたるみ改善の”美容医療”本当のところ ~皮膚科医・城野親徳先生にきく!~

メスを使わなくても効果のある治療があるんですね。高周波治療というのか…。

では高周波治療とはどんなもの?

高周波治療は、RF(ラジオ波)と呼ばれる高い周波数の電波を患部に当てる医療技術です。主にアンチエイジングや痩身などで、多くの医療機器に使われている技術です。 引用元:高周波治療 - 美容医療 おすすめ - 美容クリニック・エステwiki

しわ・たるみが気になる箇所にラジオ波(高周波)を照射する治療です。
真皮内のコラーゲンが高周波の熱によって収縮し、垂れ下がった脂肪が縮小することで、肌の張りや引締め効果が得られます。
コラーゲンが活性化することで毛穴も目立ちにくくなり、肌に張りがでます。
治療機器で、気軽に顔のしわ・たるみをなくしたい・改善したい方におすすめの施術です。 引用元:ラジオ波(高周波)治療~ダウンタイムなしで、たるみ改善・リフトアップ | タカナシクリニック新宿

利点
ダウンタイムがない。
脂肪層が縮み、小顔効果が得られる。
コラーゲンが活性化し、肌にハリが出る。

欠点
皮膚そのものを縮めることが出来ないため、皮膚の余りを改善出来ない。 引用元:ラジオ波(高周波)治療~ダウンタイムなしで、たるみ改善・リフトアップ | タカナシクリニック新宿

メリット、デメリットをわかった上で、実際に受けるようにしたいですね。

サーマクールの特徴

出典元:www.kyoritsu-biyo.com

原理は、高周波電磁波の熱作用による肌の引き締め・たるみに対する効果です。皮膚表面を冷却し電気抵抗を少なくし、かつ熱作用から表皮を保護しつつ電磁波を照射します。冷却していない深部は電気抵抗が高くなり、コラーゲンや細胞が熱変性を起こします。つまりサーマクールでは表面(表皮)は全く変化が無く、深部(真皮部分)だけ軽いヤケドを起こさせるものです。こうして、深部のコラーゲン産生が活発になり、肌に張りが出てくるというものです。 引用元:サーマクールの効果や問題点、肌の再生医療との違いについて|肌の再生医療(専門)RDクリニック

フォトRF

出典元:www.will-be.jp

『フォトRF(オーロラ)』は光エネルギー(IPL)と高周波エネルギー(RF:ラジオ波)を組み合わせた、「肌の老化症状」を改善する美容機器です。
色素に反応する光エネルギーの効果でシミやくすみを解消し、さらに高周波熱が真皮層を活性化することでコラーゲン産生を促し、肌の内側からハリや弾力をもたらします。このふたつのエネルギー効果によって、表皮を傷つけず安全で確実なシミ改善と肌の若返りが期待できます。 引用元:フォトRF(オーロラPro)

ポラリスの特徴

出典元:www.shinagawa.com

ポラリスは、表皮のメラニンに影響を受けにくい波長900nmのダイオードレーザーとRF(高周波エネルギー)を組み合わせたシナジー効果で、安全に真皮層中層付近に熱ダメージを与え、線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの増成を促します。これにより、たるみやシワ、たるみ毛穴などに対して、満足度の高い肌の引き締め治療を可能にします。また痛みや火傷のリスクが抑えられるので、安全性の高い治療として患者様が安心して受けることができます。 引用元:コラーゲンを増やしてシワ・たるみの引き締めレーザー(ポラリス) | 品川美容外科

一見、似たようなメニューですが、詳しく調べていくと違いがわかってきました。それぞれの特徴をわかった上で受けるようにしたいですね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING