練馬でマウスピース矯正をお考えの方へ

練馬でマウスピース矯正をお考えの方へ画像

ストレスが少なく痛みも少ない矯正治療として利用する人が多くなっているのがマウスピース矯正です。
練馬にも矯正歯科は多いのですが、マウスピース矯正ができるクリニックを紹介します。

nagoya 166 views 2019年2月21日

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正というのは今までの矯正のようにワイヤーの治療ではなく、マウスピースのように歯を覆う形で矯正できる器具です。

■インビザライン

ワイヤーやブラケットを歯に固定させる矯正とは違い、自分で着脱が可能なマウスピース型の矯正装置です。 引用元:インビザラインとは?|クリア歯科のマウスピース矯正治療インビザライン

マウスピース矯正はインビザラインと呼ばれる矯正です。
ワイヤー矯正とは違い、はめっぱなしにせず自分で着脱できるのでストレスが少ないのです。

■通常の矯正と違いワイヤーを使わない

前歯の歯並びが気になるけれど、従来の「ブラケット矯正」では歯の表面のワイヤーが目立つため、なかなか踏み切れないという方々もおられることでしょう。 引用元:歯列矯正で「マウスピース矯正」をお考えのあなたへ|一般社団法人神奈川県歯科医師会

ワイヤーを利用して固定しないこと、マウスピースが透明で近寄らないとわからないことなど、装着していても見た目にもストレスが少ない治療です。

■ホワイトニングと合わせて行える

インビザラインなら人気のホワイトニングも一緒に行うことが可能です 引用元:マウスピース矯正で美しい歯並び|矯正歯科・ゲートタワースワン歯科

練馬でマウスピース矯正が受けられるクリニック

マウスピース矯正はこれまでの矯正とは違いストレスが少なく見た目にも気にならない矯正です。
練馬でマウスピース矯正ができるクリニックを紹介します。

■よしかわ矯正歯科

矯正治療を専門としているクリニックのため、難しい症例にも対応してくれます。特にインビザラインでの治療に力を入れており、年間症例数101件以上を行ったクリニックのみが取得出来る「プラチナエリートプロバイダー」の資格を持っています。 引用元:練馬区内でマウスピース矯正をするなら?

マウスピース矯正はインビザラインと呼ばれますが、経験の多い歯科医師が求められます。
よしかわ矯正歯科の歯科医師は経験が多く資格も持っているので安心です。

■ゆめりあ矯正歯科クリニック

美しい歯並びと魅力的な笑顔を手にいれるために、是非、クリニックの扉をたたいてみ下さい。 従来の矯正治療に対するイメージを変えてしまうかも知れません。 引用元:練馬の矯正歯科 ゆめりあ矯正歯科クリニック 【公式】|大泉学園駅南口徒歩1分 成人矯正 小児矯正治療

歯並びのことを相談できる安心の歯科クリニックです。
こちらの歯科クリニックでもマウスピース矯正を行っています。

■よしかわ矯正歯科

練馬区のよしかわ矯正歯科は1984年に開業し、理事長の父の代から受け継がれている歯科医院です。
当院では従来の「健康な歯を抜いて行う矯正治療」に長く疑問を持っていました。
そこで掲げたコンセプトが「非抜歯矯正」です。 引用元:大泉学園の矯正歯科|練馬区大泉学園駅から1分「よしかわ矯正歯科」

歯科矯正は技術が必要となりますが、マウスピース矯正も歯にあった形を作ることが求められます。
技術もそうですが、実績があるクリニックを選ぶ必要があります。

マウスピース矯正のデメリットとは?

マウスピース矯正はメリットの高い矯正といわれていますが、デメリットもあります。
デメリットも理解して利用するかどうか考えましょう。

■長時間装着する必要がある

ついサボってしまう ご自分で取り外しと装着ができますので、外している時間が長くなってしまうと思うように歯が動いてくれません。
インビザラインは、最低でも1日20時間、一般的には22時間の装着が必要とされています。 引用元:マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のメリット・デメリット | 東京池袋・埼玉所沢 マウスピース矯正専...

自分で取り外しができるので常に装着している必要がある矯正と比較して時間がかかることがあります。
毎日の規定時間、装着しないとその分はめている期間が長引きます。

■使えない場合がある

歯の状態、口腔内の状態によってマウスピース矯正ができないこともあります。
カウンセリングなどでしっかし相談して適切な方法を選択しましょう。

■無くしてしまう

取り外しが可能なので食事の時に外して置いてたら忘れてきてしまったり、稀にあるのがペットが食べてしまった。マウスピースはそれぞれのステージあたり1枚しか作成されないので、なくしたりすると再制作に費用がかかってしまします。 引用元:マウスピースかワイヤーか?あなたはどっち?〜デメリット編 ( demerit )

マウスピース矯正の場合、自分で外すことができるのでどこに置いたのか?わからなくなって紛失するということもあるようです。

ずっとはめっぱなしにしなくてもいい、目立たないということもあり、マウスピース矯正は人気があります。
ただ費用が高いという点や矯正時間が長くなるなどデメリットもありますので、歯科医師からよく説明を聞き治療をするか考えましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING