切らずにリフトアップが叶う人気美容医療「ウルセラ」まとめ

切らずにリフトアップが叶う人気美容医療「ウルセラ」まとめ画像

出典元:www.tamelis.net

切らないリフトアップができると美容マニアの間で人気の美容医療「ウルセラ」についてまとめてみました。

なゆ 2615 views 2016年9月26日

ウルセラってなあに?

ウルセラは、アメリカFDAでも理論と統計学的にリフトアップ効果が認められた唯一のたるみ治療機器です。 引用元:ウルセラ - 美容クリニック・エステwiki

アメリカFDAでも理論的に効果が認められているってスゴイですよね。

ウルセラで使用している超音波はレーザーや光とは異なり色や水分に左右されないので、
肌色・肌質に関係なく受けることができます。 引用元:ウルセラ|美容皮膚科 クロスクリニック銀座

肌色や肌質の影響を受けないというのは嬉しいですね。

皮膚真皮層のみならず、これまで手術する以外に方法のなかった皮膚の一番深い層(SMAS層)を含めた2つの層を同時に引き上げ、これまでにない強力なリフトアップ効果を実現 引用元:ウルセラ - 美容クリニック・エステwiki

手術でしか出来なかったことがより手軽に出来るようになったということは大きいですね。

同じようにリフトアップ効果があるとされるサーマクールとの違い

熱が作用する深さが大きく違います。
サーマクールの2.5ミりに対し、ウルセラでは4.5ミりとなっており、これは顔の筋肉にまで達する深さとなります。

出典元:therma.coolblog.jp

サーマクールの効果は引き上げ(リフトアップ)作用よりも、引き締め作用の方が強力です。
サーマクールの効果を10とすると、たるみを引き上げる作用4割、たるみの膨らみを引き締める作用が6割程度です。
それに対してウルセラは、膨らみを引き締める作用はほぼなく、強力な引き上げ効果のみです。 引用元:ウルセラとサーマクールの違いー効果・評判ランキング

ウルセラが「切らないフェイスリフト」と呼ばれる所以はここにあります。

ウルセラがたるみに効くわけ

1.密度の高い超音波を治療部位にピンポイントで照射することで、真皮層だけでなく通常は手術等をしないと届かない皮膚下の筋肉(筋膜、SMAS)にまで熱エネルギーを届けることができます。
2.皮膚下(3ミリと4.5ミリ)に届いたウルセラのエネルギーが摩擦熱を発生させ、極小範囲の熱ダメージを与えます。
3.この熱ダメージからの治癒過程でコラーゲンの分解と収縮が起こり、たるみの原因となっているSMASのゆるみを改善することでリフトアップできるというわけです。
※リフトアップ効果を実感できるまでには1ヶ月~2ヶ月くらいかかりますのでご注意ください。

出典元:www.biyougeka.com

ウルセラ動画解説

ウルセラで肌がリフトアップするまでの流れを動画で解説したものです。

出典元:https://youtu.be/ojJ2W488G6Q

ウルセラ劇的Before→After

リフトアップすることで、目も少し大きくなったようです。

出典元:www.takasu.co.jp

痛みはどれくらい?

部位別にもっとも痛いのは、顎下や眉上です。いずれも細かな神経が走行しており、超音波の熱が神経周囲を刺激することが原因だと言われます。
比較的痛みを感じにくいのが頬ですが、リフトアップするためにもっとも重要な部位ですので、他の部位より多く重ねて照射する必要があります。
重ね打ちをしていくにつれ、次第に組織が熱を帯びてくることによって、だんだんと痛みが増していきます。 引用元:痛みと麻酔 ①ウルセラ、ショッピングスレッドの痛み|たるみ・しわ改善ナビ 監修 宝塚ヒルズクリニック

ある程度の痛みはやはりあるようです。それでも麻酔クリームを用いたり、クリニック毎に痛みを少しでも和らげる工夫をしています。
痛みに弱い方は予めクリニックで相談して見ることをおススメします。

ウルセラ治療を受けられるクリニック

コスメディカルクリニック シンシア | ウルセラ(Ulthera)

詳細:美容クリニック専門サイト。美容外科・美容皮膚科の美容医療を詳しく紹介、お試し価格や格安モニター情報、口コミも掲載中です。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING