1日の代謝を上げる!痩せるなら朝のストレッチがおすすめ

1日の代謝を上げる!痩せるなら朝のストレッチがおすすめ画像

皆さん朝はどのように過ごしていますか?
寝起きでぼんやりしている、忙しくてダラダラしている暇がない、色んな人がいると思います。
しかし朝は1日の始まり、ここでモヤモヤ感を残せば1日中引きずるかもしれません。
朝ストレッチをやれば体を覚醒させ、さらに痩せることもできます。
そんな朝ストレッチの効果とやり方を紹介するので、参考にしてください。

EdwardWatkinses 158 views 2019年3月4日

なぜ朝にストレッチをやると良いのか?

「仕事が忙しくて、運動できない」という人は、多いのではないでしょうか?
そんな人におすすめするのがストレッチです。数分あればできるので忙しい人でもできます。
また朝にやれば、色んなメリットがあります。

・筋肉ほぐして代謝アップ

ストレッチそのものの運動強度はそれほど高くありませんが、呼吸をしながらゆっくりと筋肉を伸ばしていくことで血行が良くなります。

また、寝ている間にもエネルギーは使われているので、起きて動く時には身体がエネルギー不足の状態です。

その時ご飯を食べてエネルギーを補給するのではなく、ストレッチをして筋肉を動かすことで脂肪を分解しやすくなるんです。 引用元:朝のストレッチは効果大!痩せるためには寝起きがおススメ | 女性の美学

代謝アップはダイエットに必要不可欠です。
朝に代謝を上げておけば、日中の活動時に脂肪が燃えやすくなります。

・自律神経を整えて朝からスッキリ

自律神経は生活習慣やストレスなどによって乱れたり、崩れたりしがちなもの。

自律神経が乱れると、やる気が起きない、集中力が続かない、体の倦怠感が続くなどの不調が起こるようになります。 引用元:朝ストレッチダイエットは2つのパターンで基礎代謝アップ! – ダイエット美

頭痛
動悸
息切れ
めまい
倦怠感
不眠
食欲低下
腹痛
下痢・便秘
肩こり

など 引用元:自律神経失調症について | メディカルノート

嘔吐や下剤の乱用による腸内環境の悪化、嘔吐による酸蝕症、栄養不足からくる貧血、高血圧や糖尿病など 引用元:摂食障害(過食症・過食嘔吐・拒食症)治療のおすすめクリニック・病院

自律神経が乱れると、様々な病気を合併する恐れがあるので危険です。

自律神経の乱れを防ぐには、朝から軽い運動をしたほうがいいのです。

目覚めたときに、太陽の光を浴びることで自律神経が整いやすくなります。

朝の光を浴びると、メラトニンという睡眠ホルモンが抑えられ、「交感神経」が優位になり活発になります。

一度メラトニンが抑えられると、その後14時間ほどで分泌されて眠くなるため、生活リズムを整えやすくなります。 引用元:自律神経の乱れを整える方法についてまとめ

朝起きにくかったり、だるかったりすると思います。
ストレッチをして自律神経を整えれば、体が活動モードに入りスッキリした朝を迎えられます。

・リンパの流れを良くして便秘解消

血行が良くなり、リンパの流れも良くなることで、不要な老廃物を体外にスムーズに排出する効果も高まります。習慣化すれば便秘解消にも役立つでしょう。 引用元:朝ストレッチダイエットで痩せる!7つの効果とやり方5選まとめ

睡眠中は胃腸の活動が停滞していますので、寝起きにストレッチをすると、ふたたび胃腸のはたらきが活発になります。午前中はデトックスタイムですから、朝ストレッチをすることで、便秘解消の効果が期待できます。 引用元:朝ストレッチダイエット|寝起きの5分間ストレッチで代謝がグ~ンとアップ! - みちの道

便秘はお腹の中に有害物質がたまっている状態です。
朝からトイレができれば、スッキリした1日が過ごせると思います。

数分でやれる!朝ストレッチのやり方

朝のストレッチのメリットについて説明したところで、次はストレッチのやり方を紹介していきます。
どれもベッドの上で簡単にできるので、朝苦手な人も頑張ってやりましょう。

①全身を伸ばして体を起こす

出典元:josei-bigaku.jp

仰向けに寝た状態から始めましょう。

①両手を組み、手のひらを返すように頭上に向けます。
②背伸びをするように、手のひらと足がそれぞれ上下に引っ張られるような心地よさを感じるところまで伸ばしましょう。
気持ちよく呼吸が続けられるところで30秒ほど伸ばし、身体を緩めます。2~3回行ってもよいでしょう。 引用元:朝のストレッチで1日を快適に | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン)

肩に力を入れず、お腹と背中を伸ばせるところま伸ばす、という感じでやりましょう。手と足は胴体から遠くに伸ばします。

②足をあわせて内腿ストレッチ

寝そべった状態で、足裏を合わせます。
このとき、なるべくヒザを落として、股関節まわりの筋肉を伸ばすように力を下側へ力をこめます。

手は上に向けて、リラックス。肩の力を抜きます。 引用元:一日を快適にする5種類の朝のストレッチ | 筋トレTIPS

このストレッチのポイントは2つ。1つは足裏を合わせること、2つめは膝をできるだけベッド(または床)にくっつけることです。
こうすると内股の筋肉を効果的にのばせます。

③肩甲骨をほぐし脂肪は燃やしやすく

出典元:debusotsu.jp

①イスなどに浅く腰かけます。腕をまっすぐ体の前に伸ばし、足は肩幅に開きます。
②息を吐きながら5秒間で、ゆっくり両腕を後ろに引いて肩甲骨を刺激します。限界のところでそのまま5秒キープ。
③息を吸いながら5秒かけて、ゆっくりと元の状態に戻していきます。これを4セット行いましょう。 引用元:たった2分の朝ストレッチで1日が変わる!ダイエット効果も? | ダイエット情報ならデブ卒エンジェル

上では「イスなどに浅く腰かけます」と書いていますが、ベッドの上でも大丈夫です。
このストレッチをやれば褐色脂肪細胞を活発化させ、脂肪が燃えやすくなります。

朝ストレッチをやる時の注意

朝ストレッチは簡単でやり続ければスッキリした朝が迎えられるので、とてもおすすめです。
しかし、朝だからこそ気をつけなければいけない事もあります。

寝起きに運動をするのは体にあまり良くないと言われる事がありますが、これは朝起きてすぐの、正に寝起きの運動を意味します。

寝起きは血流が少なく血管が収縮した状態にあるため、寝起きに突然運動をすると細くなっている血管に大量の血が流れる事になり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。 引用元:寝起きの運動は危険!?朝の運動を正しく健康的に行う方法 | Swippブログ

起きてすぐは体が完全に目覚めていない状態です。その状態で激しい運動をすると倒れてしまう可能性が少なからずあります。
朝は激しい運動を避け、ゆっくりと体の筋肉をほぐすようにやりましょう。

ストレッチしてスッキリした朝を迎えよう!

朝は仕事の準備や家事で忙しい時間帯ですが、起きてすぐ数分だけストッレチをしましょう。
新陳代謝や便秘解消、また自律神経を整えてスッキリした朝を迎えることができます。
たった数分、ベッドの上でできるのでぜひやってみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING