東京エリアにあるパーキンソン病のリハビリで有名な施設や病院

東京エリアにあるパーキンソン病のリハビリで有名な施設や病院 画像

東京エリアのパーキンソン病を治療できる施設や病院をご紹介しましょう。そもそもパーキンソン病とはどのような病気なのでしょうか。またリハビリの内容はどのような感じなのでしょうか。気になる方もいますね。ここではパーキンソン病の概要やリハビリ内容についてみていきます。

miyu1010 14 views 2019年3月13日

パーキンソン病ってどんな病気?

パーキンソン病とはどのような病気なのでしょうか。

パーキンソン病とは、脳の中の黒質と呼ばれる場所に存在するドパミン神経が脱落してなくなっていってしまう病気です。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? | パーキンソン病の手術療法 脳深部刺激療法(DBS).html

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? なぜパーキンソン病になるの?パーキンソン病の診断と治療って? 一般の

多くは手足がふるえたり(振戦)、筋肉の動きがこわばったり(固縮)、動きがにぶくなったり(無動)、また押されたときや歩行時に倒れやすい(姿勢反応障害)といった症状がみられます。はじめはこれらの症状が身体の片側に出現するのが特徴といえます。 引用元:パーキンソン病の基礎知識|パーキンソン病とは|気になる「ふるえ」~本態性振戦って知ってますか?|病気の知識|大日本住...

パーキンソン病の主な症候としては、動作が緩慢になることや動きが少なくなること、さらには手足の震えや関節を動かすときにカクカクとした抵抗が感じられること、などがあります。 引用元:【初期症状を確認】パーキンソン病とは?その原因と付き合い方|みんなの介護

便秘や嗅覚の衰え、現実と区別がつかない夢を見てしまうなど、人によって多様な症状が現れることも多いです。診察の上では、こうした症状はすべて参考にされます。 引用元:【初期症状を確認】パーキンソン病とは?その原因と付き合い方|みんなの介護

進行性の病気で、一旦発症すると自然によくなったり治ったりすることはありません。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? | パーキンソン病の手術療法 脳深部刺激療法(DBS).html

非常にゆっくりと症状が進むため、はじめのうちは本人は気づいていない場合がありますが、ひどくなると日常生活に様々な支障をきたすようになります。 引用元:パーキンソン病の基礎知識|パーキンソン病とは|気になる「ふるえ」~本態性振戦って知ってますか?|病気の知識|大日本住...

現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれています。高齢者に多くみられる病気ですが、若い人でも発症することがあります。 引用元:パーキンソン病とはどんな病気? なぜパーキンソン病になるの?パーキンソン病の診断と治療って? 一般の

パーキンソン病のリハビリの内容

パーキンソン病のリハビリ内容についてみていきましょう。

パーキンソン病の治療の中心となるのは、薬物療法とリハビリテーションです。病気の進み方は個人差がありますが、初期の方が進むスピードが速いため、早めに適切な治療を受けて、規則正しい生活(薬のきちんとした服用、積極的なリハビリテーション)を送ることが大切です。 引用元:リハビリテーションの重要性|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

パーキンソン病の治療は薬物とリハビリをセットで行うパターンが多いです。

パーキンソン病のリハビリテーションの種類には、①体力維持のための運動(有酸素運動)、②筋肉と関節の柔軟性維持のための運動、③筋力維持のための運動、④姿勢や歩行の改善と苦手になりやすい動作の練習、⑤呼吸訓練があります。これらの運動をかたよりなく取り入れてメニューを作ることをお勧めします。 引用元:リハビリテーションの重要性|パーキンソン病のリハビリテーション|パーキンソン病ステーション|大日本住友製薬

特に体をねじる動作や股関節・膝関節を曲げることが行いにくくなることが多いです。各関節で動かせる範囲内で、自分でできるだけ関節を動かすことが大事です。体の柔軟性を保つため、立位または坐位にて体をゆっくり前後に曲げたり伸ばしたり、体をゆっくり左右にひねったりが有効です。 引用元:リハビリの種類・パーキンソン病について|症状別のリハビリ|南東北 春日リハビリテーション病院.htm

歩行時の前かがみの姿勢に対しては、両手を挙げて壁などにつきながら、背のばしの姿勢をとるとよいでしょう。また1日1回はうつぶせの姿勢をとることも、前かがみの姿勢を改善させるのに有効です。また、床上での四つ這いや片足立ち等も有効です。立位でのバランスが比較的良好な方は、歩行練習の前に片足立ち、つま先立ち、かかと立ちなどの練習を行います。 引用元:リハビリの種類・パーキンソン病について|症状別のリハビリ|南東北 春日リハビリテーション病院.htm

「突進歩行」や「すくみ足」などの影響で転倒リスクが高くなりますので、歩行の安定性向上を目的とした訓練を行います。

 一定の間隔につけた目印をまたぎながら歩いたり、「1、2、1、2」と声をかけながら数歩足踏みをしてから歩き出したりすると、スムーズに歩行が可能になる場合があります。方向転換が苦手になる場合が多いため、スラローム歩行等を取り入れる場合もあります。

 いずれにしても、歩行の際は歩幅を大きくとり、腕を大きく振り出しながら歩くよう意識すると良いでしょう。 引用元:パーキンソン病のリハビリテーション | 健康長寿ネット

リハビリ施設で専門のスタッフによる訓練や体操を重ね、日常生活の中でも意識的に訓練をしていくことで、パーキンソン病の進行を防ぐことが目的です。 引用元:パーキンソン病のリハビリが受けられる東京の施設完全ガイド

薬物療法が個々の患者さんに合わした「オーダーメイド」であるのと同じように、リハビリも「オーダーメイド」でなければなりません。 引用元:リハビリテーション|パーキンソン病治療センター|みどり野リハビリテーション病院 神経内科.html

東京あるパーキンソン病のリハビリができる施設や病院

東京にあるパーキンソン病のリハビリができる施設や病院をご紹介します。

■表参道セラサイズ・スタジオ

病院ではパーキンソン病は難病と言われ治療薬はありません。
しかし、原因対策とカラダを正常に戻す我々のリハビリでは多くの方が回復しています。 引用元:セラサイズ パーキンソン病リハビリ【東京港区表参道】

■リハプライド

リハビリ型デイサービスとは、シニアフィットネスの要素を取り入れリハビリに特化した新しいスタイルの通所介護(デイサービス)です。

要支援1から要介護5の方が、介護保険を使って運動機能の回復を目指してリハビリ専門の機器とプログラムを利用し、リハビリ運動を実施しています。 引用元:リハビリ型デイサービスとは?|リハプライド・リハビリ型デイサービス

■STROKE LAB

慢性期(発症6ヶ月以上)の脳卒中後の片麻痺の方も動きに変化がみられます。患者様をご紹介頂いた担当療法士への見学・技術研修は無料となっております。 引用元:脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京 |

このように投薬に頼らず、リハビリでパーキンソン病に立ち向かうことをサポートしてくれる施設もあります。

投薬に頼らずリハビリでパーキンソン病に対応しよう

できるだけ薬物に頼らずにパーキンソン病を治療すべきです。適切な病院で運動両方を中心に行っていきましょう。ただ薬とリハビリのセットでパーキンソン病の治療を行うのが一般的です。もっとも自分に最適な治療法を医師と相談しながら進めていきましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING