敏感肌の特徴とは?おすすめの化粧水と正しいスキンケア方法について

敏感肌の特徴とは?おすすめの化粧水と正しいスキンケア方法について画像

敏感肌は、ちょっとした刺激にも反応しやすい状態です。敏感肌にとって刺激になりにくい化粧水や敏感肌用の正しいスキンケア方法を紹介します。

chiharu17spring 16 views 2019年3月15日

■敏感肌の特徴

何かあると肌が赤くなったり火照ったりしやすい
汗をかくとかゆくなったり、赤くなったりする
次の場合に肌荒れしやすい(季節の変わり目、食器洗い)
洗顔後、肌のツッパリを感じる
保湿をしてもすぐに肌が乾いた状態に戻る
肌が乾燥して粉をふく(冬以外も)
次のものでよくかぶれる(パーマ、衣類、下着、草・木)
アレルギー・アトピーと診断された
食生活や生活習慣が乱れていると思う
イライラしたりストレスを感じることが多い
スキンケアするとヒリヒリしたり赤くなったりする
引用元:【肌が弱いは生まれつき?】3つの原因と体質改善・化粧品選びのコツ

季節の変わり目になると肌トラブルが増える。
繰り返すニキビや吹き出物に悩んでいる。 引用元:【肌が弱いは生まれつき?】3つの原因と体質改善・化粧品選びのコツ

このような特徴がある人は、敏感肌の持ち主。乾燥が気になって保湿をしてもスキンケアグッズでヒリヒリとしたり赤みが出てしまうといったこともあります。

普段はそれほど敏感ではないんだけど、春先など季節の変わり目になると肌の調子が悪くなるという人も多いのではないでしょうか。

そんな敏感肌を「ゆらぎ肌」といいます。一時的な肌トラブルではありますが、基本的には敏感肌と同じように、優しいスキンケアが必要です。

ストレスや自律神経の乱れによっても起こることがあるので、体調が悪い時などは注意した方がいいですね。 引用元:敏感肌の人は何に気をつけるべき?お手入れや生活習慣で敏感肌を治す | 女性の美学

季節の変わり目になると突然肌トラブルが増える場合は、一時的に敏感肌になっている可能性があります。

そもそも敏感肌とは、化粧品や洗顔料・紫外線といった「外からの刺激」に対して弱い肌のことをいいます。普通の人が使っても問題のない化粧品やケア用品でも、

ほてり
かゆみ
痛み
かぶれ
といった症状が起きてしまうデリケートな状態です。人によっては、昨日まで使っていた化粧水が突然合わなくなることも。 引用元:敏感肌とは|敏感肌の5つの原因を詳しく解説 - Vera

敏感肌の人は、使い慣れた化粧水であっても突然ピリピリと刺激を感じることがあります。このため、化粧水選びはかなり苦難される方も多いのではないでしょうか。

■敏感肌におすすめされている化粧水

ガサガサなどの乾燥がヒドイ方におすすめの化粧水です。製薬会社アルージェが、皮膚病薬研究をきっかけに作った化粧水で、優れた保湿効果とバリア機能をサポートする天然セラミドが配合されています。 引用元:皮膚科専門医にきいた敏感肌さん向けおすすめ化粧水Navi

肌そのものが持つ力を高める和漢成分を配合した化粧水も乾燥性敏感肌に最適です。特に風邪薬として有名な葛根湯の主成分である葛根(かっこん)は、皮膚にうるおいと柔軟性を与えます。 引用元:【美容皮膚科医が教える】敏感肌の人におすすめの化粧水人気ランキング10選【ヒリヒリしない!】 _ m

鉱物油フリーや界面活性剤フリーの化粧水がベスト。また、肌が敏感な時ほど、ワセリンの配合量の多い化粧水を選ぶと安心です。 引用元:【美容皮膚科医が教える】敏感肌の人におすすめの化粧水人気ランキング10選【ヒリヒリしない!】 _ m

乾燥性敏感肌の中にもタイプがあります。乾燥が気になる場合はワセリン配合のものを。肌バリア力を上げるセラミド。そして生理周期などホルモンバランスによって刺激を感じやすい場合は余分な成分が含まれていない低刺激タイプの化粧水を使うようにしましょう。

■敏感肌の正しいスキンケア方法

化粧水選びと同じくらいスキンケア方法にも気を配ることが大切です。普段行っている洗顔でも肌に刺激を与えてしまっているかもしれません。

洗顔をする際は、洗顔石鹸を泡だてネットを使ってしっかりと泡だて、顔を優しく包み込むように手早く洗いましょう。洗顔のための水の適温は、36度〜38度くらいのぬるま湯です。

ここが脂性肌で肌のテカリやベタつきを気にしている人が間違いやすいポイントです。

しっかりと脂を落としたいために時間をかけすぎたり、肌を強くこすったりしてしまうと、肌を守るために必要な分の皮脂まで失われてしまいます。

これは肌の自然なバリア機能を低下させることになってしまいますので注意して下さい。 引用元:【肌が弱いは生まれつき?】3つの原因と体質改善・化粧品選びのコツ

熱いお湯同様、冷水も控えましょう。洗顔は、体温より少し温度の低い「ぬるま湯」を使うようにしましょう。

冷水で洗顔することで肌が引き締まる気がすることもあるかもしれませんが、その引き締め感は洗い上がり後の一時的なものと言われています。 引用元:基本が大切!敏感になりやすい肌におすすめの洗顔方法とNG洗顔

洗顔は、時間をかけて行えば良いというものではありません。
ゴシゴシと強い力で肌をこすらなかったとしても、肌に長い時間洗顔料をつけたままでいると、肌の負担になってしまうことがあります。 引用元:基本が大切!敏感になりやすい肌におすすめの洗顔方法とNG洗顔

■生活習慣の見直しもしよう

敏感肌にお悩みの場合、化粧水やスキンケアの見直しだけでなく、生活習慣や行動、食生活で悪化してしまうことでも肌の調子を整えることができます。

クレンジングや洗顔の方法が間違っていたり、スキンケアに力を入れ過ぎていると敏感肌になってしまうことがあります。
「洗顔は力を入れてこまめに行う」「メイクをしっかりと落とすためにシートタイプのクレンジングでこする」「シートマスクなどのスペシャルケアを毎日行う」「化粧水を塗るときには肌を叩いてパッティングする」などは、肌のためを思って行っているつもりでも、それがかえって肌へのダメージとなっているのです。 引用元:その敏感肌、原因は? 敏感肌の原因別に行うスキンケア術 _ WELEDA(ヴェレダ)公式サイト

お風呂が烏の行水になってしまったり、夜遅くまで起きていたりという生活が続くようになると、ストレスや睡眠不足に陥って体内のバランスが崩れ、肌への栄養が不足し敏感肌を引き起こしてしまいます。こういった生活習慣の乱れは、肌へのダメージはもちろん毎日の健康にも影響を及ぼしてしまうもの。少しずつでも時間の使い方を工夫して、ライフスタイルの改善を目指しましょう。 引用元:その敏感肌、原因は? 敏感肌の原因別に行うスキンケア術 _ WELEDA(ヴェレダ)公式サイト

敏感肌のケアには食生活の見直しも重要なポイントです。たんぱく質やビタミンなどの栄養をしっかりと補給して、体の内側から敏感肌にアプローチをしていきましょう。

引用元:その敏感肌、原因は? 敏感肌の原因別に行うスキンケア術 _ WELEDA(ヴェレダ)公式サイト

健康な肌は栄養のある食事と良質な睡眠によって作られています。食事や生活習慣を整えることで丈夫な肌を目指しましょう。

■肌が刺激を受けやすいからこそ、しっかりとしたスキンケアをしよう!

敏感肌って生まれつき肌が弱いんじゃないの?と思いがちだけど、実際は乾燥や間違ったスキンケアが原因で敏感肌になってしまうことも多いんです! 引用元:スキンケアの基本、保湿が大切な理由とは? – いつもの様な平凡な日々の毎日に

乾燥しやすくなったり肌荒れしやすくなったかも?と思った時は、保湿の方法を変えてみるなど、スキンケアを見直して敏感肌になるのを防ぎましょう! 引用元:スキンケアの基本、保湿が大切な理由とは? – いつもの様な平凡な日々の毎日に

正しいスキンケアをすることで敏感肌のダメージを軽減することや、健康にも肌にも良い食事や生活習慣で敏感肌は改善しやすくなります。間違えたスキンケアをして肌にダメージを与えないように、これまでのケアを見直してみてください。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING