未来のあなたの歯を守ろう!吹田市にあるおすすめの歯医者はこちら

未来のあなたの歯を守ろう!吹田市にあるおすすめの歯医者はこちら
画像

仮入れ

chiharu17spring 16 views 2019年3月15日

■歯がなくなる…?

身近にいるお年寄りがしている入れ歯。よくよく考えてみると、なくなってしまった自分の歯の代わりに入れ歯を入れているんです。いただいどのくらいの歯がなくなってしまうものなのでしょうか。

人間の歯は通常28~32本です。しかし、高齢になると徐々に減っていってしまいます。 日本では、70歳になったときの歯の平均本数は15本だと言われており、歯の半分以上が失われていることが分かります。
このように、歯は加齢とともに失われる「寿命」があると言われており、おいしくご飯を食べるには自分の歯を長く存続させるよう注意しなければいけません。 引用元:歯はどうして抜ける? 歯の寿命をのばす方法 - 介護ニュース(医療)

高齢になっても歯がたくさん残っているという方はあまり多くありません。
性別や生えている場所によって寿命に差異がありますが、全体では50年から60年前後と言われています(※1)。
前歯より奥歯のほうが抜けやすく、親知らずの手前にある「第二大臼歯」は最も寿命が短く50年ほどで抜けてしまいます。寿命が最も長い歯は下あごの前歯で、66年ほどです。このため70歳前後で抜けていってしまうのです。 引用元:歯はどうして抜ける? 歯の寿命をのばす方法 - 介護ニュース(医療)

■歯が抜けてしまう原因

歳とともに歯が抜ける人が多いのは事実ですが、これは老化現象ではありません。歯が失われる主な原因は、むし歯と歯周病。実際、高齢者の80%以上に、歯周病の何らかの所見がみられます。 引用元:高齢期の歯のケアとQ&A

むし歯や歯周病を引き起こす原因のひとつは、お手入れ不足です。さらに、高齢者では唾液の分泌量が減るため、口の中の自浄性が低下し、若いときより、歯周病やむし歯になるリスクが高くなるのです。また、歯周病などで歯肉が下がると、歯根が出てしまい、そこにむし歯ができやすくなります。

こうして、歯が1本でも抜けると、歯と歯の間にすき間ができ、汚れがたまったり、かみ合わせが悪くなったりして、むし歯や歯周病が進行し、歯がさらに失われてしまうのです。 引用元:高齢期の歯のケアとQ&A

歯やはぐきの老化によって歯が抜けてしまうのではなく、お手入れ不足による影響で将来歯が無くなってしまうと思うと怖いですね。

■歯がなくなることで起きるデメリット

・食べられる食事が限られる

「8020推進財団」が作成した資料によると、おいしく食べるために必要な歯の本数は「フランスパン」「たくあん」「酢だこ」「堅焼きせんべい」「スルメイカ」で18本以上、「せんべい」「れんこん」「かまぼこ」「おこわ」「きんぴらごぼう」「薄切りの焼き肉」で6~17本としています。5本以下になると、「バナナ」「うどん」「なすの煮つけ」くらいしか、おいしく食べられなくなる。 引用元:本当は怖い!歯の病気。歯を失うと何が起きる? _ きわ歯科クリニック-山口県宇部市東岐波-[歯科・矯

・食事が楽しくない/栄養失調になりやすい

「食べる楽しみがなくなり、食べる意欲も消失します。当然、栄養のバランスが悪化して栄養失調になります。しかも、歯が失われて噛みしめる力が弱まれば、唾液の分泌量が減り、菌を殺す力がなくなって虫歯が急速に進行します」 引用元:本当は怖い!歯の病気。歯を失うと何が起きる? _ きわ歯科クリニック-山口県宇部市東岐波-[歯科・矯

・顔がゆがむ

歯が抜けた状態が続くと、片側の歯で噛むことが多くなります。顔まわりの筋肉にも影響することで、バランスも悪くなり、顔が歪んでしまうのです。 引用元:歯がない状態を放置すると悪影響があるって本当?

・認知症のリスクが高まる

神奈川歯科大学の研究結果では、残っている歯の数が20本以上ある人と比べて歯が無く、入れ歯も入れていない人の認知症リスクは1.9倍。良く噛んで食べることができる人に対して、あまり噛めない人の認知症リスクは、1.5倍と高くなっています。 引用元:歯と認知症の関係 _ 認知症ねっと

■痛くなってからではなく定期的に通うメリット

将来的に歯がなくなってしまわないためにも虫歯にならないように、歯医者さんへ定期的に歯の健診へ行くことが大切です。

・自分の歯をなるべく残すことができる

むし歯になり歯を削って治療すると、むし歯は治っても歯はダメージを受けています。治療した部分からむし歯が再発し、繰り返し治療して最終的には歯を失ってしまう事もあります。予防歯科で歯の健康にしっかり注意していくことで、年齢を重ねても健康な歯が残るよう、歯の寿命を延ばすことができます。 引用元:予防歯科 予防歯科について _ いまとみ歯科 公式サイト

・早期発見で治療が軽くなる


予防歯科に取り組み、定期検診で早い段階でむし歯や歯周病の原因を発見し適切に治療することで、むし歯や歯周病が進行してしまう前に早期治療ができ、歯をより健康な状態に保つことにつながります。 引用元:予防歯科 予防歯科について _ いまとみ歯科 公式サイト

・定期健診を受けた方が通院数が減る

予防歯科に取り組む場合、定期検診のため定期的な通院を数ヶ月に1度するだけですみます。一方定期検診を受けずに症状が進行した状態ではじめて歯科医院を訪れると、治療で数回にわたり通院する必要があります。 引用元:予防歯科 予防歯科について _ いまとみ歯科 公式サイト

定期健診という言葉から、通院が苦手と思う方もいるでしょう。また、日々の忙しさで歯医者に行くのが煩わしいと感じる方もいるかもしれません。しかし、虫歯をはじめとした治療で通院する方が通院は煩わしいものなのです。

・生涯医療費が安くなる

歯科を定期的に受診している分、48歳までは一般平均よりも医療費が高くなっているものの、49歳からは一般平均よりもかかる医療費が安くなっていきます。年齢が高くなるにつれて、医療費の一般平均は大きく上昇するのに対し、検診を受けている人は金額が大きく上昇することはありません。
65歳の一般平均は35万円ですが、歯科で検診を受けているグループは平均20万以下であり、15万円もの差がついています。 引用元:予防治療で生涯医療費を安く!歯のメンテナンスの節約効果 – 福島 佐久間デンタルクリニック

歯の健康を守ることは、体の健康を守ることにもつながります。このため、歯医者で定期健診を受けた方が病気にもなりにくくなるため、医療費が安くなるのです。

■歯医者さんを選ぶポイント

定期健診を受けるにはどんな歯医者さんがいいものでしょうか。

予防歯科によっては、歯石を取るだけのところもありますし、きちんと検査を行って虫歯予防に積極的に取り組んでいるところがあります。 引用元:正しい予防歯科の選び方と治療について│虫歯予防歯磨き粉ランキング@最新のおすすめはどれ?

治療と異なり、予防歯科のため、歯医者さんごとによって取り組み方に多少の違いがあります。歯の健康を考えて予防歯科の大切さを分かっている歯医者さんを選びましょう。

HPのトップページには、コンセプトが記載されています。その歯医者がどのような考え方を持って治療に取り組んでいるかがわかるのできちんと読むようにしましょう。詳しく記載されている予防歯科がおすすめできます。 引用元:正しい予防歯科の選び方と治療について│虫歯予防歯磨き粉ランキング@最新のおすすめはどれ?

予防担当の歯科衛生士がいるかどうかも、きちんと確認する必要があります。歯を削ったり、抜いたりできない歯科衛生士は予防歯科で歯を残していく考えを持っています。最近では、研究なども盛んにおこなわれているので、研修をきちんと行っている予防歯科を選ぶようにしましょう。新しい方法や考え方が常に生まれている状態です。 引用元:正しい予防歯科の選び方と治療について│虫歯予防歯磨き粉ランキング@最新のおすすめはどれ?

■吹田市のおすすめ歯医者さん

・まつもと歯科

まつもと歯科は開院25年、なんと吹田市の人口15%にもあたる44,500人以上の患者さんが来院しています。 引用元:歯科医が監修!吹田市の歯医者さんで受けられる治療なび

■定期的に歯医者に通い口腔環境を整えよう

将来自分の歯でご飯を食べるためにも、定期的に歯医者さんに通って口腔環境を整えておく必要があります。今から歯を大切にすることは、健康で若々しい将来につながるでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING