リンパマッサージの資格はライフスタイルに合わせて学ぼう!

リンパマッサージの資格はライフスタイルに合わせて学ぼう!画像

身体の老廃物を排出するリンパマッサージについて、資格の種類や取得方法などをまとめました。

hiro3mi 67 views 2019年3月21日

リンパマッサージ資格の種類

リンパマッサージの資格には、医療従事者向けのものから美容系まで、様々な種類があります。
代表的なものをいくつかご紹介します。

●リンパケアセラピスト

リンパの流れを正常にし、心と身体を健康に保つリンパマッサージのプロフェッショナルに認定された人に与えられる資格です。教育普及事業を推進している一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定しています。
この資格を取得するためには、身体のしくみに関する基礎知識やアロマオイルの効能といった豊富な知識と、高いマッサージ技術が必要です。信頼性が高い資格で、美容関係だけでなく医療関係の仕事をしている方にも取得が推奨されています。

引用元:リンパマッサージの資格の種類や特徴をリサーチ!

●メディカルリンパドレナージュ

一般社団法人日本メディカルリンパセラピスト協会が主宰しているリンパマッサージスクール「SEASメディカルリンパアカデミー」が提供しているリンパマッサージの講座を受講すると授与されます。
日本メディカルリンパセラピスト協会は他のリンパ系の講座を行っています。例えば、「メディカルリンパドレナージュ」の資格と一緒に、「腸リンパデトックスセラピー」の資格も同時に取得することも可能なのです。

引用元:リンパマッサージの資格の種類や特徴をリサーチ!

●リンパリファインセラピスト

全身のリンパ・経絡の流れに沿った手技を主体とし、筋肉をほぐすことにより、筋肉のコリや、骨格の歪を改善する新しい施術法です。

リンパ液の循環が良くなる事によって、免疫力を高め老廃物の排泄するデトックス効果により美容効果(小顔・むくみの改善・セルライトの予防改善)・健康増進などに効果があります。
引用元:リンパリファインセラピーWEB講座|ウェブスタディズで資格を取得

このほか、医療系のものには「医療リンパドレナージュセラピスト」「リンパ浮腫療法士」「リンパ浮腫指導技能者」などがあります。
いずれも医師や正看護師、理学療法士などの資格からステップアップするための資格として適しています。

リンパマッサージって何?

「リンパを流す」などの言葉をよく聞きますが、具体的によく分からないという人も多いのでは?
健康や美容に良いとされるリンパマッサージとは、どのようなものでしょうか。

■リンパって何?

「リンパを流す」のリンパは、リンパ液のことを指します。リンパ液とは、血液の中にある血漿という成分でが静脈側で戻れなくなった分、血管から染み出て、全身に張り巡らされ、血管をとりまいているリンパ管に吸収されたものです。もともとは血液成分の一部だったのですね。 引用元:リンパマッサージの「リンパ」って何? | エンタメウィーク

リンパ管に吸収される際、体内にある老廃物も一緒にとりこみ、約800あるといわれるリンパ節(リンパ管が集中している部分)でろ過していきます。ここでいう老廃物とは、がん細胞や細菌など、体に害を及ぼすものも含まれるため、リンパの流れは人体を守るためにたいへん役に立っているのです。
また、リンパ液の中にはリンパ球という白血球も存在し、体内に侵入してくる病原体に対する抗体を作ってくれます。心強いですね。
引用元:リンパマッサージの「リンパ」って何? | エンタメウィーク

■リンパが滞るとどうなる?

正常に機能していれば老廃物がきちんと静脈に流れ込み排泄されるのですが、リンパがつまると体内に老廃物が蓄積され、上手く排泄されません。
排泄機能が低下すると、体内に余分な老廃物が多く残り、むくみや体の冷えを引き起こします。
引用元:リンパのつまりが体にもたらす影響とケア方法|エステサロンさくら

また、リンパ液の中のリンパ球には体内に侵入したウイルスを攻撃し、免疫力を向上させる働きがあるのですが、リンパのつまりにより老廃物が蓄積するとこのリンパ球の働きが弱まってしまいます。
この働きが弱まると免疫機能が低下してしまい、風邪やウイルス感染を引き起こしやすくなります。
また、免疫機能が低下すると肌荒れ、太りやすくなる、体温の低下などを招いてしまいます。
引用元:リンパのつまりが体にもたらす影響とケア方法|エステサロンさくら

■リンパマッサージとは

リンパマッサージとは、体全体に流れているリンパ液をマッサージでスムーズにすることです。リンパ液には体内を循環して老廃物を体の外に出す働きがあります。リンパ液の流れが悪くなると、肩こりやむくみといった免疫力が低下してしまいます。 引用元:リンパマッサージの資格が取れるおすすめスクールを厳選

リンパマッサージの資格取得にはどれくらいの期間が必要?

リンパマッサージの資格取得にどれくらいの期間が必要かは、種類によってさまざまです。
医療系以外の資格は国家資格は必要ないので、通信または通学で知識や技術を学び民間の試験を受けて資格を取得する、という流れになります。

スクールによっても、コース選択によっても期間には違いがありますが、通信制の場合、標準学習時間は短いスクールで2ヶ月、長いところでは1年というスクールもあるようですが、平均的な学習時間は3-4ヶ月程度でカリキュラムを消化することを標準にしているスクールが多いようです。 引用元:リンパマッサージの資格習得までにスクールに通う期間は? | リンパマッサージ資格取得におすすめのスクールガイド

これに対して通学制のスクールの場合では、3ヶ月から半年程度必要な場合もあり、スキルアップのためにほかのコースも履修すればさらに時間がかかることになるようです。 引用元:リンパマッサージの資格習得までにスクールに通う期間は? | リンパマッサージ資格取得におすすめのスクールガイド

取得したい資格によって、かかる期間は様々なようです。
どんな資格を取得したいのか、どれくらい知識を深めたいのかによってコースやカリキュラムを選びたいですね。

通信講座とスクール、ライフスタイルに合わせて選ぼう!

リンパマッサージの資格取得には、通信講座と通学どちらかを選ぶことができます。
それぞれメリットやデメリットがあるので、理解したうえで適したほうを選びましょう。

通学のメリット
•プロの講師陣の指導を直接受けられる
•仲間と一緒に学べるのでモチベーションを維持できる
•生徒同士で実際に施術し合いながら技のコツを学べる
•業界の最新の情報や事情などを知ることができる
•人脈が作りやすい
通学のデメリット
•決められた時間に決められた期間や回数通わなければならない
•仕事や家事、育児などとの調整が難しい
•受講料が通信講座より高い

引用元:通学と通信講座比較編【リンパマッサージスクール選びのポイント】

通信講座のメリット
•自宅や好きな場所で学べる
•マイペースで勉強できる
•勉強の時間や回数の制約がない
•受講料が安い
通信講座のデメリット
•自分で学習のスケジュールやプランを立てなければいけない
•モチベーションの維持が難しいので途中でやめる人も少なくない
•映像だけを見て自分で練習をするので正しいのかの確認ができない。
•実際に触れたりして練習できない
•わからないことがあっても相談できないのですぐに疑問が解決できない

引用元:通学と通信講座比較編【リンパマッサージスクール選びのポイント】

まとめ

リンパマッサージの資格には様々な種類があり、また資格取得のための勉強も通信と通学で選ぶことができます。
自分に適した種類や学び方を選んで、資格取得できるようにがんばりましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING