静岡のデンタルクリニックの特徴は?インプラント治療の痛み対策について

静岡のデンタルクリニックの特徴は?インプラント治療の痛み対策について画像

静岡県のデンタルクリニックで行われているインプラント治療の特徴についてまとめました。

autumn0920 24 views 2019年4月1日

インプラントの基礎知識

インプラントという名前の治療を聞くことが増えてきましたが、そもそもインプラントとはどのような治療法なのでしょうか?

■そもそもインプラントってどのような治療?

インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。歯科では、歯を失ったあごの骨(顎骨)に体になじみやすい材料(生体材料)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根(正式には口腔インプラントあるいは歯科インプラント)、単にインプラントといいます。 引用元:インプラント - 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020

■インプラント治療をするメリット

インプラント治療を行う上でのメリットについてまとめました。

インプラント治療は独立した歯を植立するため、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。 引用元:インプラントとは | 治療の流れ・期間/ブリッジ・入れ歯との比較 – ライオン歯科(銀座・海老名・町田)

インプラントを埋入して歯を補うだけでなく、併せて骨や歯肉を再生することで、より天然歯のような見た目に近付けることもあります。 引用元:インプラントの手術方法と入れ歯とブリッジの違い|埼玉県の波多野歯科

歯がない部位がある方、歯が抜けてしまった方、抜歯が必要な方、全く歯がない方まで、全ての方がインプラント治療の適応となります。 引用元:インプラントとは? _ インプラント _ 東京都渋谷区【OPC】審美治療・インプラントetc.

メリットを見るとかなりよさそうな治療と感じますね。

■インプラント治療のデメリット

続いてインプラント治療のデメリットについてみてみましょう。

正しく処置されたインプラントの寿命は40年以上とも言われており、ほぼ一生もちます。しかし、実際には適切に処置されているインプラントは『ほとんど無い』というのが実情です。 引用元:破滅的トラブルは5年後に襲ってくる!「インプラント手術」にご用心(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

インプラントは保険適応外なので、平均でも1本30~40万ほどします。 引用元:インプラントの深刻な6つのデメリットと危険を回避するための対処法

インプラント治療には、全身状態がよくないとうまくいかない、治療期間が長め、治療費が高額 引用元:インプラントのメリット・デメリット | 公益社団法人日本口腔インプラント学会

インプラントは治療費が高いことや、まだ新しい技術ということもあり、治療技術が未熟な歯科医師も少なくないため、適切な治療が行えていない可能性もあるようです。

静岡のデンタルクリニックはインプラント治療時の痛み対策を行っている

インプラントは骨にねじを埋めこむため、痛みを感じる方も多く治療を続けることができないと思う方もいるようです。

ですが、静岡県のデンタルクリニックには、痛み対策をしっかりと行っているクリニックもあるようです。

■八田歯科医院

30年に及ぶインプラント治療の臨床経験から、痛みに配慮した治療を提供。 引用元:静岡のインプラント歯科クリニックおすすめリスト

■静岡歯科

■わたなべ歯科クリニック

インプラント治療は、局部麻酔で行います。要する時間も1~2時間程度で思っているより手軽ではないでしょうか 引用元:静岡市の歯医者でインプラント5選!先生の専門分野がわかる情報まとめ

インプラント治療ができないケース

インプラントは誰でもできる治療ではないようです。どのような人がインプラント治療を受けることができないのでしょうか。

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。 引用元:インプラントができない人はいますか?-新小岩の歯医者なら「きみじま歯科医院」

インプラント治療はすべての方に可能とは限りませんので、細心の診査を行います。以下の人は治療ができません。

・あごの骨の成長が終わっていない年齢の方
・歯みがきなどの日常の清掃が十分にできない方
・チタンアレルギーの方
・アルコール依存症の方
・あ歯科医師と意思の疎通が取れない方  etc 引用元:インプラント | あすと長町歯科

持病のある方や骨の状態が悪い方はイメージが付きましたが、医師との意思の疎通が取れない方や、日常の手入れが十分にできない方もインプラントはできないそうです。どうして自分自身がインプラントが必要になったのかが理解できないと、インプラント治療を行うことは難しいようです。

インプラント治療は誰でもできるわけではないので注意!

インプラント治療は誰もができる歯科治療ではないことが分かってきました。一度治療を行った後も、定期的なメンテナンスも必要となるようです。

歯を失った理由を改めて考え、本当にインプラント治療を行った後、再びトラブルを起こさないで済むようにできるかを考えたいですね。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING