切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引の違いについて

切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引の違いについて画像

脂肪吸引にはいくつか種類があり、体型や取り除きたい脂肪の多さなどによって施術方法を選ぶことができます。そんな脂肪吸引について、基礎知識やそれぞれの違いなどをまとめました。

hiro3mi 435 views 2019年4月3日

切る脂肪吸引について

切る脂肪吸引というのは、一般的にイメージされる脂肪吸引のことです。
具体的にどのような施術を指すのか、紹介します。

脂肪吸引とは、カニューレという吸引管によって直接脂肪を摂取する痩身法です。脂肪吸引では皮膚に穴をあけて直接脂肪を摘出するため、痩せたい部分を確実に細くすることができます。
また、脂肪吸引では、脂肪を取り込んで大きくなる脂肪細胞そのものを吸引して少なくすることができるため、細くなるだけでなく、リバウンドしにくい身体になります。 引用元:脂肪吸引とは

いわゆるダイエット(痩身)とは、脂肪細胞全体の"量"を減らすことを意味します。一般的に思春期を過ぎてしまうと、脂肪細胞の"数"が増えることはありません。思春期以降に太るということは、脂肪細胞の"数"は変わらずに、脂肪細胞一つ一つの"大きさ"が変わるということです。脂肪吸引とはこの脂肪細胞自体を物質的に取り除くことによって、脂肪細胞の"数"自体を減らしてしまう医療痩身なので、リバウンドもありません。 引用元:脂肪吸引・マイクロ脂肪吸引|医療痩身・メディカルダイエット|ティアラクリニックの脂肪吸引なら素早くいらない脂肪を部分痩せ

■施術の流れ


医師による術前カウンセリングを重視しています。実際にお会いして診察をし、お一人おひとりに最適な施術のご提案をいたします。


カウンセリングの際に担当医師が重視するのがボディーデザインです。施術前の仕上がりを決定するとても重要なものです。患者様の「こうなりたい」という希望を細かくヒアリングします。患者様のイメージをうまく導くこと、これがドクターの腕の見せ所です。
引用元:脂肪吸引 施術の流れ|品川美容外科【全国版】

ボディーデザイン後は、問診や血液検査をして施術前の準備をします。

③麻酔
オペ室では、体調の確認・既往歴など看護師による病歴の確認後、担当医師が施術前の最終カウンセリングを行い、ボディーデザインの仕上がりイメージを考え、マーキングをしていきます。
次に点滴・採血を行い、採血結果に問題なければ患者様が痛みを感じず施術を受けられるように、麻酔を行います。施術時に採用している麻酔方法は、硬膜外麻酔と静脈麻酔を併用した方法です。麻酔が効いて、眠りにおちたら、施術開始です。
引用元:脂肪吸引 施術の流れ|品川美容外科【全国版】

④施術
体に小さな穴をあけ、そこからカニューレを挿入し、脂肪を吸い出します。当院では、徹底した安全管理の下、よりきめ細かなご要望にも対応しうる綿密なデザインをして、脂肪吸引を行っております。 また、術中使用する、散布剤や麻酔にも気を使い、術後の腫れや痛みを軽減するような、各種の工夫をしております。

引用元:脂肪吸引 | 恵比寿ウエストヒルズクリニック 皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科

⑤施術後
術後しばらくは圧迫固定が必要です。1週間くらいは、腫れのために太く見えてしまうことがほとんどです。その後は術後1ヵ月くらいで、痩身効果が現われ3~6ヵ月かけてさらに引き締まっていきます。
引用元:脂肪吸引 | 恵比寿ウエストヒルズクリニック 皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科

切らない脂肪吸引について

メスを使わない脂肪吸引として、近年人気の施術方法。
身体に傷がつかずダウンタイムも短いということで切る脂肪吸引の前にこちらを試すという人もいるようです。

「切らない脂肪吸引」とは、体にメスを入れないで行う脂肪吸引施術です。大掛かりな切開手術を必要としませんので、体への負担が少ないことが大きな特徴となっています。また、手術中や術後に痛みや腫れが出たりすることが少なく、ダウンタイムも短くて済むことから、今女性の間でとても注目されている脂肪吸引術です。 引用元:「切らない脂肪吸引」VS「切る脂肪吸引」、どっちが痩せるの?|脂肪吸引徹底調査

脂肪細胞を減少させるという点で従来の脂肪吸引と同じ痩身効果を感じていただくことができるだけでなく、メスを使用しないため身体に傷が残ることもありませんし、脂肪細胞周辺の血管や組織を傷つけることもありません。また、術後のダウンタイムもほとんどないため、術後すぐから変わらない日常生活を送っていただけます。 引用元:ダイエット(切らない脂肪吸引)とは?|セオリークリニック

■施術の流れ

①カウンセリング
まずは治療経験が豊かな医師が、カウンセリングを行ってお客様の身体の状態をチェックいたします。カウンセリングでは、気になる部位や仕上がりのご希望などをお聞きします。
②しるし、測定
施術をする場所に右の写真のような印をつけます。約3cm×3cmが1エリアの広さになります。施術部位のサイズを、それぞれ測定します
引用元:リポセル|施術内容|切らない脂肪吸引でわがまま美ボディメイク|銀座セオリークリニック

③治療
実際にマス目を照射部分に描いてから正確に照射していきます。1エリアあたり3パスの照射を行い、脂肪層に200J以上の熱量を加えて行きます。

④術後検診
治療後、医師が再診察いたします。ここで術後のケアなどについての説明のほか、ご不安な点やご質問にもお答えしますので、気になる点は何なりとご相談ください。
引用元:リポセル|施術内容|切らない脂肪吸引でわがまま美ボディメイク|銀座セオリークリニック

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違い

それぞれのメリットや違いを確認して、自分がどちらの施術が合うのかチェックしてください。

切る脂肪吸引法の代表的なものが、ベイザーリポ脂肪吸引法やウォタージェット脂肪吸引法です。双方とも最新のメスを使用する脂肪吸引法です。そしてメスを使用しない脂肪吸引法が、メソセラピー(脂肪溶解注射)とボトックス注射です。メスを使用しないことから、プチ脂肪吸引法とも呼ばれています。 引用元:切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違い | 「太もも脂肪吸引」格上クリニック案内

■身体への負担が違う

切らない脂肪吸引の場合、体の外側から脂肪にアプローチしていくため、切開を伴う手術の必要がなく体への負担は少ないという特徴があります。治療後すぐに日常生活に戻ることが可能なので、切る脂肪吸引に比べて気軽に治療を受けることができます。 引用元:切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引の違いまとめ

■除去できる脂肪の量が違う

除去することができる脂肪の量は、切る脂肪吸引の方が断然多いです。気軽さに乗って切らない脂肪吸引を選択した結果、あまり効果が得られずにがっかりしたという人も多いそうです。 引用元:切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引の違いまとめ

■切る脂肪のメリット・デメリット

切る脂肪吸引の最大のメリットは何といっても短期間に美しいボディラインが手に入る事です。
切る脂肪吸引は従来のダイエットと違い、即効性が高いです。
そして切る脂肪吸引は身体から脂肪細胞自体を吸引して取り除くのでリバウンドの心配も少ないとされています。

引用元:お尻、太もものセルライトに効く「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」とは? - 【ケアクル】

医療技術の進歩で狭い術野でも手術が出来るようになっていますので、傷跡はかなり小さく済むようになっていますが、メスで皮膚を切開して手術する事には変わりありませんので、どうしても痛みや腫れ等、身体へのダメージはあります。

引用元:お尻、太もものセルライトに効く「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」とは? - 【ケアクル】

■切らない脂肪吸引のメリットデメリット

脂肪溶解剤を体の中に注射をすることで入れていきます。そのために、体を切り開くなどの必要がなく注射針1本分の傷だけしかありません。
従来の脂肪吸引であれば、小さいながらも傷跡は残っていました。
メソセラピーならば傷跡が残ることなく施術を完了させることができます。傷跡が残らないというのもメリットのひとつとして数えることができます。
引用元:メソセラピーのメリット・デメリット | 切らずに痩せられる!?メソセラピー注射

脂肪吸引の治療と違ってメソセラピーは1回で終わらないことです。一般的に数回治療を続けることが必要になります。5回程度が平均的な施術回数となります。1回で大きな変化を生むということは、難しいでしょう。メソセラピーの安全性を確保するためには、血液検査で中性脂肪やコレステロールの値が劇的に変化してはいけないのです。そのために数回にわけで施術を行うようになります。 引用元:メソセラピーのメリット・デメリット | 切らずに痩せられる!?メソセラピー注射

自分にどちらが合っているかをしっかり選ぼう!

自分がなりたいスタイルや体形、施術にかかる料金などしっかりチェックして自分に合った脂肪吸引を選びましょう。
切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引、それぞれ得意なクリニックがあるので、信頼できる病院やドクターを見つけることも大切です。
納得のいく施術を受けて、理想のスタイルを目指しましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING