インプラントの名医を探すならどんなポイントに気をつけるべき?

インプラントの名医を探すならどんなポイントに気をつけるべき?画像

インプラントにはメリットとデメリットが多くあります。その違いを理解した上で、インプラントに精通した名医と出会うことが重要です。ここではインプラントのメリットとデメリット、そして名医を見つける時のポイントを紹介していきます。

yasu79co 21 views 2019年4月16日

インプラント治療のメリット

インプラントは無くなった歯の部分に人工の歯根を埋め込む方法です。入れ歯と混同してしまいがちですよね。ここではインプラントのメリットに絞って紹介していきましょう。

インプラント治療の最大のメリットは,顎の骨としっかり結合したインプラントの上に人工歯をつけることです.残りの歯や歯肉で人工歯を支えるのではなく,その下の骨から支えるので安定感に優れています. 引用元:インプラント治療のメリット・デメリット│東京の銀座でインプラント治療を行なう銀座UCデンタルインプラ

基本的にインプラントの場合失われた歯を補うために隣の歯を削ったり、過剰な負担をかける事はありません。その他の治療法とは逆に残った歯を守る事が可能だと言われています。 引用元:インプラントのメリット・デメリット _ 入れ歯やインプラントの歯医者は浜松市南区の鈴木歯科医院

顎の骨に歯を埋め込むような形になるので、安定性に優れていることがインプラントの大きな特徴です。またいきている歯を傷付けないことも歯の治療では重視したいポイントですよね。

・強く噛める
・左右でバランスよく噛める
・食べ物の食感が楽しめて,おいしく味わえる
・取り外す煩わしさがない
・隣の歯を削らずにすむ
・自分の歯に負担がかからず,歯が長持ちする
・発音がはっきりするので会話を楽しめる
・人工歯自体は虫歯にならない
・自然で美しい口元に仕上がる
・笑顔に自信が持てる 引用元:インプラント治療のメリット・デメリット│東京の銀座でインプラント治療を行なう銀座UCデンタルインプラ

箇条書きで見てみると上のようなメリットもあります。入れ歯では味わうことができないためインプラントは人気でもあるのです。

インプラントの名医を探すなら

インプラントに興味のある人は歯医者の選び方も重要です。メリットの次には歯医者の選び方などを確認していきましょう。
まずは歯医者を選ぶ時のポイントです。

インプラント手術は、通常の歯科医療とは違った外科手術です、そのため、口腔外科医としての経験を持った歯科医が担当するのが理想です。神経や血管に対する扱いというのは、外科医の経験がなければ判らないことがたくさんあります。 引用元:インプラント歯科の選び方 _ インプラント治療は秋田県秋田市茨島のあいば歯科

インプラント治療の技術はもちろんですが、残った歯を長く持たせるための治療に精通していることも名医としての大事な条件の1つ。 引用元:インプラント治療以外で歯医者に求められる専門分野とは!

どのような経歴を持っており、インプラント治療の実績はどれぐらい積んでいるのかというポイントは、かなり重要です!技術力・診断力に直接結びついている部分と言えるでしょう。 引用元:インプラントに定評のある横浜の歯科医院を徹底リサーチ!

通う歯医者や担当してもらう歯医者は、実績を多く積んでいることや技術がしっかりしているかを確かめることが重要です。

設備の充実度を確認する方法はクリニックの公式ホームページをチェックすること。最新設備が充実しており設備面に自信のある歯医者のほとんどは、ホームページで開示しています。 引用元:マイクロスコープが肝!歯医者の設備をチェック

ホームページを開示していない歯医者というのは少ないでしょう。そしてホームページから、歯医者の設備は確認することが重要です。もしホームページに設備が詳しく書いていなければ、新しい設備がないとも言えます。

この章の最後は、注意しておきたい歯医者の特徴です。以下のような歯医者には注意しましょう。

抜かなくてもいい歯をばんばん抜くことでたくさんのインプラントを行う歯医者もいるようです。そういった治療を行えば、効率的にお金を稼ぐことができるのです。 引用元:悪い歯医者の見分け方、教えます【後編】 (2_4) _ プレジデントオンライン

悪い医者というのはお金儲けを第一に考えています。そのため抜歯をバンバン行う医者には注意したいものです。

インプラント治療はちょっとした虫歯の治療やメンテナンスとは違って、少なからずリスクを伴う外科手術が必要な治療です。
にもかかわらず、検査やカウンセリングもそこそこに抜歯・インプラントを推してくるような歯科医師は少し雑な対応だと言えるでしょう。患者さんが抱えるリスクやデメリットをあまり考えず、自分の実績やクリニックの利益を重視している可能性があります。 引用元:こんな歯科医は要注意!悪い歯医者の特徴とは

歯医者からすればインプラントは儲かります。そのため抜歯を勧めてインプラントを早く行おうとする歯医者は、利益を考えている可能性があります。逆にインプラントではなく、生きている歯を残そうとする歯医者は、利益よりも歯を長持ちさせることを考えていると言えるでしょう。

インプラント治療のデメリット

ここではインプラントのデメリットを見ていきましょう。メリットよりもデメリットもしっかりと確認しておくことが重要なポイントでもあります。

インプラントは保険適応外なので、平均でも1本30~40万ほどします。
中には1本7万円ほどで行う歯科医院もあるみたいですが、そこまで極端に安いのは中国製のチタンを購入している場合が多いので安いからと言って選ぶのはオススメしません。

引用元:インプラントの深刻な6つのデメリットと危険を回避するための対処法

手術が必要になる
インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要となります。麻酔により痛みなく治療を受けていただけますが、ブリッジや入れ歯に比べると、やはり体の負担は大きくなります。そのため、重度の全身疾患をお持ちの方は、治療をお断りする場合があります。

引用元:インプラントのメリット・デメリット

治療期間がブリッジ等に比べ長い
インプラント治療にかかる期間は、お口の中の状態や治療部位によって異なりますが、通常4~6ヶ月かかります。埋入したインプラントが骨と強く結合するまでに期間を要するため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間が長くなります。 引用元:インプラントのメリット・デメリット

デメリットの代表的な3つは上のようなものになります。保険が効かない上、治療の期間が長いためお金がかかることを覚えておきましょう。

デメリットを箇条書きにしたものが以下になります。インプラントはリスクがあるため簡単に始められないことを覚えておきましょう。

・外科的治療が必要になる
・治療経験、技術のある医師による治療が必要
・保険外診療なので値段が高くなる
・治療が適応とならないケースもある
・十分なメンテナンスを行わなければ、失敗やトラブルを招く可能性がある 引用元:オールオン4と総入れ歯の比較やメリット_デメリット|埼玉県の波多野歯科医院

インプラントにはメリットとデメリットがあることを覚えておこう!

インプラントのメリットとデメリットをメインに紹介してきました。インプラントは簡単には始められず、リスクが大きい治療でもあります。そのためしっかりとメリットデメリットを比較して考えるようにしましょう。そして信頼できる歯医者とよく話し合いすることが重要です。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING