ベイザーの注意点や施術可能部位について

ベイザーの注意点や施術可能部位について画像

出典元:www.pakutaso.com

ベイザーの疑問点、メリット、デメリットにつていてまとめています。

由衣 134 views 2019年4月11日

出典元:www.pakutaso.com

簡単に痩せたい、部分痩せしたいという方にはベイザーがおすすめです。
コンプレックスをなくしてオシャレしたいですよね。
今回はベイザーについてまとめているので、是非参考にしてみてください♪

ベイザーってなに?

出典元:www.pakutaso.com

ベイザー脂肪吸引(ベイザーしぼうきゅういん)とは、皮下脂肪を特殊な吸引管で取り除く脂肪吸引の手術のひとつを指す。
皮下脂肪に悩んでいる人、部分的に脂肪を取りたい人、ダイエットとリバウンドを繰り返している人に用いられる。 引用元:ベイザー脂肪吸引 - Wikipedia

ベイザー脂肪吸引(VASER Lipo)は、振動エネルギーのVASER波により、周囲の組織にダメージを与えずに、脂肪組織だけを遊離させることができる、第3世代超音波脂肪吸引システムです。 引用元:ベイザー脂肪吸引|ベイザーリポの仕組みを解説。共立美容外科

そして、遊離した脂肪細胞を刃のないカニューレ(吸引棒)で優しく吸引します。そのため、従来の脂肪吸引に比べて、術後の内出血や腫れ、痛みを大幅に抑えることができ、ダウンタイムも短く、翌日から日常生活程度の動きやデスクワークが可能です。 引用元:ベイザー脂肪吸引|ベイザーリポの仕組みを解説。共立美容外科

従来の脂肪吸引と最新ベイザーリポ脂肪吸引について 全編

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=1uW9t2EP208

ベイザー脂肪吸引の施術方法は、一般的な脂肪吸引とほとんど同じです。ただし、大きな違いはカニューレの先端からベイザー波が照射されることです。ベイザー波は超音波で、脂肪を溶かす効果があると言われています。この効果によって、よりスムーズに脂肪吸引を行うことができます。 引用元:ベイザー脂肪吸引は圧倒的な効果!? ダウンタイムが少ない痩身治療について - Peachy - ライ

ベイザー脂肪吸引のメリットとして、痛みが少なくダウンタイムが短いことが挙げられます。脂肪吸引の施術中は麻酔をしているため痛みを感じることはありませんが、施術後は痛みを感じることが少なくありません。痛みに加えて腫れや内出血などの症状も見られます。 引用元:ベイザー脂肪吸引は圧倒的な効果!? ダウンタイムが少ない痩身治療について - Peachy - ライ

ベイザー脂肪吸引について|Mods Clinic(モッズクリニック)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=GuG_czshSSA

ダウンタイムが少なく、仕事がお休みの日に気軽に受けられることができるのが魅力です。
短時間で施術が受けられるので身体への負担も少ないと言われています。

ベイザーの注意点

出典元:www.pakutaso.com

術後3日程は腫れやむくみがピークになりますが、1週間程度で回復します。
2週間が経過しても腫れやむくみが治らない場合は、担当の医師に相談しましょう。また、ベイザー脂肪吸引は一般的な脂肪吸引よりも内出血が少ないことも特徴です。
程度は人によって異なりますが、2週間程度で消えると言われています。 引用元:ベイザー脂肪吸引の口コミ比較ナビ

吸引部位をサポーター等を用いて圧迫固定します。回復するまでお休みいただきます。 引用元:ベイザー(VASER Lipo)脂肪吸引 | コスメディカルクリニックシンシア

手術後の2週間は大切な回復期間です。脂肪吸引後2週間はたんぱく質だけでなく水分も適切に補給することが大切です。脂肪吸引後に水分補給が必要な理由は下記の通りです。

手術後は体温が上昇します。体の水分が蒸発して水分不足になり、患部に炎症がおきる
→熱感が出るため冷却のために水分が必要になります。

組織の治癒を早めるため、回復期は体内で水分を使って回復するため水分が枯渇してしまいます
→水分が枯渇しているため退社を良くするために水分が必要です 引用元:脂肪吸引後のプロテインの摂取は必要?そのメリットとは? _ 脂肪吸引リファレンス

施術後は体調に気を配ることが重要です。
水分補給、栄養補給、述部には気を使って生活しましょう。

ベイザーのメリット

出典元:www.pakutaso.com

ベイザー脂肪吸引のメリットとして一番嬉しいのが、自分が望む細さできる可能性が高い点です。脂肪吸引をしても思うような細さにすることが難しく、納得していない人が多いのが事実です。脂肪吸引の方法によって吸引できる限界が違ってきますし、できる部位とできない部位が違ってきます 引用元:ベイザー脂肪吸引のメリットについて _ ベイザー脂肪吸引の方法とメリット

顔だけではなく、お腹や足など吸引しやすい部分でも大きな効果を発揮してくれます。脂肪を液状化させるのかさせないのかで吸引のしやすさが違ってきていて、液状化させない方法に比べてまんべんなく吸引できるのが液状化させる方法です。ベイザー脂肪吸引は液状化させて吸引しますので、他の方法に比べてきれいな脂肪吸引を可能とし多くの量脂肪を取り除くことも可能です。 引用元:ベイザー脂肪吸引のメリットについて _ ベイザー脂肪吸引の方法とメリット

ベイザーでは比較的にきれいに脂肪が落とせます。
自力で部分痩せをするには難しいですが、ベイザーで理想の体型が手に入ります。

ベイザーのデメリット

出典元:www.pakutaso.com

全身的なダイエットと違い、部分痩せに有効です。 場合によってはダイエット治療と組み合わせることが必要です。
脂肪吸引部分は術後にマッサージが必要であり、場合によっては凹凸修正手術が必要になります。
吸引というより彫刻に近く、きれいなラインを出すには高い技術を必要とします。 引用元:ベイザー脂肪吸引|神戸大学医学部附属病院 美容外科

吸引部位以外には脂肪細胞は残っていますので、カロリー過多の食事を続けると部分的な肥満といったバランスの悪い体型になってしまう事も考えられます。 引用元:吸引のデメリットは? – ベイザー脂肪吸引

出典元:www.pakutaso.com

気になる部分の脂肪をピンポイントに減らすことで見た目は変わりますが、基本的には体重計の数字は大きく変化しないというのが普通です。体重が変わるほどの大量の脂肪吸引には大きな危険が伴うためあまり推奨されないという事も、脂肪吸引によって体重に変化が起こらない事の理由の一つでしょう。 引用元:吸引のデメリットは? – ベイザー脂肪吸引

脂肪吸引全般が医者の技量による差が大きく、経験豊富でない医者による施術だとせっかく高いお金を出してベイザー脂肪吸引をしても上手に脂肪が取りきれない等の症状が出てしまいます。事前に信頼できる医師がどうかの下調べが重要です。 引用元:ベイザー脂肪吸引をする前に!メリットデメリットのチェック – 脂肪吸引のうちの1つである、ベイザー脂

ベイザーで施術可能な部位

出典元:www.pakutaso.com

二の腕 (両腕) BMC特典対象外377,770 円
胸全体 BMC特典対象外525,920 円
腰 BMC特典対象外396,290 円
お尻 (上部・下部) BMC特典対象外268,510 円
太もも
(両脚/内側・外側・前面・後面) BMC特典対象外377,770 円
ひざ全体 (両脚) BMC特典対象外201,850 円
ふくらはぎ (両脚) BMC特典対象外377,770 円
足首 (両脚) BMC特典対象外201,850 円 引用元:ベイザー脂肪吸引 | 脂肪吸引・痩身なら品川美容外科【全国版】

ちょい痩せを目指すならベイザー脂肪吸引がおすすめ

出典元:www.pakutaso.com

メリハリをつけ解剖学的に美しく見える美しいラインを重視
しています。ダイエットではなかなか難しい部分痩せ、ボディ
メイクはリバウンドなく1回で効果が目に見える脂肪吸引が
おすすめです。 引用元:高橋医師の徹底こだわり脂肪吸引|美容整形・美容外科の湘南美容クリニック《千葉センシティ院》

もう少し、太ももが細ければ・・・二の腕が気になる・・・
といった悩みを解決してくれるベイザー。
理想をかなえられるときっと毎日が楽しくなりますよ!
興味のある方はベイザー脂肪吸引を試してみてください♪

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING