ウルセラ式はどんな人におすすめ?期待される効果について見てみよう

ウルセラ式はどんな人におすすめ?期待される効果について見てみよう画像

医学業界は年々進化し続けています。この進化に合わせて新しいやり方や方式も登場するのです。そのたびに新規のワードも誕生するので追いかける側も大変でしょう。今回はそんな新たなワードのカテゴリーに入るウルセラ式について詳しく紹介します。

kagoshima 10 views 2019年4月17日

ウルセラ式の基礎知識

■ウルセラとは

ウルセラは、高密度焦点式超音波(HIFU ハイフ)を使った最新のタルミ治療器です。数あるたくさんのタルミ治療器の中では、唯一、最も深いSMAS筋膜を引き上げることができ、切らない「リアル」リフティング治療と言われています。
引用元:ウルセラ(ウルセラシステム)|北九州の美容外科・美容皮膚科、さくらビューティクリニック

ウルセラとは高密度焦点式超音波を使った最新鋭のタルミ治療です。知名度はまだ低いのですが、最新技術をこれでもかと言わんばかりに詰め込んでいるのでタルミが気になる方の希望となりつつあります。

■切らないリフトアップ

ウルセラシステムは、「切らないリフトアップ」として、唯一FDAの認可を取得しているタルミ治療器です。
ウルセラリフトは、米国の美容雑誌「NEW BEAUTY」において、美容治療部門で「年間最優秀美容治療」を獲得しました。 引用元:ウルセラ(ウルセラシステム)|北九州の美容外科・美容皮膚科、さくらビューティクリニック

特徴を一言で証言すると、切らないでリフトアップできるということでしょう。まさに、夢の機械となります。美しくなるためならば何でもするという方もいますが、その何でもの中に体を切るという選択肢が入る人ははっきり言ってなかなかいません。

ウルセラ式にはどんな効果が期待できる?

■引き上げ作用がある

熱をかけることで起こるタンパク変性と、熱損傷を回復させる経過で生じる引き上げ作用。これらは必ず現れる体の反応なので、施術に問題がなければ効果も必ず現れます。しかしながら、一定のリフトアップ作用が出たとしても、元のたるみの状態は人によりさまざまなので、人によってはウルセラの作用程度では見た目の改善が得られない場合もあります。 引用元:【医師監修】ウルセラ式|切らずに自然に、マイナス5歳のたるみ治療

とにかく引き上げ作用が強いとのことなので、効果が出やすいことでしょう。切らないで効果が確約されているのもすごいこと。これからも注目を集め続けるやり方の一つになると言われるのも頷けます。

■効果がかなり持続する

しかも、効果の持続時間も長いとのことなので、これからのタルミ治療はこの高密度焦点式超音波が中心になるとも言われています。医学の進歩はスゴイのでこのやり方をさらに発展させたものが近いうちに登場し、そちらが取って代わるかもしれません。

ウルセラ式はどんな人に効果が出やすい?

■とにかくたるみが気になる方

ウルセラリフトでは、手術でしかアプローチできなかったSMAS(筋膜)と呼ばれる深い層に、ピンポイントで点状の熱を与えます。
SMAS(筋膜)とは、皮膚よりも深い脂肪層と筋層の間にある薄い膜で、コラーゲンからできています。
老化などによるSMAS(筋膜)の衰えは、たるみの原因になります。 引用元:ウルセラ | 東京美容皮膚科クリニック

推奨しやすい人はとにかくタルミが目立って気になる方です。そのような人こそ効果が出やすくなっています。

■おすすめしたい人は多い

・メスを使わずにリフトアップしたい
・目元、頬のたるみを改善したい
・フェイスライン、首のたるみを改善したい
・ダウンタイムの無いたるみ治療が受けたい
・たるみ治療を受けたことを周囲に知られたくない
・最新のたるみ治療を受けたい 引用元:ウルセラシステム-しわ・たるみ改善|美容整形ならリッツ美容外科

おすすめしたい人は上記のように多いので、いくつか当てはまる人は候補に挙げてください。このようにチェックしやすく表示されると、自分がどれだけ当てはまっているかがわかります。

若々しさを保ちたい人はウルセラ式がおすすめ!

■メスが怖い方に特におすすめ

ウルセラのメリットは切ったり糸で皮膚を持ち上げたりせず、筋肉を覆うSMAS(筋膜)に作用してリフトアップできることです。肌と違い伸びにくいSMASを使うことで、たるみにくいリフトアップが可能。ただしショット数と出力パワーによって引き締め効果は異なるため、たるみを取りたい場所に応じてショット数をチェックしておきましょう。 引用元:ウルセラのたるみ治療効果を医師が解説|ウルセラ式

メスが怖く手術に対する恐怖心が抜けない人にとっても、ありがたい治療法となっています。

■狙った部位に効果あり

超音波ウルセラリフトでは、手術でしかアプローチできなかったSMAS(筋膜)と呼ばれる深い層に、ピンポイントで点状の熱を与えます。(顔全体で約7000個~)
SMAS(筋膜)とは、皮膚よりも深い脂肪層と筋層の間にある薄い膜で、コラーゲンからできています。 引用元:超音波ウルセラリフトとは | 藤井クリニック 大阪 梅田 美容外科 美容整形 美容皮膚科

ピンポイントに狙った部位に効果がありますので、今までのタルミ治療とは大きく異なった特徴を持っています。

■効果の実感までは時間がかかる

ウルセラの引き上げの力が生じるには、体の自己修復反応が出るまで待たなければならず、部位により異なりますが効果が最大に出るまで2ヶ月から3ヶ月と少し時間がかかってしまいます。 引用元:ウルセラのたるみ治療効果を医師が解説|ウルセラ式

ただし、持続時間は長いのですが効果が出るまでも長いのでこれがちょっとしたデメリットにもなっているようです。

まとめ

タルミが気になる方にとって最新の治療法が高密度焦点式超音波となります。ただし、この治療機械がまだ導入できていないところも多いので、導入されているかどうかのチェックは必要となるでしょう。人によっては長距離移動も考慮しないといけないので、まだまだ気軽に実行できる治療法ではないという意見もあります。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING