西荻窪にある皮膚科の中から最良のところを選ぶ方法

西荻窪にある皮膚科の中から最良のところを選ぶ方法画像

皮膚病というのは場所によっては露出するところなので、早く治したいと思ってしまいますよね。
そんな時におすすめの西荻窪にある評判の良い膚科医院をまとめました。

qplaea4awa25 151 views 2019年4月15日

皮膚科にかかるべき皮膚疾患

皮膚疾患といっても数多くあります。
誰もが名前をきいたことのある病気から、珍しい病気まで。
思い当たる症状があれば皮膚科にかかることをおすすめします。

■じんましん

体の一部、あるいは全体に、突然強いかゆみを伴う紅斑(こうはん)や盛り上がった膨疹(ぼうしん)がたくさんでき、数時間から1日程度で出没を繰り返します。
紅斑の大きさは数ミリ程度から手のひら大まであり、形も円形、地図状などさまざまです。
重症の場合は、気管支や腸の粘膜にまで症状が広がり、呼吸困難や下痢、腹痛を伴うこともあります。 引用元:じんましん│かゆみナビ

じんましんは多くの人がかかったことがあるのではないでしょうか?
中には急性じんましんと呼ばれる症状もあるので注意が必要です。

■水虫

原因は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が棲みついて起こる病気です。このカビは暖かくてジメジメしたとこや、不潔なとこが大好きです。活発に活動、増殖が始まる春頃から症状が現れ、夏場がいちばん酷くなります。症状は趾の間の皮膚が白くふやけて裂けたり、水疱が出来て皮がむける、足の裏がガサガサになりひび割れができるなどです。 引用元: 皮膚病あれこれ | 若松皮膚科医院

■アトピー性皮膚炎

アトピー体質という遺伝的要素が関係しており、慢性的にかゆみを伴う発疹を繰り返す皮膚の病気です。カサカサと乾燥した皮膚にも特徴があります。約80%の患者さんは5歳までに症状が現れ、顔や首、ヒジやヒザのくぼみに現れやすく、ひどくなると全身に広がることもあります。アトピー性皮膚炎で患者さんが最も苦しめられる症状は“かゆみ”です。 引用元: 皮膚病あれこれ | 若松皮膚科医院

■接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎は、皮膚科外来患者の4 - 30%を占めるポピュラーな皮膚疾患の一つです。
 接触皮膚炎の原因となる主たる製品は外用薬と化粧品が他をぬいて頻度の高いものとなっています。接触皮膚炎のなかでの刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の比率は、かつてはアレルギー性接触皮膚炎の方が多い傾向がみられていましたが、最近では、刺激性接触皮膚炎の方が多くなる傾向がみられます。 引用元:かぶれ Q6 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

どれも悪化すると危険な病気ばかりです。
たいしたことはないと放っておきがちですが、積極的に皮膚科にかかるようにしましょう。

自分と相性の良い皮膚科を選ぶコツ

医師といえど人間ですから、当然その治療方針に合う合わないがあります。
自分の皮膚疾患をよりよい形で直してくれる皮膚科と出会いたいものです。
ではどのようなところに気をつければ良いのでしょうか?

■知識と経験を重視する

皮膚科は知識と経験が全て。
病名や疑い病名、治療・経過や疾患の説明ができる。
診断がつかない時に薬を出さない。
皮疹をきちんと診る。
しっかり生検(皮膚をとって調べる)。
外用剤は①塗布する場所②塗る回数③使用期間の指示がある。
こんな先生なら大丈夫。 引用元:上手な医者へのかかり方(皮膚科編)|健診・かかり方(子どもの病気)の教えて!ドクター

■肌を見ない、触らない

ドクターは肌に触れたり、よく見たりせず「治りますよ~薬だしますね~」と安易な診察で終わりました。

とても肌が見える距離ではない場所から診察するんですよね。もう、行く事はありません・・。

お肌は一人一人違います。また、トラブルを引き起こす原因も様々です。画一的な流れで処理するなんて、安心はできません。 引用元:「皮膚科にいっても治らなかった」方へ。医師選びのポイントをお教えします。 | 冨永雅代の美肌メソッド

初診の段階でこの3点を確かめていただきたいです。

●きちんと親身になって話を聞いてくれるドクターでしょうか?
 一人一人、トラブルが出る原因も、とるべき方法も違うのです。

●お肌の経過を観察する為に、最初の状態を画像で撮影しますか?
 診察を一回きりの作業として流すのではなく、継続して治していこうという気持ちの表れです。

●「信頼できる!」このドクターに任せてみようと思えますか? 引用元:「皮膚科にいっても治らなかった」方へ。医師選びのポイントをお教えします。 | 冨永雅代の美肌メソッド

■専門資格を持っているかいないか

眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神科など特殊性の高い科については、診療科の表記だけでなく、「専門医資格」の有無のチェックを確実にしましょう。

開業医であれば、たいていの場合その医院のホームページに医師のプロフィールが明記されていますので、そこでどのような専門医資格を持っているのか、どういった病院で診療をしてきたのかをチェックできます。 引用元:プロが教える、後悔しない病院・医師選び〜あなたの町のお医者さん「開業医」の見分け方

西荻窪でおすすめの皮膚科医院

いざ探そうとしても、思った通りに探せないということもあります。
ここでは西荻窪エリアでおすすめの皮膚科医院をご紹介します。
近くに住んでいるという人は参考にしてみてください。

■ふるや皮フ科

日本皮膚科学会認定の「皮膚科専門医」の資格を持つ古屋院長先生が開業している皮膚科医院。
皮膚疾患の専門家として、薬の塗り方や治療計画を丁寧に分りやすく説明してくれたり、電話での質問などにも対応 引用元:西荻窪で評判の皮膚科医院一覧サイト

■奥田皮膚科

院長が一人の小規模個人クリニックですが、10年以上西荻窪の地で切り盛りしている地域密着型です。駅から近いため、何かの用事のついでに通院できる手軽さがあります。また、土曜日の午前も診療可能であるため、仕事で平日に行けないという人も通えます。 引用元:地域密着が売り!西荻窪の奥田皮膚科医院をピックアップ

「愛想の良いタイプではない」とのことですが、皮膚のトラブルに関して診断、処置、処方が的確だと好評です。患部を診て、その症状の病気の可能性を説明し、処方する薬の説明もしっかりと行います。魚の目、イボ、タコ、かぶれ、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルに対応しています。 引用元:地域密着が売り!西荻窪の奥田皮膚科医院をピックアップ

■やじま皮膚科

当院は西荻窪の南側、住宅街に入るあたりにあります、小さな皮膚科です。

敏感肌で皮膚トラブルを繰り返している方、突然トラブルに見舞われた方、前から悩んでたけどもう何とかしたい方、
いろいろかとは思いますが、何か解決のためにお手伝いできることがあれば、と思い努めております。 引用元:杉並区西荻窪の皮膚科です。アトピーやニキビの治療はやじま皮膚科

皮膚トラブルに備え日頃から皮膚科の情報を集めておこう

どんな病気もそうですが、多くのものには予兆があります。
特に肌は毎日目にする部分です。
皮膚トラブルに気づいてから慌てて探すのではなく、事前に頼れる皮膚科を調べておくと良いでしょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING