クマの原因や予防策は?クマ解消に効果が期待されている美容液について

クマの原因や予防策は?クマ解消に効果が期待されている美容液について画像

出典元:www.pakutaso.com

目の下にくっきりとできるクマは誰にとっても嬉しいものではありません。今回はクマの原因や予防策、クマ解消に効果が期待できる美容液についてまとめました。

saki_co0111 8 views 2019年4月15日

■クマの原因

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、クマの原因について見ていきましょう。

茶クマ

紫外線対策を怠ったり、クレンジングや洗顔をする際に目の周りを強くこすることで肌が刺激を受けメラニンが多く生成されてしまうために、メラニンを排出させる機能のターンオーバーが追いつけず、目の周りで色素沈着や角質肥厚を引き起こし、茶クマができてしまいます。 引用元:目の下にクマができる原因と解消方法 _HADAEMI

黒クマ

目の下のたるみによって黒い影ができ、色が変わって見える状態が黒クマです。黒クマはハリや弾力が低下し、たるみができることが原因と前述しましたが、加齢に伴い下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなり、たるみがでることで前に出てくる状態です。 引用元:目の下にクマができる原因と解消方法 _HADAEMI

青クマ

青クマは睡眠不足などによる目の周りの血行不良などが原因と前述しましたが、睡眠不足だけではなく、PCやスマホなどを長時間見る事による眼精疲労や冷え性なども原因です。 引用元:目の下にクマができる原因と解消方法 _HADAEMI

このように、クマの種類によって原因なども変わってくるので気をつけましょう。

■クマに効果が期待されている美容液

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、クマに効果が期待できる美容液について見ていきましょう。

DR.近藤 オリジナル 肌再生 美容液 リフトコレクションセラム

塗るボトックスといわれるしわ改善成分や「アルジルリン」「シンエイク」や、ターンオーバーを活性化させる「EGF(成長因子)」「水溶性プロテオグリカン」など、あらゆるクマにはたらく主役級の美容成分を最も効果がでやすいバランスで配合。 引用元:クマ対策美容液を比較!目元クリア度ガイド集

エピステーム アイコンセントレイトクリームa

エイジングケアの先端研究を応用。
効果を最大限に追求します。

内側と外側から呼びかける
内外美容を提案します。

エイジングの4大要因に着目。
美しさの根源からアプローチします。 引用元:エピステームについて エピステーム episteme ロート製薬株式会社

トータルリペアアイセラム

単なるスキンケアブランドとは異なる存在です。
製品においては、皮膚科学が進化するなかで
必要な場所へ必要なだけ最先端の成分を浸透させて
たっぷり届ける浸透テクノロジーとの相乗効果で
これまでにない肌のしあわせを実現しています。 引用元:私たちはビーグレンです。 スキンケア化粧品・サイエンスコスメのビーグレン

クマに効果が期待できる美容液は数多くあります。配合成分などを比較しながら自分にぴったりのものを選びましょう。

■クマを防ぐためにはどうするべき?

出典元:www.pakutaso.com

こちらでは、どうすればクマを予防できるのかについて見ていきましょう。

ブルーライトカット

パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトは、目を疲れさせるだけでなく、就寝前に浴びると睡眠の質も下げてしまいます。 引用元:目のクマの対処法|タイプ別の原因とセルフケアの方法 フミナーズ

足あげ睡眠

足を布団に乗せるなどし、足を頭より多少高い位置にして横になってください。日中、足の方に下がっていた水分が体の方に戻ってきます。しばらくその状態を続けた後、一度起きてトイレに行き、余分な水分を排出するとよいでしょう。 引用元:目のクマの対処法|タイプ別の原因とセルフケアの方法 フミナーズ

メイクをしっかり落とす

メイクを落とさずに寝てしまうと、疲労蓄積や新陳代謝の乱れなどで、肌の負担が蓄積してしまいます。特に皮膚が薄い目の周りは、負担の影響がクマとなって出やすくなるのです。また、きちんとメイクを落とさないと、かゆみが出てしまうだけなく、『顔ダニ』が棲みつく恐れもあります。かいてしまうと肌への摩擦になるため、色素沈着が起こりやすくなるでしょう。 引用元:目のクマの対処法|タイプ別の原因とセルフケアの方法 フミナーズ

クマの種類の数だけ予防方法もあります。自分がどんなクマに悩まされているかを把握したうえで、そのクマを予防する方法を試してみてください。

■クマは顔全体の雰囲気を暗くするのでしっかり解消しておこう

出典元:www.pakutaso.com

クマはその人が持つ雰囲気も暗くしてしまいます。そのため、日頃からしっかり予防対策をしておかないといけません。

まとめ

クマの予防対策は日常的に取り入れやすいものが多いです。スキンケアだけではなく目の筋肉を鍛えるエクササイズなども1日数分するだけでも効果が違うと言われているので積極的に取り入れましょう。

PICKUP おすすめ美容特集

コフリーおすすめキーワード KEYWORDS

よく使われるまとめキーワード KEYWORDS

まとめ人気ランキング DAILY RANKING